PMA

ブラウンGPは、フィクチョンです

F1グランプリ2009年開幕戦。

ロス・ブラウン氏率いるルーキーチーム:ブラウンGPから出走した2台のマシンがオーストラリアGPを席巻しました。

Rimg0060

2008年秋のリーマンショックに端を発する世界的大不況の中、ホンダがF1からの撤退を発表。

明けて2009年、開幕直前の3月9日になって、ロス・ブラウン氏が旧ホンダチームを引き継ぎ、プライベート体制での参戦がアナウンスされたばかり。

Bgp001_001

そんな、メインスポンサーさえ決まらない、テストカーのごとき純白のマシンがメーカー系チームを圧倒してしまいます!

Rimg0063_2

事実は小説よりも奇なり・・・言い古された格言ですが、スーパーカー小僧目線で申し上げると、F1漫画『赤いペガサス』、アニメ『グランプリの鷹』『ルーベンカイザー』もビックリの光景が現実のグランプリシーンで展開されたのでありました。

Bgp001_002

今回のミニカーは、今冬PMAから発売された1/43 BGP001(J.バトン:オーストラリア優勝車)でありますのだ!!

Rimg0057

開幕戦オーストラリアGPで、ブラウンGPの2台が予選最速タイムでフロントローを独占。

110

デビューチームのPP獲得は39年前のティレル・チーム以来の快挙で、フロントロー独占も39年前のマーチ以来の出来事。

112

決勝では、ポールからスタートしたジェンソン・バトンは一度もトップを譲らず、そのまま優勝。チームメイトのルーベンス・バリチェロが2位に入ります。

このミニカーでは、年俸を自主的に返上してまでチームに残留し、ストーブリーグ中のゴタゴタに艱難辛苦を味いながら迎えた開幕戦で見事ポール・トゥ・ウィンを飾り、感極まったJ.バトン選手のガッツポーズを再現しています。

Rimg0070

ルーキーチームのデビュー戦優勝は32年前のウォルター・ウルフ・レーシング以来となり、さらに決勝で1-2フィニッシュとなると55年前のメルセデスチーム以来の快挙。

ブラウンGP、とりわけバトン選手の快進撃は続き、開幕から7戦で6勝と無敵状態。

第7戦イギリスGP以降はレッドブルチームの激しい追い上げを受けますが、ポイントランキング1位の座を守り続け、自身初のワールドチャンピオンに輝きます。

Rimg0071

チームもコンストラクターズタイトルを獲得。これはルーキーチーム史上初の出来事でありました。

2009年シーズン終了後、バトンはマクラーレンへの移籍を決定。

さらにメルセデスがブラウンGPの買収を発表し、2010年シーズンはメルセデスGPとして参戦することになります。

こうして数多くの偉業を成し遂げた「ブラウンGP」としての活動は、1年限りで終止符を打つことになりました。

続きを読む "ブラウンGPは、フィクチョンです"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハロッズ・マクラーレン

マクラーレン・F1-GTR 9号車・・・でありますのだ!!

1995年のBPR選手権にエントリーしたマシンで、イギリスの老舗百貨店ハロッズのスポンサードを受け、マッハ・ワン・レーシングチームからの出走でありました。

アンディ・ウオレスらがドライブした勇姿を思い出す方も多いことでしょう。

ミニカーは、ミニチャンプス製(1/43スケール)となります。

Rimg0007 Rimg0001 Rimg0004 Rimg0015 Rimg0013 Rimg0005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミニチャン・jota

ということで、割と新製品(今月到着)の、ミニチャンプス1/43ランボルギーニ・イオタSVR(あれ?)1970・・・であります!!

ともあれ、これで、気分はすっかりニコラス・ケイジ(ネタ古!!)

Rimg0083 Rimg0089 Rimg0087

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マクラーレン東西対決

ミニチャンプス1/43マクラーレンF1-GTRの東西対決を振り返っておきます。

Rimg0027_5 Rimg0030 Rimg0031

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イースト・マクラーレン

前回記事の続きで、ミニチャンプス1/43のマクラーレンF1-GTR1/43 

ご承知のように、ミニカーをはじめとする玩具をはじめ、今日ではテレビ放送でもタバコ広告の表示は制限されています。

スーパーカーブームの頃は、幼児向けプラ玩具や、児童向け文房具にまでマルボロ、J.P.Sなどタバコメーカーのスポンサーロゴがそのまま使用されていた時代の事を思うと、昔日の感があります。

WEST」タバコのスポンサードを受けた今回のミニカーも「EAST」表示となっております。

ただし、記憶では「EAST」表示のBPR選手権か何かに出走した実車があって、それをモデル化したものなんですけど、その辺の詳しいことは関連書籍等を参照願います()

以上『ガメラ対大魔獣ジャイガー』ウエスター島→WEST、イースター島→EASTなダジャレオチでした(自滅)

Rimg0014 Rimg0017 Rimg0019 Rimg0021 Rimg0023

Rimg0025

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウエスト・マクラーレン

ミニチャンプス1/43から、マクラーレンF1-GTR1/43

1995年のル・マン24時間耐久レースに出場した49号車はウエストタバコのスポンサードを受けていました。グッドイヤーのタイヤを装着しています。

ドライバーはジョン・ニールセン、ヨッヘン・マスらがつとめ、予選では12位のグリッドを得ますが、決勝レースはアクシデントにより完走できませんでした。

今回は『ガメラ対大魔獣ジャイガー』ウエスター島便乗ネタなので、次の記事がオチとなります。

Rimg0001 Rimg0004 Rimg0006 Rimg0008 Rimg0011 Rimg0013

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ル・マンウィナー①

Rimg0079ニチャンプス1/43マクラーレンF1-GTR

(#001R)59号車・・・であります!!

国際開発レーシング:英国からのエントリーでヤニック・ダルマス(仏)、関谷正徳(日本)、シェーシェーレート(当時)がドライブ。上野クリニックがスポンサーとなり、タイヤはミシュラン。エンジンはもちろん、BMW M-Power!

予選を9位で通過したこのマシンこそ、1995年、雨のル・マン24時間耐久レースで総合優勝を果たしたマシンなのであります。

マクラーレンF1 GTRは当時のBPR選手権を席巻していました。

しかし、設計者:ゴードン・マーレイの弁を待つまでもなく、ギア・ボックスに不安を抱え、長丁場のル・マンでは苦戦が予想されていました。

ところが決勝では優勝候補のプロトタイプタ・カーが雨で次々に脱落し、下馬評を見事に覆します。

翌年からル・マンはレギュレーションが変更され、GTカー同士の激しい優勝争いが繰り広げられる嚆矢となりました。

Rimg0083 Rimg0085 Rimg0087 Rimg0090 Rimg0093 Rimg0097 Rimg0095

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウルフWR1

ミニチャンプス1/43からウルフWR120カナダGP優勝車(1977)であります。

1977年のウォルターウルフレーシングはジョディ・シェクター選手の1カー体制ながらデビュー戦のアルゼンチンGPでいきなり優勝!

さらに伝統のモナゴGPでもウィナーとなり、シーズン通算で3勝!!

シェクターはドライバーズランキング2位、チームもコンストラクラーズ4位となる驚異的な活躍を見せました。

ハーベイ・ポスルスウエイト博士の設計したマシンは、突出したアイデアは盛り込まれず、どちらかというと保守堅牢な印象がありますが、ホンダパワーが席巻した1987年にあっても着実な活躍をみせたフェラーリF187の改良を担当(デザイナーはグスタフ・ブルナー。1988年の639以降はジョン・バーナード)、後にティレル(アンヘラルド・ウイング)のデザイナーとして活躍されました。

永大グリップのWR1のカラーリングも懐かしいですね ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2008/04/f1_4de5.html

Rimg0249 Rimg0252 Rimg0253 Rimg0255 Rimg0255_2 Rimg0257 Rimg0259

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウイリアムズFW11B #6

ミニチャンプス1/43からウイリアムズFW11B6ネルソン・ピケ車。

1987年のワールドチャンピオンカー・・・であります!!

本年のスカパーのフジテレビ721F1 LEGENDSでは1987~1988年全32戦から16戦をチョイスして放送中。

Rimg0240 Rimg0241 Rimg0244 Rimg0245

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウイリアムズFW11B #5

ミニチャンプス1/43から、ウイリアムズFW11B#5ナイジェル・マンセル車。

Rimg0229 Rimg0232 Rimg0233 Rimg0236

ホンダ製1.5リットルV6ツインターボエンジンは950馬力以上の最高出力を誇り、改訂されたレギュレーション(ガソリン搭載量および過給圧制限)がターボ勢を苦しめる中、グランプリ史上最強ともいえる大活躍をみせ、1987年のシーズン全16戦中6勝、圧倒的な強さをみせたマシンであります。

同年のウイリアムズ・チームはワールドチャンピオン、コンストラクターズのダブルタイトルを獲得。

フジテレビで全戦中継が開始された年でもあり、圧倒的なホンダ・エンジンのパワー、中嶋悟選手のF1フルタイム参戦で大いに盛り上がり、空前のF1ブームが巻き起こります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)