LOOKSMART

カウンタックの狼②

今宵もランボルギーニ・カウンタックでまいりましょう。

Rimg0303

今回はルックスマートの1/43レジンモデルで、ランボルギーニコレクションのウルフ1号機となります。

Img263_2

続きを読む "カウンタックの狼②"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青い狼

今回のお題は「青い狼」です。

「青い狼」は、ヘリック共和国が精鋭パイロットを選抜して編成した特別部隊「セブントゥスリー」に配備されたゾイドにつけられたニック・ネームです。

Blue_wolf_neta_002

青く塗装されたこのスペシャル・ゾイドは、出力を通常タイプより20%アップされ最高速度は時速231㎞/hに達し、その機体色から「ブルー・コマンド・ウルフ」と呼ばれました・・・

あれ?

続きを読む "青い狼"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ターボなカウンタック

というワケで、ランボルギーニ・カウンタック・・・でありますのだ!!

Rimg0463_2

2009年のルックスマート1/43レジンモデル「ランボルギーニ・ヒストリー・シリーズ」からのエントリーとなります。

Rimg0481

商品名は「Lamborghini Countach 500 S Bi-TURBO」・・・よくわかりませんね(爆

Rimg0468

市販型LP500Sをツインターボ化したワンオフモデル・・・と思っていたら、モデルカーのボディ色が赤と白の2種類発売されていたので、この記述はアテになりませんのだ。

Rimg0473

実車の詳細は海外サイト等で読めるのでそちらを参照願います。

Rimg0470

続きを読む "ターボなカウンタック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タルガなカブリオレ

というワケで、ランボルギーニ・カウンタック・・・でいいのかな?

Rimg0340

LOOKSMART1/43レジンモデルの「ランボルギーニ・カウンタックLP500SSカブリオ」(長っ)となります・・・って。

Rimg0342

まあ、実車については海外の乱暴関係サイトで結構詳しく紹介されているので当ブログでは割愛してしまいます。

Rimg0345

ミニカーの方は、LS社「ランボルギーニ・ヒストリー」のカウンタック・シリーズにラインナップされている感じですw

Rimg0347

カブリオレなのか、それともタルガなのか?

Rimg0349

色々ご意見はありましょうが、ミニカーの方はタルガ表記となっております。

Rimg0352

某有名人によって特注された、とか、レプリカをベースに製作したとかこれまた色々ありますが、カウンタックのオープンモデルは意外と貴重なのでお許しいただければと存じます。

Rimg0354

そのうち、カウンタック・リムジンも発売されるのではないかと密かに期待しつつ、実車とミニカーの画像でも比較していただければと思うのでありますよ。

Rimg0360

参考

092

091

続きを読む "タルガなカブリオレ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青の1号!

というワケで、ランボルギーニ・カウンタック・・・でありますのだ!!

Rimg0637

今回のミニカーは、昨年ルックスマートさんから発売された1/43レジンモデル完成品で「ランボルギーニ カウンタック LP400(1978)」のブルーとなります。

Rimg0658

かなり濃いブルーなので一見NERO(黒)に見えなくもない、シブ~いカラーリングなのであります。

Rimg0645

日本に初めて輸入されたカウンタックLP400の車体色は、「黒」とする説と「濃紺」説があるみたいです。

当ブログでは面白半分(!)・・・ではなくて、当時の雑誌を読んだアヤフヤな記憶を頼りに「黒」として記述させていただくことが多いのであります。小学生の頃、カウンタックのイラストが表紙のモー○ーファンだったような記憶・・・。

Rimg0652

しか~し!近年発売される雑誌では輸入1号車を「濃紺」として紹介されることが多いようなので、付和雷同的(!)に今回のモデルカーをアップさせていただくものであります。

Rimg0655

ミニカー自体は、商品名に「1978」とあるように、1978年式のカウンタックをベースにモデルにしたのかもしれないので、いろんな意味で辻褄が合わなかったりしますが(汗)、気にしないでください。

続きを読む "青の1号!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フロントウイングに注目(爆

流石島レースで優勝したのは誰か?

その辺は、原作コミックをお読みいただくこととして割愛させていただきます。

m(_ _)m

Rimg0023今回発売されたルックスマートのミニカーと原作の相違点を比べることができるように画像データを並べたのが、今回の一連の記事の狙いなのであります。

(ホンマカイナ)

Rimg0021まあ、何かと色々アレなんでw、

さらなる決定版を求めて、これからもディノR・S(ヤタベアールエス)ミニカーが発売され続けること(!)に期待しております。

http://dodolog.cocolog-wbs.com/photos/circuit_wolf/rimg0019.html

続きを読む "フロントウイングに注目(爆"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『傷だらけの勝利』

Dino_rs003_3 LookSmart The Circuit Wolf Series No.4 Ferrari Dino RS Yatabe RS Yuya Fubuki

LOOK-SMARTのレジン完成品1/43『サーキットの狼』フェラーリディノレーシングスペシャル(谷田部R・S)から、LSCW004「流石島レースゴールシーン仕様」・・・であります!!

Rimg0006流石島レースファイナルラップ。

ライバル早瀬との激しいバトルでコースアウトし、ヘッドライトを失ったディノR・S。

優勝が絶望となるピットでの修復作業を終え、最後の激走をみせる風吹。

信じられないことに、その眼前に、先行していたはずの飛鳥ミノルのミウラが映る。

Rimg0001変調をきたしたミウラを巧みに操りながら、風吹の挑戦に屈しない飛鳥だったが、風吹の幻の多角形コーナリングがきまり、ミウラは飛鳥のドライビングにこたえきれない。

Rimg0015完全にオーバーヒートし、スローダウンに陥ったミウラを後に、さらに先を急ぐ風吹。

そして、いよいよ大詰めとなるホテル街セクションの直前で、足回りのトラブルが顕在化した宿敵早瀬のポルシェカレラRSRターボの姿を捉える。

Rimg0018風吹のディノR・Sがテール・トゥー・ノーズで早瀬の背後に迫り、最終コーナーへ飛び込む2台。

レースに決着!!栄光は誰に?

Rimg0009

続きを読む "『傷だらけの勝利』"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

箱根最速マシン(?)

LOOK-SMARTから発売されたばかりの1/43『サーキットの』フェラーリ・ディノ レーシングスペシャル・・・でありますのだ!!

Rimg0031以前当ブログでは、先行発売(っつ~か予定通り)された、№1:若松エンジニアリング仕様、№3:流石島レース仕様をご紹介させていただきました。

今回は、リリースされたばかりの、№2:箱根テスト仕様版となります。

(実のところ、「10月中旬に発売延期」とアナウンスされたので、てっきりもっと遅れるものとタカをくくっていたんです。そしたらキッチリ約束どおりに発売され、思いっきり意表をつかれましたw)

Rimg0034いうまでもなく、『サーキットの』に登場した風吹裕矢専用のオリジナル・マシンが1/43レジンモデルで発売されたもので、全部で4種のバリエーションがラインナップされました。

今回のミニカーは、箱根テスト仕様なので、仮ナンバーが装着され、レース本選のゼッケン・ナンバーもつけております。

Rimg0036ちなみに、原作コミックでは、流石島レース本戦以外に、この箱根テストと、富士スピードウエイでのシェイクダウンの模様が描かれましたが、今度ミニカー出す時は、レース前にテストした筈の「うず潮バンク」テスト仕様をオリジナルで追加して欲しいものでありますなw

Rimg0038 Rimg0040 Rimg0044

続きを読む "箱根最速マシン(?)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロー&ファットなウルフ3号

ルックスマート1/43のランボルギーニカウンタックウルフ3号車でありますのだ!!

Rimg0083_2レジンモデルのウルフ3号車は、当ブログには、アイドロン製品が登場済みですが、そちらは車体色がブラックで、今回のLSはダークブルーを基本色とする他、ドアミラーなど、細部の解釈が異なります。

(3号車の塗装は時期によって移り変わりがあるので、両社の製品は同じ3号車でも、若干ですが時代が異なるワケですな)

レジン製モデルカーでは、微細なバリエーション展開が行われますので、今後、両社からも複数のウルフ3号車が発売されることでありましょう。(MRコレクション既発)

ひとつのブランドで色々なカウンタックを集める場合には今回のルックスマートがお薦めですが、LSの極端なワイド・アンド・ローな表現に違和感を覚える向きには、LP400S専用ボディに特化したアイドロン製品がいいのかもしれませんね。

まあ、3号車のミニカーだけ買う方は少ないでしょうけど、当ブログ的にイチオシ(w)のトミー・ソニックマチック(車体色黒がウルフ3号車風でイイ感じ!)だけをあえて入手するって戦法(!)も、意外にいいかも。

やっぱり駄目かw

Rimg0093_2 Rimg0086_2 Rimg0090_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緑のカウンタック

というワケで、LOOK-SMART1/43レジンモデルのランボルギーニ・カウンタック 1st version・・・でありますのだ!!

Rimg0077緑のボディーにプロト窓をつけているカウンタックは3台目のプロト車であるとも、通常型LP400をレストアしたモデルであるとも、生産1号車とも、いろんな取り方ができると思いますw

スーパーカー小僧的には、プロトタイプの窓をつけたカウンタックといえば、スーパーカーカードとかで持っていた赤いカウンタックをミニカーにしてほしかったところであります。

Rimg0078とか適当な事言ってると、この辺は、日本の市場を意識して投入されているモデルカーらしいので、ホントにすぐ発売されてしまいそうであります。いくらLS版でも、連発は勘弁してほしいかなw

本家(?)MRコレクションもまた出しそうだしぃ~。

ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

リンクに深い意味はございません。

http://www.lamborghiniclub.ch/FactoryMuseum/index.html

http://www.countach.ch/History/LP400/index.html

Rimg0081 Rimg0082 Rimg0085 Rimg0086 Rimg0089 Rimg0090

| | コメント (0) | トラックバック (0)