セイカノート

とびだせ!マシーン飛竜

今宵は『とびだせ!マシーン飛竜』でまいりましょう。

A003

『~飛竜』は東京12チャンネル系でスーパーカーブームの渦中に放送されたアニメ番組。

Img7882

原作をタツノコプロ企画室が担当、東映エージェンシーとアニメフレンドが制作協力し、製作は東映とタツノコプロの連名で、1977年10月から放送開始されました。(OPテーマの作詞には八手三郎が名を連ねています

Img7892

東映動画+フジテレビが『マシンハヤブサ』『アローエンブレム・グランプリの鷹』を制作。

東映+テレビ朝日+大広で『激走!ルーベンカイザー』(製作協力:和光プロ)、『超スーパーカー・ガッタイガー』(当ブログには目下未登場w)(原作:千秋ひとし)は永和、日本経済広告社の製作で放送されておりました・・・・東映づくしですネ。

大本命『サーキットの狼』はやはり東映が実写映画化しましたが、テレビ番組としては結局手をつけずじまいでした。

Img8122

『サーキットの狼』を放送するとなると暴走族、街道レーサー、違法な公道レースなどを正面から扱わなければならないので、子供向けのテレビ番組としてはスキップされたのではないでしょうか?

Rimg01842

また、テレビマガジンで人気のあった漫画『マシン刑事999』(少し下れば『ラジコン探偵団』)などを原作にする方法もあったかと思いますけど、主役のポルシェ934ターボ以下、実車ばかりが登場する(当たり前)ので、キャラクター商品を売りたい玩具メーカーがスポンサーになるメリットがないですよね。

タミヤ模型には声かけなかったのかしら・・・。

童夢-零を主役にして、モリタニとかがスポンサードするってのも考えたんですけど、ラジコン売るためではテレビ番組のスポンサー費用はペイできないのかな?

Rimg01442

実在する自動車に子供が食いついたスーパーカーブームと、キャラクター・コンテンツは相容れないもので、スポンサー確保のために企画された”スーパーカーアニメ”に鉱脈はなかった、と言えるのかもしれませんね。

スーパーカーを映像化作品としては東映の短編映画『池澤さとし 世界のスーパーカー』が一番良かったかな(爆)

Rimg01472

まあ、そんなことは置いといて、子供の頃『マシーン飛竜』番組を見た時、まずカントリー調のOP曲にドン引きました(笑)。

ボンネットにデカデカと描かれたバッファローみたいなマークも、子供のカッチョエエ!センサーに、ググっと来るモノではありませんでした。

A005

↑ 色がついていないとマシーン飛竜のカッコ良さが際立ちます。

続きを読む "とびだせ!マシーン飛竜"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

グランプリの鷹ぬりえ②

Img3692

続きを読む "グランプリの鷹ぬりえ②"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グランプリの鷹ぬりえ①

Img3682

続きを読む "グランプリの鷹ぬりえ①"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カミナリトルク

というワケで、『とびだせ!マシーン飛竜』から、

A003

今回のアイテムは、セイカノートから発売されていたセイカフレッシュ50。

続きを読む "カミナリトルク"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハーロックのぬりえ

というワケで、セイカノート株式会社さんのセイカフレッシュ50から、『宇宙海賊キャプテンハーロック』・・・でありますのだ!!

Pan0089

↑ ハーロックと台羽の顔がまったく同じであるとか、細かい点はさておきまして、

Pan0091

前日のショウワノート『宇宙空母ブルーノア』と同じく、A5サイズのノートでありまして、表紙の裏側と1ページ目がぬりえになっております。

Pan0090

まゆちゃん、自由の旗の下で生きている雰囲気がプンプンで超クール。

続きを読む "ハーロックのぬりえ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

華やかに舞い上がれ

というワケで、今回は急遽『エースをねらえ!』となります。

セイカの『新・エースをねらえ!』ぬりえ・・・でありますのだ!!

Pan1303

B6ポケットサイズのアイテムで、お花をあしらったカラーイラストが表紙を飾ります。

Pan1302

↑ の2枚はクリックすると ちょとだけ拡大します。

続きを読む "華やかに舞い上がれ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

空飛ぶゆうれい船③-3

セイカのじゆうちょう『空飛ぶゆうれい船』の塗り絵ページから・・・。

1318

続きを読む "空飛ぶゆうれい船③-3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空飛ぶゆうれい船③-2

「我は ゆうれい船の死の使いゴーレムだ」

「行くところ 死と破壊あるのみ」

てなワケで、セイカのじゆうちょう『空飛ぶゆうれい船』の裏表紙は、巨大ロボット・ゴーレムのペーパークラフトなのであります。

1316

注意!このペークラは、あくまでも幼児向けなので、多くを望んではいけませんw

続きを読む "空飛ぶゆうれい船③-2"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

空飛ぶゆうれい船③

というワケで今回は、SF怪奇長編まんが『空飛ぶゆうれい船』(1969年:東映動画)なのでありますのだ!!

アイテムは「セイカのじゆうちょう」で、表紙絵は、映画のオープニングを活写しております。(嵐山パパの表情が嬉しそうな理由はですねえ・・・そっとしてあげてください

1321

ちなみにゆうれい船①はソフビ製「ボワジュース」の瓶 ↓ 、

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2008/03/post_1b18.html

②はEPレコードでありました。 ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2008/09/post-0043.html

(レコードの方は、ジャケットが当ブログ未登場なことに、今気がつきました)

続きを読む "空飛ぶゆうれい船③"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すず子が選んだ8輪車

今回は、セイカのぬりえ『アローエンブレムグランプリの』・・・でありますのだ!!

Pan1289_2 注目いただきたいのは、中央奥に描かれたトドロキスペシャルであります。

トリコロールカラーに彩色され、いかにもアニメ番組の主役メカらしいのでありますが、本編ではこのT-3タイプは、赤を基調としたカラーリングが施されていました。

以前、このブログでもご紹介しましたが、このマシンは、ドーバー海峡を渡る船上で、ヒロイン:逢瀬すず子さんのイメージ・シーンにだけ登場したトドロキスペシャル(T3)のスペシャル・カラーリングなのであります。

でも、すず子さんのイメージでも描かれなかったはずの、フロント・ウイング真ん中の「C」の文字は何なのでしょう?

続きを読む "すず子が選んだ8輪車"

| | コメント (0) | トラックバック (0)