ウッド

ウッドのLP500S②

ウッドから発売されていたランボルギーニ・カウンタックLP500S(企画:製造はキング株式会社)・・・であります!!

(全長は約17㎝で1/24表記。単3電池2本でミステリー走行とライト&ドア電動開閉ギミック付。プラスチック製)

以前登場した個体とはルア・ウイングの色が違うつもりでアップしたのですが・・・

前回 ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2008/05/500_3fe8.html

目が点(;ω;)

Rimg0034 Rimg0035 Rimg0039 Rimg0042 Rimg0037

| | コメント (2) | トラックバック (0)

魅惑(?)のバス特集返し

♪ホントにホントにホントにホントにライオンだ!!

Rimg0047 ということ(?)で、覆面える様の「サファリパーク」記事に勝手プチ紫艶させていただきま~すペコリン

ご紹介させていただくアイテムはウッドから発売されていた「秋吉台サファリランドバス」…であります!!

秋吉台サファリランドについて詳細は  をご覧いただくとして、

 

http://www.safariland.jp/index.shtml

ミニカー自体はご覧のとおり1/100スケールのダイカスト製。

㈱ニシキから発売されていた「ダイカスケール」「バスシリーズ」にクリソツ!ってゆ~か多分同じ!

その辺の細かい事情は専門のコレクター様にお任せするとして(爆)

車体は手持ち品と記憶の限りではシリーズ内のほとんどで共用されておりました。

ダイカスケールバスは全部で160種類くらい発売されていたらしくて、内サファリパーク関係バスは4種ラインナップされていました。

ダイカでは今回の秋吉台バス(=「秋吉台サファリーバス」)はシリーズ№157となります。)

この個体を入手した当時(ひょとして現在も(?))、このミニカーは「持ってけドロボー!!」的に叩き売りされていて、当ブログにこの後すぐ登場するウッドのプラ製カウンタックを買った時にオマケとして何台か貰っちゃった内の1台なのであります()

ともあれ、当方の地元である富士サファリーバス、静岡鉄道(バス)、遠州鉄道(バス)などが目下行方不明中なのがちょとだけ悩ましかったりします。

Rimg0043 Rimg0045 Rimg0049 Rimg0051 Rimg0053 Rimg0055

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウッドのLP500S

ウッドさんから発売されていたプラ玩のカウンタックです。

スケールは1/20となります。

屋根にボタンがあるタイプは、プルバックゼンマイで走行します。屋根のボタンを押すと両ドアが同時にポップアップし、ボタンを離すとドアも閉まります。ボディーの赤パーツは朱色に近い色です。

ボタンがないタイプはモーターライズです。ボディーの成型色はゼンマイタイプに比べくすんだ感じの赤です。なんと、走りながらドアが動きます。こちらが後期タイプだと思いますが、テールランプのプラパーツの成型色を青にするなど細部も変更しています。

画像のパッケージはモーターライズタイプ用で、プルバック用は緑色です。

Rimg0425 Rimg0427

Rimg0530 Rimg0531

Rimg0532 Rimg0533

Rimg0534

| | コメント (0) | トラックバック (0)