中嶋製作所

あれはファイティング・ファルコン②

今宵はF-16 ファイティング・ファルコンで頑張りましょう!

Rimg0261

↓は、試作機の初回飛行時のフィルム。

続きを読む "あれはファイティング・ファルコン②"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「あれはファイティング・ファルコン」

F-16はアメリカ合衆国のジェネラル・ダイナミクス社が開発したジェット戦闘機。

Rimg0068

The Lockheed Martin F-16 Fighting Falcon, the first of the US Air Force multi-role fighter aircraft, is the world's most prolific fighter with more than 2,000 in service with the USAF and 2,000 operational with 25 other countries.

F16_7

The F-16 and the F-15 Eagle were the world's first aircraft able to withstand higher g-forces than the pilots.

Rimg0070

The Fighting Falcon entered service in 1979.

F16_4

The last of 2,231 F-16 fighters for the US Air Force was delivered in March 2005.

Rimg0072

The first two-seat F-16D version was accepted by the US Government in January 2009.

F16_14

Outside the US, Lockheed Martin had a backlog of around 95 F-16 aircraft during the first quarter of 2009.

Rimg0074

Recent orders include Bahrain (ten delivered), Greece (60 block 52 all delivered), Israel (50), Egypt (24 block 40), New Zealand (28), United Arab Emirates (80 block 60, first delivered 2005), Singapore (20), South Korea (20 block 52 all delivered), Oman (12, first delivered August 2005), Chile (ten block 50, first delivery 2006) and Poland (48 block 52, delivered March 2006 – December 2008).

F162

http://www.airforce-technology.com/projects/f16/

続きを読む "「あれはファイティング・ファルコン」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『宇宙の騎士テッカマン』その2

~~

と雄叫びとともに、今回は『宇宙の騎士テッカマン』(1975年NET系列:タツノコプロ)・・でありますのだ!!

環境破壊が進み人類の生存が困難となりつつある地球では人類を他の惑星に移住させる計画が進められていた。

だがある日、突如として悪党星団ワルダスターが襲来し、地球を征服しようと攻撃を開始する。

宇宙開発センターの天地局長はワルダスターに対抗するためスペーツナイツを結成。

その中心となるのが、テックセットシステムにより肉体細胞を凝縮強化して誕生する「テッカマン」である!

タケミから発売(企画製造:中嶋製作所)されていた「宇宙の騎士テッカマン デラックス マスコットセット」となります。

Rimg0450

パッケージは縦31.5センチ、横37センチくらいの紙箱にテッカマン関係の玩具がギッシリ・・・よく見るとちょと微妙なんですが、その辺は深く考えないことにしましょう(爆!

Rimg0456

箱を開けるとまず目に付くのが、ツインランサー 

心が燃えて♪きますね!!

右斜め下に見える円筒、実はこれ、テックウィンなんですが、良い子のみんなは気が付いたかな?

Rimg0459

そして、テッカマンのペンダントタイプのソフビ人形。

Rimg0461

その他、なりきり玩具では定番のトランシーバー(何故か1個)、テッカマン手帳、そして大小のバッジがズラリ(5個も!)。

Rimg0463

Rimg0465

ツインランサーはバネ仕掛けで両方の刃が飛び出すので、プレイバリューはかなり高目ですw

さあ!盛り上がったところで、変身だ!!

・・・ところで、テッカマンって「変身」なの?

(・_・)エッ....?

続きを読む "『宇宙の騎士テッカマン』その2"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウルトラ合金トムキャット

中嶋製作所ウルトラ合金のF14Aトムキャット・・・であります!!

詳細はこちら ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2009/01/post-43b8.html

Rimg0021 Rimg0024

Rimg0029 Rimg0027 Rimg0025

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『宇宙の騎士テッカマン』 その1

♪だ~か~ら~心は萌えている~♪

微妙に盛り上がった(?)ところで『宇宙の騎士テッカマン』、参ります。

今回の記事は、覆面える様の凄いブログ『フルノーマルで失礼します。。』との無断タイアップ大作戦でもあります。(ムチャ)

『宇宙の騎士テッカマン』

(1975年放映:『宇宙エース』以来、タツノコプロ十八番の宇宙アニメ)

主な登場人物

テッカマン・・・活動時間は放送時間より長い37分33秒、AMBAC前史、「オ”オ”オ”ー」、中身は南城二

南城二・・・テッカマン適合条件はテックセット解除後も乱れないヘアスタイル

天地ひろみ・・・化粧濃い目。今回のイラストのようなヒロインだったら・・・

アンドロ梅田・・・アフロ

ムータン・・・化粧濃い目。アフロと同郷だが、地球では、ひろみのペット扱い。

Rimg0025ご紹介させていただくアイテムは中嶋製作所『ウルトラ合金 宇宙の騎士テッカマンDELUXE SET』であります。

何がデラックスかと言うと、画像のとおり、テッカマンペガスロボットブルーアース号と、テッカマンに登場する豪華3大メカを豪華詰め合わせにした逸品なのであります・・・やな感じ

Rimg0021①テッカマンは全長8㎝、肩・腕・胴・足の関節が動きますから自由なポーズが楽しめます。(テックウィン(ムチ)も入っています)

②ペガスは背中のボタンを押すとつばさが開きます。腕が上下に動きます。

そしてこの2体、スペースローラー(同梱のメッキ円盤)に乗せて指で押すとよく走ります・・・(新兵器っスか?違います!)。

Rimg0036③ブルーアース号はボタンを押すとミサイル弾が飛び出します。前部と後部に車輪がついていて、手で押すとすべるようによく走ります。

箱絵の写真ではメタリック塗装で、なかなかカッコいいのですが、現物はかなりショボ・・・(自粛)

Rimg0017天地局長「テッカマン・デラックスセット!これでスペースナイツとともに、悪党星団ワルダスターから地球を守る任務に就いて欲しい!」

よい子「ラジャ!もとい、ラーサー!っつ~ことで、次回にテックセクター!」

Rimg0034Rimg0015Rimg0032Rimg0027Rimg0029

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明日がきこえる・・・男のロマン

手にズッシリ・・・精密ダイカスト製★アクションは本物そっくり★

スーパーカーを超える夢の車。

これがドリームカーだ!

走る!withダイナミックパワー

カーデザインの巨匠、ベルトーネ・ピニンファリーナ・ミケロッティ等と契約!

ドリームカーとは、イタリアを中心とした一流のカーデザイナーとメーカーが、スーパーカーを超える極限のマシンとしてデザイン、製作した世界で1台しかない素晴らしい車のこと。

手にズッシリくる重量感の精密ダイカスト製。クロックスプリングによるダイナミックパワーでダッシュよく走行。走行の他、シーガルウイングドア・スライドドア・リトラクティブヘッドライトなど、本格的アクションの夢の車だ!

亀マークのおもちゃ中嶋製作所ウルトラ合金

1978年の8月初旬の週刊少年ジャンプ掲載広告。

フェラーリ ディーノ コンペツオーネ、ランボルギーニ マルツァール、フェラーリ P.F. モデュロの3車種に加え、8月発売予定としてアルファロメオ ナバホ フィアット アバルト2000クーペS.P.、ミケロッティ レザーを紹介。

Save0500

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドリームカー

fziroさんの『キャラクターミニカー秘密基地』を拝見し、ドリームカーつながり(?)でミケロッティ・レザーを急遽アップさせていただきます。

箱絵より~

DREAMCAR ダイナミックパワー 走るドリームカー

ミケロッティ最新の代表作。

マトラ530をベースのミッドシップエンジンを搭載。

未来的デザインとシーガルウイングドアが特徴。

画像のミニカーは中嶋製作所のウルトラ合金1/36ダイカスト製で、ドアとエンジンフードが開閉。

クロックスプリングを搭載していてプルバックでダッシュ走行します。

Rimg0084 Rimg0086 Rimg0088 Rimg0089 Rimg0090 Rimg0091 Rimg0092 Rimg0094 Rimg0095

| | コメント (4) | トラックバック (0)

究極のデートカー その6

中嶋製作所ウルトラ合金からランボルギーニ・マルツァル。

1/38スケールでドア、エンジンフードが開閉。プルバック走行します(曰く「ダイナミックパワー」)。

可動部のチリがしっかり合っていたり、アクションそのものもカチッとしていて、意外に侮れないモデルです。

「カウンタックないぢゃん!」なシリーズでしたが、ランボ車を代表してデートカー部門にエントリーさせてみました。

Rimg0020 Rimg0026

Rimg0027 Rimg0031

Rimg0032 Rimg0033

Rimg0034 Rimg0036

| | コメント (6) | トラックバック (0)