アルプス

アルプスの六輪車

というワケで、今回は、タイレルP-34・・・でありますのだ!!

Tyrrell_p34_003

アルプスのアクションシリーズ「F-1レーシングカー タイレルP34」となります。

Rimg0355

全長約34㎝のプラスチック製品で、電動走行とエンジン音、煙が出るギミック付の幼児向け玩具であります。

Rimg0370

エア・インダクションポッドが作動スイッチになっています。

続きを読む "アルプスの六輪車"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アルプスのカウンタック③

アルプスのプラ玩カウンタックは、赤と黄色の2種類が既に登場しています。

Rimg0007そんなワケで、今回は赤の中古品を取り上げてみたいと思います。

幸い、ギミック(電池走行(二段階速度切替)とライト点灯)は生きていて、ボディにも目立った傷はありませんので、剥落、一部は剥がれつつある紙シールの取り扱いのみ検討しているのであります。

Rimg0014京商さんから発売されていた1/18の完成品カウンタックをウルフ仕様にグレードアップするために用意しておいた水転写デカールを貼ってみようか?とも思っているのですが、大雑把さが魅力のプラ玩の造形を考えると、細かな表現のデカールは、そぐわない気がしております。

赤 ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2008/04/post_d06b.html

黄色 ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2008/04/post_b7ae.html

Rimg0001 Rimg0015 Rimg0005 Rimg0003 Rimg0009 Rimg0011

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バイエルンの白い狼

別に当方、シュツットガルトでもいいんですけど(爆

Rimg0012などと適当な事を言いながら、今回もBMW(ベーエムベー)・・・・でありますのだ!!

登場した玩具は、アルプスのアクションシリーズ「レーシングBMW」で、全長約26㎝のプラスチック製品となります。

Rimg0015 単一電池2本でヘッドライトが点灯し、電動走行可能なのはもちろんですが、トランク上の2つのボタンを押すことでフリクション走行も選択可能になっています。

Rimg0017 ちなみに、電動走行を選択した状態で、電池を入れずに強制的にコロ走行させた場合、電動走行の選択スイッチはリリースされ、勝手にフリクションゼンマイモードに切り替わるので、楽々そのまま遊べます。

ドアミラーを押すと、ボンネットが開くギミックもついていて、これがなかなかゴージャスw

Rimg0032 エアインレット、アウトレットなどはすべてボディとは別のパーツで再現されていて、幼児向けの玩具としてはオーバークォリティといっていいほど丁寧に作られています。

アルプス製品につきましては、当ブログでは過去にカウンタックも登場しておりますので、何かついでの時にでもご覧いただければ脱力すること受けあいですw

追伸:スーパーカーブームの当時、マルイのプラモデルBMW3.5CSLなどを作っておりますと、友達から尊敬の視線を浴びることができました。

カウンタックのファンなどと言おうものなら、仲間にバカにされてしまうので、迂闊に口に出すことはできませんでしたw

Rimg0020 Rimg0021 Rimg0024

Rimg0026Rimg0028 Rimg0030

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香港トイラジ

メーカー、ブランド不肖、底板からメイドイン香港であることだけはわかりました。

1/20のカウンタックLP500Sのトイラジです。

タイヤもプラ製・・・、何となくヤな感じですね。

予感どおり、パッケージには「前進・方向転換が思いのまま」とありますが、写真の送信機にはボタンが一個しかついてません・・・。

箱を開けると、箱絵とは違うカタチの送信機が入ってます。ボタンは一個・・・。

車体底板のスイッチオンで走行。

送信機のボタンを押すと左にバック転回します。

各部にペタペタ貼られた「Rallye Racing」「⑫」「LP500S」「lanmborghini」などの紙シールは、なかなか雰囲気があります。

ライト発光が売り文句ですが、そこはヘッドライトぢゃないような気がします・・・。

アルプスプラ玩にクリソツなトイラジ君なのでした・・・・。

Rimg0096 Rimg0098 Rimg0100 Rimg0101 Rimg0102 Rimg0103

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルプスのカウンタック その2

アルプス製品のカラバリです。

箱絵のカウンタックの色がくすんで見えるのは個体差じゃないみたいです。

Rimg0097 Rimg0098

Rimg0099 Rimg0100

Rimg0101 Rimg0102

Rimg0104

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルプスのカウンタック

プラ玩で有名なアルプスさんからカウンタックLP500S。

全長約22.7cm、幅約10.6cmの、ほぼ1/18スケール。

電池走行でスピードはハイとローの2段切替式。これだけなら野村トーイのマイティーモーも同じでした。

さらにこのアイテムは、リアウイングが高速時にハイウイングとなり、低速時にはローウイング状態となる可動空力パーツ!を備えています。いわゆるひとつの可変ウイング採用ですか。

『ヘッドライト点灯』します。「そこ、ウインカーなんですけど・・・」などと言うのはヤボな突っ込み。

アルプスさんお約束の、エンジン音ギミックもついています。

Rimg0087 Rimg0090

Rimg0091

Rimg0093 Rimg0094

Rimg0096

| | コメント (0) | トラックバック (0)