ヨネザワ

赤き17番の狼

復旧中につき、ちょとだけかえってきた「ち~ぷトイトイ」

Rimg0201

今回は漫画『サーキットの狼』で主人公:風吹裕矢がドライブした赤いレーシング・マシンです。

Img2201_copy2

↑ 週刊少年ジャンプ1978年5月2日号扉絵

続きを読む "赤き17番の狼"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ランチア・ストラトス

この時間はランチア・ストラトスでまいりましょう。

Rimg0617

今更ですけどダイヤペットです。

続きを読む "ランチア・ストラトス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西部警察:南国の決闘

当ブログに日産スカイラインが登場するのは三度目である。

Rimg0018

(ちなみに一度目は映画『キッズ~水の旅人』の劇中車としてダイヤペットのパトカー、二度目はトミカのR33GTR-LM)でありました。

Rimg0003

てなワケで、車両解説は『西部警察』番組中のナレーションにお願いすることとした。

Rimg0008

新たに日産自動車で設計製作されたマシ~ンは

Rimg0011

いずれも高度にチューンナップされた最新式のターボ・エンジンを搭載したスカイラインRSターボで

Rimg0021

出力280馬力、最高時速250キロ。

Rimg0005

この高性能に加え、攻撃車には口径20ミリのマシンガン二門、およびアフターバーナーによる急加速装置を装備し、

Rimg0009

最高速度まで16.3秒で達します。

Rimg0051

哨戒の任にあたる情報収集車には距離測定器GLLD、目標車識別をするIFF、前面及び側面投影が可能なISAレーダー、微細な振動を音源をキャッチするセンサーなど、

Rimg0019

最新科学の粋を集めた機器が装備されています。

Rimg0057

それでは、いよいよマシンX:FAKEを追撃することにいたしましょう!

(ハネケンさんの「ワンダフルガイズ」(ボーカルバージョン!)を口ずさみながら、)

続きを読む "西部警察:南国の決闘"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

西部警察:南国編

「警視庁から入電中、警視庁から入電中!」

Gif

紙モノを中心に、ノホホンと自動更新を続けていた当ブログに、突如けたたましいサイレンの音が鳴り響いた!!

Rimg0652

かつて西部署に配属されていた特殊パトカー:マシンXの設計データが何者かに盗まれ、そのデータを元に製作されたと思われるマシンが暴走行為を繰り返しているというのだ!

続きを読む "西部警察:南国編"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

365歩のチーたん④

今宵はランボルギーニ・チータです。

Rimg0257

アイテムはご覧のとおり、ダイヤペット1/38スケールの「ランボルギーニ・チータ4WDカスタム」(T-40)で、既出品のカラバリとなります。

Rimg0258

マットブラックの塗装がシブいミニカーです。

Rimg0260

続きを読む "365歩のチーたん④"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビッグなカウンタック

というワケで、ランボルギーニ・カウンタック・・・でありますのだ!!

今回はヨネザワのビッグレーシング。

Rimg0072

既出品2台とは別個体となります。

続きを読む "ビッグなカウンタック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛竜旋回左曲打球!!

ワタシハ・・・・サル・・・・

163

ではなくて、今回はゴルフの話題でありますよ!!ナイ~ショッ!

Dan140

あれ?

146_2

え~、あらためまして、今回は『プロゴルファー猿』であります。(心の声「ちぇっ!」(爆))

010

※といっても、1974年から少年サンデーに連載されたコミック版でも、1985年スタートのテレビシリーズでもありません。

Dan156

1982年に放送された長編テレビアニメ『プロゴルファー猿スペシャル野生の天才少年に挑む美少女ゴルファー紅蜂と香港の竜!~』(1982年:テレビ朝日:シンエイ動画)限定のネタでありますのでくれぐれもご注意願いますw

147

ワタクシの「~猿」原体験は、いちおう週刊少年サンデー連載版なのでありますが、なにぶん昔のことで記憶がアヤフヤでありまして、さらにコロコロコミック連載版は未読なのであります。テレビシリーズは・・・話数が多いし・・・別の機会にでも。

Rimg0429_2

奥山カントリークラブに出没する野性児:猿谷猿丸は天才的な腕前を持つアマチュアゴルファーであります。・・・天才的な腕前って、ロストボールをガメるだけなんですけど。

そんな猿丸の実力(!)を見抜き、影の組織に引き入れようとミスターXが画策。

Xが送り込んだ第一の刺客が「謎の美人ゴルファー 紅蜂」でありまして、当ブログ向きでありますねゲロゲロリ。

011

紅蜂は試合の前に色仕掛け(!)で猿丸に接近し、偶然の事故に見せかけ、猿丸の一本しかないドライバーを折るなど、顔に似合わずあくどいあくどい。

作劇における「猿」に「美女」の組み合わせは、実にその、王道でありますな!

160

そんな謎の美女「紅蜂」の愛車こそが、赤いトヨタ2000GT。

Rimg0423

猿丸は「紅蜂」が運転する赤いスポーツカーの助手席に乗せてもらった上に、タップリと目の保養までさせてもらったりもするのであります。

Dan135

「紅蜂」恐るべし!ってゆ~か、ウラヤマスイぞ猿丸!

155

劇中のアカイスポーツカーですけど、シーンによっては、すごく適当に描かれている時もあるんで、「絶対にトヨタ2000GTだ!」と言い切るのは避けさせていただきますm(_ _)m

Rimg0424

猿丸との対戦を終えた「紅蜂」は、天真爛漫な猿丸に心惹かれたのか、二番目の刺客「ドラゴン打ちの竜」との対戦中、猿丸に度々助言を与え、ミスターXに諌められたりもします。

Rimg0417

猿に味方する「紅蜂」をミスターXが諌める程度で済ますのは、組織内での「紅蜂」の地位がそれなりに高いからなのでありましょうか?

Rimg0418

ミニカーはダイヤペットG-83のTOYOTA2000GT(1/40)。実車もミニカーも超有名なので、細かい解説は避けてしまいます(大笑

Rimg0421

なんでこのブログに国産車なのかって?・・・・今回のミニカーのチープな風情がG-66ランボルギーニ・カウンタックLP500に似ている気がしたからであります(・∀・)。

続きを読む "飛竜旋回左曲打球!!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カウンタックでアンダルシア

というワケで、ランボルギーニ・カウンタック・・・でありますのだ!!

Rimg0580

今回のアイテムはダイヤペット(G-66)1/43ランボルギーニ・カウンタックLP500。

ボディ色はナス紺となります。

ホイールがゴールドだったら完璧ですね

Rimg0589

※当ブログにはに赤い個体が過去に登場しています。 ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2008/04/lp500_06b6.html

同じダイヤペットのG-721/40スケール)は複数のギミックを備えていますが、こちらはドア開閉アクションのみ。

ただし、ワイパーが別パーツで再現されているので1ポイントゲット(笑

Rimg0586

親に連れて行ってもらったスーパーカーショーの会場などで、大量のスーパーカーのミニカーが売られていましたが、値段が高いのにビックリ。

開閉ギミックの数を調べたりして、頭の中で得点表をつけながら、どのミニカーを買おうか真剣に迷ったものです。

続きを読む "カウンタックでアンダルシア"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カウンタックでハイウェイ

というワケで、今回登場したのは、米澤玩具のプラ玩・・・でありますのだ!!

Rimg0375

全長30㎝オーバーの超巨大(?)玩具の、「ランボルギーニ・カウンタックLP500S」のパトカー仕様(ボンネットのシールから、一応ハイウェイパトロールねw)で、「カウンタックパトカー」となります。

Rimg0381

このアイテムは過去にガイシュツですが、この個体そのものは、当ブログ初登場となります。

Rimg0385

続きを読む "カウンタックでハイウェイ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

365歩のチータ③

というワケで、ダイヤペット(T-93)のランボルギーニ・チータ4WDビッグタイヤ・・・であります!!

Rimg0177

T-80のチータより、タイヤがさらに大きくなっております。

Rimg0170

続きを読む "365歩のチータ③"

| | コメント (0) | トラックバック (0)