« マカオ系ブラック・カウンタック② | トップページ | 365歩のチータ⑨ »

ファイティング・エンブレム③

復旧中につき、ちょとだけかえってきた「ち~ぷトイトイ」

Rimg0564

上は今年7月のトミカ新作「ランボルギーニ・レヴェントン」(№113)

下はそのレヴェントン2台(白&ガンメタ)に、ファイティング・ブルのタンポを施した5台を追加した集合写真となります。

Rimg0576

7月発売の新製品が約2ヶ月遅れでの登場となってしまい、時宜を逸した感が強いので開き直って「数」で勝負しています(笑)

ガンメタボディーに赤いファイティング・ブルが踊ります。

Rimg0571

次は、ベストマッチングと思える金タンポ。

Rimg0573

次が銀のエンブレム。

ボディーカラーは特注仕様ではなく、あくまでもトミカの市販品がベースです。

Rimg0574

↓ 半艶消しの白ボディーに金のエンブレムが映えます。

Rimg0567

このトミカ:レヴェントンのセミグロス調の白って、パールホワイトの表現方法として上手いなあ。

↓ こちらは、その白ボディーに銀タンポで、これまたカナ~リ良いと思います。

Rimg0569

トミカのレヴェントンは、既発のHWレヴェントンに比べて全体のフォルム、とくにホイール・アーチ形状など、実車を正確に再現しています。

でも、初回限定カラーって、何だろう?(笑) 

ガンメタ・カラーをスパイダー・モデルに持ってきたHWの方が、マーケット規模が違うにせよ工夫しているような気がします・・・とは言え、向こうがスタート・カラーにしたマットグレイも微妙なチョイスだったのかも、さらにオレンジの微妙なカラバリとかHW門外漢の当方にとっては意味不明な点も多々あったんですけど(笑)。

先日、HWからは4シーター・ランボ「エストーケ」が発売されました。

トミカでは「LP700-4」ってネーミングを前面に押し出してアヴェンタドールを発売していただきたかったけど、子供向け玩具としてはレヴェントンとフォルムが似過ぎているから無理かな(笑)

|

« マカオ系ブラック・カウンタック② | トップページ | 365歩のチータ⑨ »

トミー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510114/52637373

この記事へのトラックバック一覧です: ファイティング・エンブレム③:

« マカオ系ブラック・カウンタック② | トップページ | 365歩のチータ⑨ »