« 白いカウンタック×3 | トップページ | サウンドの狼 »

EIDAI Countach

復旧中につき、ちょとだけかえってきた「ち~ぷトイトイ」

Rimg0524

今回は永大テクニカシリーズ(1/28スケール)のLP500Sの英語版パッケージです。

Rimg0499

パッケージ表記のとおりTECHNICA「ROAD+RALLY racers」シリーズで、カウンタックはシリーズ№「GT-17」。

Rimg0510

パッケージに「EIDAI」「テクニカ」など日本国内向け製品と共通の用語が並び、日本製テクニカシリーズをそのまま英訳したミニ・カタログが同梱されています。

Rimg0512

ミニカーについては、日本国内仕様ではボンネットにウルフマーク、サブライトの前にラリーレーシングステッカー、リアウイングに車名などのシールが貼られていますが、この個体はプレーンな状態ですが中古品なので、オリジナル・コンディションを保っているかは不明です。

Rimg0513

中古コンディションの本製品は、ボディー塗装面のスクラッチやシール類の劣化が目立つんですが、この個体は購入時に「ワンオーナー」と説明を受け、塗装コンディションがすこぶる良かったので、シール無しのテクニカ1/28美品として十分満足しています(笑)

Rimg0515

↓ 「ロード+ラリー」とのことですが、テクニカ1/28のカウンタックはロードクリアランスをたっぷり取ってあるので、「ラリー仕様車」としても通用しそうです。

Rimg0504

テクニカ1/28のカウンタックには2点可動と3点可動の2バージョンが存在し、本製品はライト、ドア、エンジンフードが開閉する3点可動タイプとなります。

Rimg0517

個体差でしょうが、エンジンフードを開状態でホールドできるのは嬉しかったりします。

Rimg0522

ホイールやエンジン・パーツ、コックピットも日本国内流通品と同一と思われます。

永大が直接海外販売にかかわったのでしょうか?

それとも単なる英文表記パッケージなのかしら(笑)

Rimg0526

この個体のリアウイングに紙シールを剥がした跡のようなものが残っているので、少なくともリア・ウイングにはシールが貼られていたと思われます。

Rimg0520

ボトムは・・・日本版のボトムは脳内記憶で申し訳ないですけど「(あまり)違和感が無いので同じ」だと思っています(笑)

Rimg0528

パッケージはメタリック調の印刷で仕上げられ、ナカナカに高級感を醸し出しています。

Rimg0506

当ブログには国内流通版5種(2点可動の赤、黄色と3点可動の赤、青、黒のLP500Rタイプ)が登場済み。

2点可動仕様で発売された後、ライト開閉ギミックを追加した3点可動式にマイナーチェンジされたものと考えております。

Rimg0534

当時の永大グリップの少年誌広告を思い出しますと、このテクニカは新製品攻勢を仕掛けていて、次から次へと発売予告がされていました。

ところが、必ずしも広告で予告した順、あるいは発売予定時期に発売されるとは限らなかったらしく、永大製品そのものを玩具店の店頭で見かけることは殆どありませんでした。

Rimg0531

テクニカ28のカウンタックのライト可動はボトムのレバー操作方式。

同シリーズのロータス・エスプリなどはコックピット内のレバーで開閉操作を行います。

ライトについて、カウンタックはメッキ処理したプラパーツを使用していますが、同じ4点ライトのエスプリなどはダイヤカットレンズを採用していました。

可動ギミック数についておい、ランボルギーニ・シルエットなどはボンネット、後部トランクを加えた5点可動でフルアクション。

テクニカ28シリーズの中でのカウンタックは同シリーズの他の車種に比べ水をあけられてしまった印象があります。

※今回のような直訳パッケージはシンセイJETマシーンにも存在する(製造国表記が香港となるケースもあるみたいですけど)ので、そちらも何かの機会にマッチングしてみたいと思っています。

|

« 白いカウンタック×3 | トップページ | サウンドの狼 »

永大」カテゴリの記事

コメント

おお、これは素晴らしい。
なんか逞しく感じるのは、車輪がちとデカイからでせうか?

投稿: fziro | 2011年9月13日 (火) 22時48分

>fziro様
タイヤが逞しいのはラリー仕様だから、と言うのはもちろんウソで、テクニカ1/28カウンタックのネガティブファクターのひとつです。

1/43サイズを無理やり拡大して1/28スケールにした、みたいな残念な仕上がりです。

テクニカ1/28には現在の目線でも素晴らしいミニカーが沢山あるので、スーパーカーの王者たるカウンタックにも頑張って欲しかったですね。

投稿: どどまいや | 2011年9月13日 (火) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EIDAI Countach:

« 白いカウンタック×3 | トップページ | サウンドの狼 »