« スピードの悪魔② | トップページ | 水色はカウンタック色③ »

マジョレットのカウンタックLP400S②

復旧中につき、ちょとだけかえってきた「ち~ぷトイトイ」

Rimg0265

今回はマジョレット(№237スケール1/56)のダイキャスト製ミニカーです。

ボディーカラーがブルーのタイプは既に1台登場しています(↓)。

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2010/08/post-1884.html#more

Rimg0268

上の写真で申し上げると、手前が過去に登場した個体で奥が今回のミニカーです。

Rimg0279

↑ ウインドウ・スクリーンの色が違うことがお分かりいただけるかと思います。

インパネも意外に細かく作りこんでありますね。

Rimg02732

ボトムも比較してみましたが、大きな違いは見受けられません。

Rimg02742

↑ 1台はスケール表示の彫りが崩れていると言えなくもありませんが、製造公差の範疇だと思っています。

Rimg0266

マジョレット初期のカウンタックは下地処理が良いのでしょうし塗装も濃過ぎず薄過ぎず、まさにベスト。

そして車体後部は近年のミニカーでさえ太刀打ちできない魅力に溢れていて、敢えて申し上げるなら「シルキー」に仕上げられています。

Rimg0281

↑ とくにエンジンフードのスリット状部分の陰影は、見ていて本当に美しいと思っております。

Rimg0283

※写真では分かりませんが、この2台はエアアウトレット・パーツ(内装パーツも同じパーツを使用していると思います)の色合いが若干違いまして、ウインドウがクリアーな個体は純白、もう1台は軽くアイボリーが入っている感じです。マッチボックスのバリエーションみたいですね。

|

« スピードの悪魔② | トップページ | 水色はカウンタック色③ »

マジョレット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マジョレットのカウンタックLP400S②:

« スピードの悪魔② | トップページ | 水色はカウンタック色③ »