« エアコンバット | トップページ | サーキットでテスト① »

疾風か光(ひかり)!とびだせ!マシーン飛竜

今宵は『とびだせ!マシーン飛竜』でまいりましょう。

Rimg0198

本作品についてはfziro様の『キャラクターミニカー秘密基地』にて詳しく取り上げられています。

当ブログでもこんな感じです ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2010/12/post-a8c5.html

今回はタカトクから発売されていた『とびだせ!マシーン飛竜 バッチつきマシーンセット』となります。

Rimg0201

商品名のとおり、塩ビ製マシーン3台&ドライバーフィギュア(リッキー)とバッチのセットで、主役マシンである飛竜の全長は約13.3センチメートルです。

Rimg0211_2

塩ビ製品なので造形的にユルいんですけど、設定に忠実なカラーリングが施されているのが魅力です。

塩ビのメカ玩具はディテールのシャープさに欠けるという先入観があるのですが、少なくとも「飛竜」に関してはプラ製品に迫るシャープな仕上がりで、ナカナカ気に入っています。

Rimg0203

この個体はブリスターの劣化が進んでいて、パッケージ部分は水洗いしてあるんですけどなかなかにダスティーなので、そろそろ開封すべきか悩んでいるところです。

Rimg0214

トランスポーター「飛竜ダンパー」とサポートメカ「飛竜コプター」はどちらも約9センチ。

全高が低いダンパーの方が小さく見えるんですが、「ダンパー」も細部まで塗装され、塩ビのメカ玩具特有の歪みも目立ちません。

Rimg0215

以下の画像2枚はバッチです。

上は番組アイキャッチで使用された図柄で、下は飛竜チームのエンブレムです。

Rimg0205

台紙付玩具のバッチは魅力的なものが多いですね。

Rimg0208

台紙にあるとおり、当時定価は950円なのだと思いますが、本放送当時、当方居住地域では東京12チャンネルはネットされていなかったため(テレ東電波が受信できたので視聴は可能でしたw)か玩具店で関連玩具は殆ど見かけませんでした。

|

« エアコンバット | トップページ | サーキットでテスト① »

タカトク」カテゴリの記事

コメント

飛龍はそこそこ商品あるよね~!
なのに持ってる人少ないし、出ると高くなるのは
「当時売れなかったのに今は人気」ってパターンの典型かしら?

でもそんな中、こういうのも押さえてる
どどさんはサスガです。ヽ(´ー`)ノ

投稿: fziro | 2011年5月 9日 (月) 17時49分

>fziro様
コメントいただきありがとうございます。

玩具関係に詳しくないワタクシが申し上げるのは僭越ですが、fziro様のご指摘のとおり、今回のような台紙つき玩具はタカトクさんの定番商品!って印象です。

番組的に成功したとはいえない『飛竜』関係アイテムは、まだどこかの問屋倉庫などに眠っているのでしょうか?

投稿: どどまいや | 2011年5月 9日 (月) 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510114/51604583

この記事へのトラックバック一覧です: 疾風か光(ひかり)!とびだせ!マシーン飛竜:

« エアコンバット | トップページ | サーキットでテスト① »