« フジカラーでカウンタック・テスト | トップページ | 夏のカウンタック »

アルベルト・カウンタック

今宵はランボルギーニ・カウンタックでまいりましょう。

Rimg0344

今年4月に発売されたアイドロン製ランボルギーニ・カウンタックLP400スペチアーレです。

Rimg0347

以下は製品解説から、

ハイチのアルベルト・シルべラ氏のオーダーにより製作されたと言われているものの、正確なヒストリーが不明な#1120222のシャーシーナンバーを持つカウンタックLP400スペチアーレ。

Rimg0349

ハイチのポートオゥプリンスにあるアメリカ大使館内で引き渡されたというこの個体は、オーバーフェンダーやチンスポイラーなどのエクステリア各部の装備がほぼ#1120148のウルフ・カウンタックに準じた特異なもので、ブルー+ゴールドという独特のカラーリングが特徴である個性的なカウンタックLP400です。

Rimg0358

この個体がハイチ王子のクルマと言われるのは、ハイチのアメリカ大使館がある場所がポートオゥ“プリンス”という地名のために混同されているようです。~引用、終わり

このカウンタックはスーパーカーブーム当時には日本に紹介されていなかったのでスルーでもいいかな?と思いつつも、何故か当ブログに3回目の登場です(笑)

↓ タヒチ王①(MRコレクション) 当ブログ既出品

Lp400_18

↓ タヒチ王②

Lp400_19

↓ ハイチ王(ルックスマート) こちらも当ブログに登場済み

Lp400_16

↓ ハイチ王② LP500Sウォルター・ウルフ表記

Lp400_17

↓ スペチアーレ(アイドロン) この車の写真は数を見ていないので色々言うのもアレですが、今回のアイドロン製品ではNACAダクトが金一色なのがイイ感じです。

Rimg0357

↓ アイドロン② テールランプ周辺はMR、LSより実車っぽい表現。

Rimg0355

そして、エア・アウトレット部のスリットの抜けが均一なのには、思わず感動しました。

Rimg0353

このマシン、実車は日本にあるそうで、アイドロンからはシックにリファインされた現在のバージョンも同時発売されました。

Ab5dba2b07

今回のアイドロン版は、このスペアチーレにどれだけバージョンがあるか分かりませんけど、再現度はかなりイイ感じ。

一方、塗装の質感など、モデルカーを手にした時の満足度としてはMR系に軍配が上がる、と思っています。

|

« フジカラーでカウンタック・テスト | トップページ | 夏のカウンタック »

アイドロン」カテゴリの記事

コメント

アイドロンのカウンタックの売りの ワイパーが金色なので目立ってていいですね。シートが当時の写真どおり金と青にちゃんと(本当はバックレストのところまで青だと思うけど…)塗り分けられてます。この車エンジンまで金色に塗られています。現在のオーナーが今 当時の仕様にレストア中らしいですよ。早く見てみたいですね。

投稿: クワカブ | 2011年5月24日 (火) 22時01分

>クワカブ様
コメントいただきありがとうございます。
ご指摘のとおり、現車オーナーさんの熱意に敬意をはらいつつ、その辺の情報は回避したほうがイイのかなあ?みたいな感じであります(笑)

ハイチのイオタ、カウンタックの実車揃い踏みも是非見たいですね。

投稿: どどまいや | 2011年5月25日 (水) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルベルト・カウンタック:

« フジカラーでカウンタック・テスト | トップページ | 夏のカウンタック »