« スーパーカーとは?ウワサの男 | トップページ | 韓流シルエット »

香港シルエット

体調不良で長期間、離脱しておりました。

Rimg0043

管理人離脱中は雑誌ネタが自動更新されていましたが、久々にミニカーネタでまいりましょう。

今回はランボルギーニ・シルエット。

Rimg0052

ウラッコの後継として1976年にデビューした、いわゆるひとつの「ベビー・ランボ」。

Rimg0060

ベビーと言ってもV8エンジンを搭載し、セールス的に成功を収められなかったウラッコをベースに改良、2シーターのタルガに仕上げたスーパーカーです。

Rimg0056

しかし、このシルエットもライバルたるフェラーリ308シリーズの前に販売は大苦戦し、1980年台には見かけ上の区別が付かないシャルパにスイッチ、量産型LP500Sとともに細々と生産が続けられていました。

Rimg0055

シルエットはスーパーカーブームの渦中にデビューしたので、日本でたくさんのミニカーが発売されました。

※永グリップのテクニカ1/28スケールを筆頭に、シンセイJETマシン(1/38)、ダイヤペット(1/40)、マルシン・ミニスター(1/43)などが当ブログに登場しています。

しかし何故か3インチサイズのミニカーはリリースされなかったので、今回登場するのは1980年代になって発売されたプレイアート(香港)製品です。

Rimg0050

このプレイアート製品には、ドアが開閉しないタイプや、側面のタンポ印刷の色違い、およびタンポ印刷自体の有無などのバリエーションが存在します。

プレイアートなので、ホイールのバリエーションもあると思いますが・・・思い出せませんw

Rimg0058

今回の2台はドア開閉&タンポ黒のタイプですが、ボトムの色違いとなります。

↓ ①マットブラック

Rimg0045

↓ ②ブラウン・メタリック調(艶有)

Rimg0049

以下は、当ブログに登場済のランボルギーニ・シルエットです。

↓ 永大グリップ(車体色:シルバー)

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/post-64a8.html

↓ 永大グリップ(車体色:赤)

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2008/08/post_eef7.html

↓ シンセイJETマシン(車体色:ゴールド)

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2008/08/post_bbc4.html

↓ ダイヤペット(車体色:白)

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/post-ed37.html

↓ ダイヤペット(車体色:シルバー)

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2008/08/post_9e54.html

↓ ダイヤペット(車体色:紺)

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2008/11/8-98c6.html

↓ マルシン・ミニスター(車体色:シルバー)

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2008/08/post_b24a.html

↓ マルシン・ミニスター(車体色:赤)

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2008/08/post_8668.html

|

« スーパーカーとは?ウワサの男 | トップページ | 韓流シルエット »

プレイアート」カテゴリの記事

コメント

ネットサーフで拝見中です^^かっこいいシルエットですね^^

投稿: ランボルギーニ | 2011年4月 4日 (月) 19時46分

>ランボルギーニ様
ネットサーフィンご苦労様です m(_ _)m

ご指摘のとおり、プレイアート製品はチープ系ミニカーながら侮りがたいですね。

また機会がありましたらお立ち寄りくださいませ。

投稿: どどまいや | 2011年4月 4日 (月) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510114/51291562

この記事へのトラックバック一覧です: 香港シルエット:

« スーパーカーとは?ウワサの男 | トップページ | 韓流シルエット »