« マイクロ・カウンタック⑧ | トップページ | 黄金のヤマト »

ピューターモデル

今宵はランボルギーニ・カウンタックでまいりましょう。

Rimg0201

まずはマッチボックスと並べた画像で、大きさを確認ください。

Rimg0221

概ね1/56~1/60スケールのピューターモデルです。

Rimg0203

亜鉛含有率の高い合金で作られているので、迂闊に力を入れると簡単に変形してしまいます。

Rimg0205

量産型LP500S(1982年型)をモチーフにしていますが、ルーフの切れ込み、5シリンダーホイール、フロントバンパーおよびリア・オーバーフェンダー形状などから、ウルフ・カウンタックっぽく仕上げられています。

Rimg0207

シャンパンゴールドが美しい、結構お気に入りの一台です・・・ただの自己満足ですがw

Rimg0209

ピューターモデルをこのスケールで製作した理由は定かではありませんが、ディテール的にも、物理的(笑)にも繊細なモデルです。

Rimg0211

内装の再現度も十分及第点。

ヘッドライトをもう少し小さくモールドすれば完璧だったかな。

Rimg0212

↓ ボトムをご覧いただくと、フランクリン・ミント製品であることがお分かりいただけるかと思います。

Rimg0218

↓ 奥は同製品のシルバーボデー車ですが、中古品でダメージの修復が未完了のため、写真は1枚のみで失礼します。

Rimg0214

|

« マイクロ・カウンタック⑧ | トップページ | 黄金のヤマト »

未分類ミニカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510114/50596351

この記事へのトラックバック一覧です: ピューターモデル:

« マイクロ・カウンタック⑧ | トップページ | 黄金のヤマト »