« タイ式赤のカウンタック③ | トップページ | ポリトーイのエスパーダ② »

太陽の恋人

この時間は『太陽の恋人』でまいりましょう。

Img8564

↑ このEPジャケは桜木健一さんボーカル版ではありませんが・・・

|

« タイ式赤のカウンタック③ | トップページ | ポリトーイのエスパーダ② »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

天地真理、天地真理じゃないすか!ヽ(´ー`)ノ

ていうか、何か書け!(爆

ジカイニ ツヅクノ カナ?(°∀° )

投稿: fziro | 2011年1月30日 (日) 16時50分

>fziro様
え~、何か書くんですかぁ~(爆

『太陽の恋人』は1971年から少年チャンピオンで連載された梶原一騎原作の漫画を原作としたテレビドラマで、ドラマ化にあたって他局をイメージするタイトル『朝日の恋人』を改題したとされる。

『柔道一直線』でお馴染みの桜木健一&吉沢京子のさわやかゴールデンコンビを主役に迎え、中村竹弥扮する暴○団の父を持つ娘との純愛が描かれた青春ドラマである。

ヒロイン天地真理の名前は、アイドル天地真理の芸名に転用されたことはあまりにも有名。

今回の動画テロップをごらんいただければ一目瞭然であるが、キャスト、製作陣が『柔道一直線』→『仮面ライダー』へ渡っていく過程のブリッジ的作品として近年、再評価が行われている作品である。

本作を翻案したのが1973年から少年マガジンで連載が開始された『愛と誠』とされていることも有名な話…。

という感じで、太陽の恋人→太陽の恋人アグネス・ラム(本日14時)ってオチ(!)と、西恵子つながりへ行く流れ(明日8時更新)と、太陽の恋人→(太陽の犬→黄金の犬(この二作は後日w))→金メッキカーへと自動更新される予定のちーぷトイトイにとっても再評価すべき作品である(超爆

投稿: どどまいや | 2011年1月30日 (日) 17時36分

フムフム、勉強になりますた。m(_ _)m
つうか音楽カッケーと思ったら岳夫さんなんですな~!
もっと長生きして欲しかった人( ;∀;)ダナー

この辺の話は平山さんの『東映ヒーロー名人列伝』にも
ちょっとだけと書いてありますよん。ヽ(´ー`)ノ

吉沢京子は和風の顔立ちだから、
あんま漫画の天地真理には似てないけど、
桜木健一の相手役には他の女優は考えられないし…。
コッチはイメージぴったりなだけに、残念……。

投稿: fziro | 2011年1月30日 (日) 23時32分

>fziro様
「何か書け!」と仰るから、ひょとしたら、ネタ被りかな? → この番組の関係アイテムで紫艶返しは無理かな?と思い、ちょとビビりましたw

刊行物や同人誌中心の時代から、近年のDVD特典のブックレットの記述やら、ロフトプラスワン的イベントでの発言まで拾うべきなのかな?みたいに悩ましくて、今回も平山Pと桜木健一さんの割と近年の発言を意識しようとすると…よく分かんないですねw

このあと8時更新の『ウルトラマンA』についても、以前は「第二次怪獣ブーム」って言葉は「変身ブーム」を内包していたかと思うんですけど、最近は「怪獣ブーム」が「変身ブーム」に食われた的な発言を受信したりして、「ウ○キペデ○アは前者っぽい記述なのかな?」と思いつつも「あ…ボクは特撮ファンじゃない!」ことを改めて思い出したりしています(爆

投稿: どどまいや | 2011年1月31日 (月) 00時08分

ネタ被りも何もこんなレアシリーズ、
当時チョロっと見ただけだから何も憶えてまへん(笑)。
『朝日の恋人』単行本は出てる4巻までは持ってるけど、
以降は当時は出なくて、これだけ完全版刊行が盛んな
今日に至るまで出てないみたいだし…。

この作品とか『青春山脈』や『愛と誠』等の
梶原一騎純愛作品が大好きなんだけど、
『愛と誠』以外は無視に近いよね~('A`)

映像も1クールでDVD1枚に収まりそうだから
どこか出してくれないかな~!

投稿: fziro | 2011年1月31日 (月) 10時48分

>fziro様
コメントいただきありがとうございます。

単行本4巻お持ちなだけで十分凄過ぎだと思います。あらためて恐れ入りました。

DVDは出ないかな~、と自分も思っていますが、とりあえず東映chに放送リクエストをしようと思っていますw

投稿: どどまいや | 2011年1月31日 (月) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510114/50717518

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽の恋人:

« タイ式赤のカウンタック③ | トップページ | ポリトーイのエスパーダ② »