« 洸をねらえ! | トップページ | これまたレヴェントン »

とびだせ!マシーン飛竜

今宵は『とびだせ!マシーン飛竜』でまいりましょう。

A003

『~飛竜』は東京12チャンネル系でスーパーカーブームの渦中に放送されたアニメ番組。

Img7882

原作をタツノコプロ企画室が担当、東映エージェンシーとアニメフレンドが制作協力し、製作は東映とタツノコプロの連名で、1977年10月から放送開始されました。(OPテーマの作詞には八手三郎が名を連ねています

Img7892

東映動画+フジテレビが『マシンハヤブサ』『アローエンブレム・グランプリの鷹』を制作。

東映+テレビ朝日+大広で『激走!ルーベンカイザー』(製作協力:和光プロ)、『超スーパーカー・ガッタイガー』(当ブログには目下未登場w)(原作:千秋ひとし)は永和、日本経済広告社の製作で放送されておりました・・・・東映づくしですネ。

大本命『サーキットの狼』はやはり東映が実写映画化しましたが、テレビ番組としては結局手をつけずじまいでした。

Img8122

『サーキットの狼』を放送するとなると暴走族、街道レーサー、違法な公道レースなどを正面から扱わなければならないので、子供向けのテレビ番組としてはスキップされたのではないでしょうか?

Rimg01842

また、テレビマガジンで人気のあった漫画『マシン刑事999』(少し下れば『ラジコン探偵団』)などを原作にする方法もあったかと思いますけど、主役のポルシェ934ターボ以下、実車ばかりが登場する(当たり前)ので、キャラクター商品を売りたい玩具メーカーがスポンサーになるメリットがないですよね。

タミヤ模型には声かけなかったのかしら・・・。

童夢-零を主役にして、モリタニとかがスポンサードするってのも考えたんですけど、ラジコン売るためではテレビ番組のスポンサー費用はペイできないのかな?

Rimg01442

実在する自動車に子供が食いついたスーパーカーブームと、キャラクター・コンテンツは相容れないもので、スポンサー確保のために企画された”スーパーカーアニメ”に鉱脈はなかった、と言えるのかもしれませんね。

スーパーカーを映像化作品としては東映の短編映画『池澤さとし 世界のスーパーカー』が一番良かったかな(爆)

Rimg01472

まあ、そんなことは置いといて、子供の頃『マシーン飛竜』番組を見た時、まずカントリー調のOP曲にドン引きました(笑)。

ボンネットにデカデカと描かれたバッファローみたいなマークも、子供のカッチョエエ!センサーに、ググっと来るモノではありませんでした。

A005

↑ 色がついていないとマシーン飛竜のカッコ良さが際立ちます。

飛竜のデザインは大河原邦男さん。

↓ 普通に見れば文句なしのヒーローメカです。

Img7903

番組の内容は、岬コンツェルンとガッポリコンツェルンのイザコザの尖兵として飛竜チームとゼニゼニチームがレースで争う、みたいな感じ。

他車も参加しているレースなんですが事実上、リッキーが運転するマシーン飛竜と、オッカナビッチの乗る悪役マシンの一騎打ちに終始していました。

Gif_kirinuki_small_down5

当然「正しいものが勝つ!!」ワケで、飛竜の戦績は圧倒的でした。

参戦したレースは、自らレースを棄権した時以外、ほぼ全てのレースで優勝しており、他のスーパーカーアニメと比べて圧倒的な勝率を誇っていました。

優勝したリッキーがヒロイン岬ナナとイチャイチャするのを尻目に、オッカナビッチはイカリーヌにお仕置きされるタイムボカンシリーズのパターンを踏襲。

でも、悪妻とはいえ、イカリーヌはナイスバディの超美人・・・。

Gif_kirinuki_small_down4

お仕置きされるといったって、所詮は夫婦のイザコザ。

「いじめられたって、奥さん美人だからイイジャン!」とか思って見ていましたw

今回のアイテムはタカトク合金の「マシーン飛竜」。

Rimg0157

6大ギミックを搭載した、意欲的な玩具であります。

Rimg0149

(1)ミサイル発射(バックミラーのパーツをミサイルボッドに差し替える

Rimg0159

(2)飛竜クラフト再現(側面のスラスターの向きを変える

Rimg0171

(3)飛竜チェンソー(手で引っ張り出す

Rimg0170

(4)エンジンカバー開閉

Rimg0176

(5)後輪にゴム・キャタピラ装着

Rimg0167

(6)飛竜ジャンプ体勢再現(ボンネットの赤いレバーで車高アップ、もうひとつの黒いレバーで元に戻る

Rimg0183

とまあ、こんな感じなのですが、パッケージと中身は大分異なりますw

Rimg0151

ぶっちゃけ、箱絵はアニメ仕様です。

Rimg0154

あと、マシーン飛竜のエンジンはV8ガソリンエンジンとロケットエンジン(?)を併用。

Rimg0164

コックピットは単座式。

独立したエマージェンシー・シートがついていますが、このレイアウトではリッキーとナナは車中でイチャイチャ出来ません・・・。

Rimg0179_2

↑ マッハ号の潜水能力はマシーン飛竜には受け継がれなかったようです・・・。

Img79122

最後は当ブログらしく、イカリーヌのサービスショット(笑)で終わりとしましょう。

Gif_kirinuki_small_down7

『とびだせ!マシーン飛竜』過去記事

栄光社うたのうほん ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2009/01/post-2090.html

丸昌ミニカード(リッキー&ナナ) ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2009/01/2-dc9d.html

丸昌ミニカード(イカリーヌ&ツンツン) ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2009/01/4-2b01.html

丸昌ミニカード(マシーン飛竜) ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2009/01/3-8a14.html

タカトク飛竜コプター ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2009/01/5-37ae.html

セイカのぬりえ ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/post-8885.html

EPレコードジャケ(コロムビア) ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/post-1887.html

|

« 洸をねらえ! | トップページ | これまたレヴェントン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

タカトク」カテゴリの記事

セイカノート」カテゴリの記事

コメント

これだけレアなミニカーが2台あるのもすごいけど、
飛びだせマシーンの飛び出す絵本がナ~イス!ヽ(´ー`)ノ

ところで、オッカナビッチって
イカリーヌコワイってことでつよね(°∀° )

投稿: fziro | 2010年12月24日 (金) 00時21分

>fziro様
コメントいただきありがとうございます。

やっぱりオッカナビッチの独り相撲ですよねw

ご指摘のとおり、とびだす絵本は『グラ鷹』ではル・マンの熱戦を完全収録してますから結構侮りがたいですw

投稿: どどまいや | 2010年12月25日 (土) 23時37分

すごい!2台もおもちなんて!
さしつかえなければ、どちらでおいくら位で
購入されたのですか?教えて欲しいです!
 今、一番欲しいアイテムなんです!

投稿: こーじ | 2013年1月 1日 (火) 16時13分

こ~じ様

コメントをお寄せいただいたのに、当方、ネットから離れていたのでお返事が遅れてしまい大変申し訳ございません。

当方は生まれも育ちも静岡県中西部地方に在住でして、マシーン飛竜はリアルタイムで放送されていなかったと思います。
※静岡県東部地方はテレ東(当時の12チャンネル)がクリアに受信可能。中部地方は一部地域で12チャンネルの電波が拾えました。
西部地方は写らなかったのではないかと思います(不勉強のため、テレ東ネット局のテレビ愛知を当時視聴できたかどうかは知らないです)

で、この玩具の1台は、そんな感じで放送していたの?っって印象の静岡県西部地方にある某玩具店のデッドストックで、もう1台はセカンドマーケットで入手したので詳細は不明です。

絶版玩具等は、お金にモノを言わせれば入手は容易かとも思われますが、焦らずボチボチッと待っていれば、いつかきっと入手できると思います!

投稿: どどまいや | 2014年1月 4日 (土) 18時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とびだせ!マシーン飛竜:

« 洸をねらえ! | トップページ | これまたレヴェントン »