« 序・ロQ | トップページ | 365歩のチータ⑦ »

絆 -ネクサス-

というワケで、ウルトラマンネクサス(2004年CBC/円谷プロ)でまいりましょう。

Ne_001

まずはヒロイック、

今回のアイテムはバンダイから放送当時発売されたカプセル玩具「ウルトラマンネクサス

合体ネクサスマシン!!」(ストーンフリューゲルを含む全4種)から、クロムチェスター3機種です。

Rimg0477

クロムチェスターはTLT(ティルト)が所有するスペシャルマルチロールファイターで、チェスターシリーズとして特殊任務班ナイトレイダー隊に配備されました。

Rimg0478

当初α、β、γの3機が投入され、3機はフォーメーションの組み換えで重戦闘機:ストライクチェスター、陸戦機動砲撃形態:メガキャノンチェスター、重ドリル戦車:ディグチェスターに合体することができます。

Rimg0482

この玩具はカプセルトイながらこの3形態に合体することが出来るスグレモノ。

Rimg0485

合体に備え(?)、各部の可動も細かく作られています。

Rimg0480_2

「~ネクサス」は、あまりに救いの無い陰鬱な展開に視聴者がドン引きし、ウルトラマンのTVシリーズとして史上初の打ち切りを決定付けてしまいました。

Ne_004

26話から適能者が千樹憐となり重苦しい雰囲気は和らぎ、反感の要因のひとつだったMPからシリーズ後半のヒロイン野々宮瑞生が登場し、憐との交流を絡めながら、第36話「決戦-フェアウェル-」を迎えることが出来ました。

Ne_005

この番組については色々ありますが、ED3曲のうち2曲を担当したこの方(↓)も(色んな意味で)被害者と言って差し支えないでしょう。

Uka1

ここからは同じくバンダイから発売されていた「ウルトラメカセレシリーズEX~ウルトラマンネクサス編~」。

Rimg0487

サイズは上記のカプセル玩具と同じ、全長(平均)約5センチの小サイズで、クロムチェスターδを加えた5種構成のディスプレイモデルとなります。

クロムチェスターαはホーミングマイクロミサイル「スパイダー」、機体下部に「バニッシャーレーザーキャノン」を装備したチェスターシリーズの代表機種。

Rimg0490

クロムチェスターβは指揮官機。通信・索敵能力に優れ、機首にレーザーバルカン2門、機体両舷にメガレーザーを装備します。

Rimg0492

クロムチェスターγは高出力ジェネレーターを装備し、合体後に強力な動力源の役割を果たす機体。ビースト反応を探知・追尾するマイクロミサイル「アビロック」で武装しています。

Rimg0493

クロムチェスターδは、メタフィールド突入用に新規に開発された機体で、γ機のメタルジェネレーターを強化改良したハイパージェネレーターを搭載していまする。ストライクチェスターに合体する事で最強形態ハイパーストライクチェスターとなります。

Rimg0496

ネクサスのEDは3曲あったと思いますが、2番目の曲をチョイスしました。

何故か、もいっちょ!

最後に今回登場した玩具の勢ぞろい。

Rimg0498

|

« 序・ロQ | トップページ | 365歩のチータ⑦ »

バンダイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510114/47913048

この記事へのトラックバック一覧です: 絆 -ネクサス-:

« 序・ロQ | トップページ | 365歩のチータ⑦ »