« ファイヤーバード・カウンタック | トップページ | レーシング娘ジュン »

ポッコちゃんがすき

今宵は『ジムボタンで』まいりましょう!

まずは景気よく、堀江美都子さんのキビキビしたヴォーカルと、ミョ~にノリノリなカンジのこおろぎ’73のコーラスをどぞw

『クレヨンしんちゃん』で、しんちゃんが時々口にする「出発おしんこ~」は、このジムボタン(声:太田淑子さん)OPの勇ましい「出発進行!」に対するリスペクト。(多分w

Jim433

原作は1960年度ドイツ最優秀児童図書賞、1961年度国際アンデルセン賞を受賞したミハエル・エンデの児童文学『ジム・ボタンの機関車大冒険』で、1974年に放送されたテレビ漫画(NET毎日放送:エイケン)となります。

原作とアニメ版は著しく異なりますw

悪の大魔王:魔神ドリンガーの尖兵海賊キットがジムの住む町(ナンデモランド)を襲撃し、町の人々は次々と石にされてしまいます。

Jim4352

騒乱の中、ジムの母はドリンガーの居城に連れ去られ、ジムのカノジョのポッコは可愛そうなことに鳩に変えられてしまいます・・・。

Jim435_23

↑ って、超ラブリーなお姿にw

Jim435_221

さらにドサクサ紛れに、ジムの友達で発明家のルーカスが作った笛で操縦する機関車エマは意思を持ち、ジムの家に代々伝わるボタンは悪に打ち勝つ不思議な能力を秘めていることがわかります。

Jim433_2

かくして、魔神ドリンガーを倒して母さんを取り戻すため、ジムは鳩のポッコちゃんとともに、機関車エマに乗って旅立ちます。

『ジムボタン』の話題で、よくネタにされるのは、番組ED『ポッコちゃんが好き』で歌われる「ポッコちゃん」って、鳩のポッコちゃんのことで、人間体のポッコのことではないだろう、ってことですね。

Jim434_2

ビジュアル的に人間のポッコより鳩のポッコちゃんがキュートなのは致し方ないとして(オイオイ)、

人間形態のポッコは割と普通の地味目の女の子で、鳩形態になった「ポッコちゃん」は勝気な一方で、ジムの世話をやいたりもする王道系のヒロインw

鳩の姿に変えられたことで、人間形態の時には隠していたヒロインとしての才能が一気に開花したのでありましょう。

ドリンガーが部下にジムの母を誘拐させたのは、ジムの母に魔法のマントを仕立てさせるためで、完成したマントはジムの必殺武器「ボタンシュート」を跳ね返してしまいます。

Jim434

ポッコちゃんの捨て身の活躍でドリンガーは倒され、ナンデモランドに平和が戻るんですが、ポッコちゃんやジムがどうなるかは・・・数年前にス○パーで放送しており、また放送すると思うので未見の方はそちらをご覧ください・・・。

若干、つ~か、かなりネタバレしてますが、完全スルーでお願いします。

「ポッコちゃん」が「ポッコ」に戻った時、「ポッコちゃん」自身及びテレビの前のポッコちゃんファンにとって幸せだったのかは微妙です。

え?ジムにとってはどうだって?

Jim435_42

デメタシデメタシ。

|

« ファイヤーバード・カウンタック | トップページ | レーシング娘ジュン »

おまけ、くじ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510114/49950036

この記事へのトラックバック一覧です: ポッコちゃんがすき:

« ファイヤーバード・カウンタック | トップページ | レーシング娘ジュン »