« メタからダークなカウンタック | トップページ | マトモで残念(?)、ウルフ2号 »

その名はウルフ王

今宵もランボルギーニ・カウンタックでまいりましょう。

Rimg0321_2

昨日に続きポストホビー別注の1/64ミニカーです。

量産型LP500Sをベースに、ウルフ1号的なペイントを施しています。

Rimg0316

各部にゴールドのストライプが入っているので、ハイチ王仕様を思わせますw

Rimg0319

リアウイングの裏側および支柱、オーバー・フェンダーなど黒くペイントしていて、ウルフ1号機の特徴を押さえようとしています。

Rimg0315

京商ではウルフ・カウンタックの商品名を当時の「LP500S」ではなく「LP500」としていますが本モデルも同じ、ナンチャッテ・ウルフ・カウンタックなのでありましょう。

Rimg0310

右ミラー下の表面の荒れがヒドイこと、エンジンフードの黒いルーバーの塗装の乱れ、右テールランプ取付不良など、別注モデルにしては・・・どうなんでしょうねw

64countach_lp500_03

あ、こういう実車をモデル化したのかな?

|

« メタからダークなカウンタック | トップページ | マトモで残念(?)、ウルフ2号 »

京商」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その名はウルフ王:

« メタからダークなカウンタック | トップページ | マトモで残念(?)、ウルフ2号 »