« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

トビラの狼⑥

今宵も『サーキットの狼』でありましてよ。

Cha

↑ 沖田の形見フェラーリ・ディノで東名高速を走る風吹を、極道連のパンテーラ一味が付け狙う。

続きを読む "トビラの狼⑥"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トビラの狼⑤

今宵も『サーキットの狼』から、でありましてよ。

Ciaa_2

↑ 連載開始号の巻頭カラー1ページ目

続きを読む "トビラの狼⑤"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トビラの狼④

今宵も『サーキットの狼』でありましてよ。

Cia1

↑ 流石島レース。

早瀬の背後、スリップ・ストリームから抜け出した風吹がトップに立つ。

ミウラの不調を抱えた飛鳥はピットイン。

そして風吹は、海岸通りの早瀬とのバトルで、幻の多角形コーナリングを繰り出す。

続きを読む "トビラの狼④"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トビラの狼③

今宵も『サーキットの狼』から。

Cib2

↑ 終盤を迎えた公道グランプリに、黒いカウンタックを操る、ハマの黒ヒョウが乱入!

続きを読む "トビラの狼③"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トビラの狼②

今宵も『サーキットの狼』でありましてよ。

Cib1_2

↑ 流石島レース、早瀬とピーターソンのトップ争いのエピソードの扉絵。

このイラストはカバヤF1ガムの広告にも使用されました。

続きを読む "トビラの狼②"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トビラの狼

今宵も『サーキットの狼』でありましてよ。

Cic02_3

↑ 風吹、早瀬、沖田の三つ巴バトルで公道グランプリもファイナル目前!

続きを読む "トビラの狼"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

流石島で塗り絵

昨夜の公道グランプリ編に続き、今宵も『サーキットの狼』から、流石島レース編でありましてよ。

Cic01_2_2

流石島レース・スタート!

続きを読む "流石島で塗り絵"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サーキットのぬりえ

というワケで今宵は『サーキットの狼』でありましてよ。

Save_001

2007年に発売された『父と子のサーキットの狼 ぬりえ』であります。

ジャンプ連載当時のカラーイラスト、名場面モノクロページが何点か収録されていて、それを見ながら白黒絵を鉛筆でなぞる方式。

Save_001_4

↑ このイラストは、当ブログではカラーパネル版にて登場していますw

続きを読む "サーキットのぬりえ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

黄金のカウンタック

今宵は黄金特集・・・でわなくて一応、ランボルギーニ・カウンタックでありましてよ。

Rimg0427_2

某FC頒布品チョロQで、LP400typeの二次加工品であります。

Rimg0429

テールランプはランプ部分だけ塗装してあるのがイイ感じでありますね。

Rimg0431

続きを読む "黄金のカウンタック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エイコンのカウンタック

今宵もランボルギーニ・カウンタックでありましてよ。

Rimg0442

エイコンのカプセル合金から、カウンタックLP400となります。

Rimg0446

紙シールには、1/92のスケール表示があります。

Rimg0448

続きを読む "エイコンのカウンタック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森永のカウンタック

ということで森永のLP500S(写真右)とLP400(同左)を見比べてみましてよ。

Rimg0413_2

さらに、LP400をもう1台登場させます。

なぜLP400を2台使用するのかというと、このLP400には少なくとも2バージョンあるためであります。

Rimg0415_3

↑ 一見クリソツですが、よく見ると細部が異なります。

Rimg0424

↓ LP500Sのフロントを拡大。サブライトは凹モールドになっています。

Rimg0407

↑ LP500Sにはボンネットにエンブレムのモールドがあります。

ちなみに、LP400にはエンブレムはないことも覚えておくと、何かの役に立つかもしれません・・・ナイナイ

続きを読む "森永のカウンタック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幻(?)の森永ウルフ・・・

今宵もランボルギーニ・カウンタックでありましてよ!

Rimg0394

アイテムは当ブログに久々の登場となる、森永ソフトキャラメルのオマケとなります。

Rimg0396

スケールはおよそ1/72のプラスチック製品で、スーパーカーブーム当時に森永キャラメルのオマケとして売られていました。

Rimg0398

今風に申し上げると中身の選べないシークレット仕様でして、何故かマセラティ・メラクばかり引き当ててしまうのが難点でしたが、画像のとおり、お菓子のオマケと侮れない造形で、魅力的なミニカーでした。

まあ、お菓子のオマケは買うまで中身がわからないのは当たり前なんですがw

Rimg0402

当ブログにはカウンタックLP400を何点か登場させていますが、今回はLP500Sタイプの個体です。

あれ?森永のカウンタックにLP500Sがあったの??

・・・この記事は明日に続きます。

続きを読む "幻(?)の森永ウルフ・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フックなカウンタック

今宵も、ランボルギーニ・カウンタックでありましてよ。

Rimg0368

本日も駄菓子屋さんで売られていたユル系の吊るし玩具となります。

Rimg0370

全長は約6.5センチメートルのプラスチック製品。完成品ではなく簡単なプラモデルとして売られていたものです。

Rimg0372

続きを読む "フックなカウンタック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄色いLP400(仮)

今宵もランボルギーニ・カウンタック・・・でありましてよ。

Rimg0356

今日のアイテムもノーブランドの当時モノ玩具なんですが、出自等は失念中でありますw

多分、オダカのプラモデルを組み立てたモノだったと思います。

Rimg0358

全長約7センチメートルの軟質プラ製品でご覧のとおり、カウンタックLP400です。

Rimg0359

続きを読む "黄色いLP400(仮)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウルフとランボでダシュダシュ、クンタッシュ

今宵も、ランボルギーニ・カウンタックでありましてよ。

Rimg0327

「カウンタックLP500Sダッシュカー」となります。

Rimg0328

全長は約9.3センチメートルでオールプラスチック製。

Rimg0331

駄菓子屋さんで売られていた吊るし玩具であります。

Rimg0343

この玩具、当ブログには未開封品を登場させたことがありますが、今回は開封済みの個体であります。

Rimg0333

ギミックは搭載していないので、コロ走行のみ。

Rimg0340

付属の緑のパーツが発射台でありまして、カウンタックを乗せてスイッチを押すと、ゴムの反発でカタパルトよろしくカウンタックを射出!

Rimg0336

商品名どおりに、カウンタックはダッシュ走行するわけでありますな。

続きを読む "ウルフとランボでダシュダシュ、クンタッシュ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すごいぞ!イオン・エンジン

Hayabusa_01

続きを読む "すごいぞ!イオン・エンジン"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

GIFテスト

Macross_gif_small

続きを読む "GIFテスト"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山勝のカウンタック

今宵はランボルギーニ・カウンタックでありましてよ。

Rimg0380

大きさはほぼトミカサイズ。カウンタックLP500Sのプラスチック玩具であります。

Rimg0383

この個体はスーパーカーブロマイドの景品なんですが、吊し玩具として売られてもいましたし、同一金型で金属製品も存在する、メジャー級のち~ぷトイであります。

Rimg0386

↑ サブライトにはクリアパーツが使用されています。

続きを読む "山勝のカウンタック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪魔の記号⑤

今宵は正真正銘のランボルギーニ・ディアブロのミニカー・・・で ありましてよ。

Rimg0308

今回のミニカーはHWのランボルギーニ・ディブロ。製造国はマレーシアとなります。

Rimg0310

車体透視図を模したグラフィックが美しいのであります。

Rimg0314

↓ タンポ印刷は後部にもしっかり回り込んでいます!

Rimg0312

続きを読む "悪魔の記号⑤"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪魔の記号④

今宵もランボルギーニ・ディアブロのつもり・・・で ありましてよ。

Rimg0289

トミカより少しだけ小さいサイズで、中国製ノーブランドのダイキャスト・ミニカーです。

Rimg0292

↓ ディアブロの特徴がかろうじて再現されているんだ!と主張しておきますw

Rimg0294

↓ モーターマックスのディアブロと並べてみました。

Rimg0303

モーターマックスのディアブロは、神崎ガチャで引き当てた既出品でありましてよ。

続きを読む "悪魔の記号④"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪魔の記号③

今宵もランボルギーニ・ディアブロのつもり・・・で ありましてよ。

Rimg0279

トミカより少し小さ目サイズで、中国製ノーブランドのダイキャスト・ミニカーです。

Rimg0281

↓ この辺のディテールはディアブロを彷彿とさせなくもありません。

Rimg0283

続きを読む "悪魔の記号③"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪魔の記号②

今宵もランボルギーニ・ディアブロのつもり・・・で ありましてよ。

Rimg0271

トミカより一回り近く小さ目なサイズで、中国製ノーブランドのダイキャスト・ミニカーです。

Rimg0273

↓ この辺のディテールはディアブロを彷彿とさせますが、

Rimg0276

続きを読む "悪魔の記号②"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪魔の記号①

今宵はランボルギーニ・ディアブロ・・・のつもりで ありましてよ。

Rimg0263

トミカより少し小さ目サイズの中国製ノーブランドのダイキャスト・ミニカーです。

Rimg0265

↓ この辺のディテールは、十分ディアブロを彷彿とさせますが、

Rimg0267

続きを読む "悪魔の記号①"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪魔のブロック

今宵はランボルギーニ・ディアブロです。

Rimg0242

アイテムは全長約14センチメートルで、メーカー不明の中国製プラスチック玩具です。

Rimg0243

プルバック走行ギミックがついた、一見何の変哲もないチープ玩具なんですが。

Rimg0246

続きを読む "悪魔のブロック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

365歩のチーたん④

今宵はランボルギーニ・チータです。

Rimg0257

アイテムはご覧のとおり、ダイヤペット1/38スケールの「ランボルギーニ・チータ4WDカスタム」(T-40)で、既出品のカラバリとなります。

Rimg0258

マットブラックの塗装がシブいミニカーです。

Rimg0260

続きを読む "365歩のチーたん④"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディアブロ三昧

今回は、ランボルギーニ・ディアブロで、いずれもトミカサイズの中古ミニカーであります。

まずはマジョレット

Rimg0180

次がMaisto

Rimg0178

こちらがWELLY

Rimg0176

集合写真であります

Rimg0196

続きを読む "ディアブロ三昧"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペシャルでマックスなカウンタック・・・

というワケで、ランボルギーニ・カウンタックです。

Rimg0156

今回はMaistoのカウンタックとなります。

Rimg0158

いわゆるトミカサイズ、3インチ系のダイキャストミニカーで、当ブログには三回目の登場となります。

Rimg0160

ご覧いただいているのは Special Editionシリーズですが、

Rimg0162

どこがスペシャルなんだろう・・・などと、ボクが言ってはイケません

続きを読む "スペシャルでマックスなカウンタック・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムラサキュ~・・・苦

というワケで、ランボルギーニ・カウンタック・・・であります!!

Rimg0197

ご覧のとおりのタカラ・チョロQから、カウンタックLP400(Iシリーズ(紫)A-2)が今回のアイテムです。

Rimg0204

今更ですけど、近年復刻モノは「LP400 type」で、当時モノは「COUNTACH」なんでありますよ。

Rimg0206

そんなのは当たり前?・・・・申し訳ないですw  m(_ _)m

続きを読む "ムラサキュ~・・・苦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お詫び

(*_ _)人ゴメンナサイ

Sae_040

続きを読む "お詫び"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

悪の華

そ、それは桜の代紋!

Aaed008

スケバンまではった この麻宮サキが何の因果か落ちぶれて、今じゃマッポの手先

Rimg0121

てべえら!ゆるせでえ!!

Rimg0120

というワケで、今回は『スケバン刑事』(1985年/東映:フジテレビ)に関連して、フォルクスワーゲン・コラードであります・・・・。

Rimg0207

普通、『スケバン刑事』の劇中車って言ったら、神恭一郎のポルシェだろ!って?

Rimg0118

(↑画像はイメージです m(_ _)m)

ふ~ん シランモンネ~~。

コラードは1988年にデビューした、VW初のリアルスポーツカーであります。

Rimg0210

といいながら、基本コンポーネンツはゴルフⅡと共有だったりします。

電動リアスポイラーは、車速が時速70キロを超えると自動的に展開し、スピードが落ちると自動格納される、と雑誌に書いてあり、「こりゃあ、エエわ」と販売店に行ったんですけど、試乗車はありませんでしたw

Corrado_1

ちなみに、コラードSCモデルの国内プライスは600万円オーバー。

バブル経済の真っ盛りで、この価格設定もアリだと思ったんですけど、車自体がちょっと真面目過ぎると言うか、コンサバって言うのか、まあ、ぶっちゃけ地味だったのかもしれません。

Corrado_2

1.8リッターSOHCにSC付の「G60」と、2リッターV6の「VR6」がトップグレードとして有名です。つ~か、グレードは3種類しかなかったかも(汗

Rimg0213

続きを読む "悪の華"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

きゃぷちゃてすと

え~、いつもならGIFテストのお時間なんですが、

Img008_4

続きを読む "きゃぷちゃてすと"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

翔べ!ランボル(違

♪燃え上がれ!燃え上がれ!燃え上がれランボル~♪

Rimg0141

君のランボルは燃えているか!・・・不謹慎(深謝

Rimg0124_2

ファースト・ガンダムの曲に乗って、今回はランボルギーニ・ムルシエラゴ・・・であります!!

Rimg0143_2

ミニカーの方はご覧のとおりHWで、最近国内販売が開始されている感じであります。

Rimg0144_2

現在のランボルギーニ社はアウディ・グループの傘下にある訳ですが、このムルシェはディアブロの正常進化版の趣きが強いマシンです。

Rimg0146_2

縦置きのV12気筒エンジンの動力は、運転席側のトランスミッションを介して駆動輪に伝達される伝統の「カウンタック方式」は、このムルシェにも受け継がれております。

Rimg0154

続きを読む "翔べ!ランボル(違"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美しすぎる弁当屋・・・

というワケで、今回はランボルギーニ・レヴェントンとなります。

Rimg0127

ご覧のとおり、HOT WHEELS SPEED MACHINES からのエントリーとなります。

Rimg0130

HWのレヴェントンはマットブラックみたいな、通称”レベントンたん”が既出だったと思います。

Rimg0132

実車は20台限定発売で、価格は軽く1億円超。

Rimg0134

6.5リッターV12DOHC48バルブエンジンは650馬力を叩き出すそうであります。

続きを読む "美しすぎる弁当屋・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »