« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

カウンタックのくじ

というワケで、ランボルギーニ・カウンタック・・・でありますのだ!!

今回は・・・・くじ。

Img002_2

続きを読む "カウンタックのくじ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メカブトンだペッチャ

というワケで、今日はメカブトンですが・・・ササッとまいりましょう。

Aaed004

メカブトンはタイムボカンシリーズ第1作『タイムボカン』の主役メカ。

Aaed003

時間の彼方に行方不明となった木江田博士を探す丹平くんと淳子ちゃんが搭乗するタイム・マシンで、シリーズ序盤ではズバリ「タイムボカン」と呼ばれていました。

Aaed001

メカブトンは空中型万能メカのテントウキと、水中メカであるヤゴマリンを収納していますが武装らしい武装はされておらず、毎回、三悪の攻撃を受けてピンチの連続でありました。

Aaed005

最初に、ユニファイブの真合金メカブトン(ノーーマル・カラー版)

Aaee_51

そして、ユニファイブの超真合金メカブトン(ノーマル・カラー版)

Aaee_54

以上2点は同じに見えますがw

Aaee_56

向かって左側が真合金で、右側が超真合金メカブトンとなります。

続きを読む "メカブトンだペッチャ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カウンタックは現金で・・・

というワケで、ランボルギーニ・カウンタック・・・でありますのだ!!

Aaee_35

今回はスーパーカー小銭入れ・・・定番グッズでありますな。

Aaee_37

ともあれ、チャチャっとまいりましょう(爆

続きを読む "カウンタックは現金で・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンクなカラボ

今回はジャンク・ミニカーなのでササッとまいります。

Aaee

ネタ(!)は CARABO BERTONE、2台とも1/43スケールのダイキャスト製品となります。

Aaee_3

1台目はVEREMのCARABOのジャンク品。

Aaee_22

このCARABOがSOLID製品と共通金型であるのことはご承知のとおり。

Aaee_5

精密なドア開閉ギミックが素晴らしいなあ・・・。

Aaee_7

もう一方は、DINKY TOYS製なんですが・・・

Aaee_11

この個体は、ぶっちゃけ、ドがつくジャンク品(大笑)

Aaee_12_3

修復の目途は・・・

Aaee_16

まったく立っていません(キッパリ!!

Aaee_18

まあ、いいか   (Mecannique Alfa Romeo P.33の刻印が親切ですw)

Aaee_19

続きを読む "ジャンクなカラボ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

♪冷凍・・・カウンタック(汗

というワケで、ランボルギーニ・カウンタック・・・でありますのだ!!

Aaee_25

今回のアイテムはサクラのスーパーカー「ランボルギーニ・カウンタックLP400」(1/43)。

Aaee_27

1/43スケールのダイキャスト製などと今さら言うまでもなく、あの時代を象徴するミニカーですね。何を象徴するかって?

Aaee_30

それはモチロン、一瞬で過ぎ去ったブーム後、売れ残って玩具店に大量に積み上げられた不良在庫の筆頭選手としてw

Aaee_31

LP400のオレンジ・ボディ車は黄色ボディと並ぶ、スーパーカー小僧にとってのLP400代表選手で、日本輸入第2号車としても有名。その個体は現在でもオジリナルかつベストなコンディションを保ちつつ、自動車雑誌やイベントに引っ張りダコなのもご承知のとおりであります。

Aaee_33

サクラ1/43のLP400は赤色、黄色、銀色、白赤が既出ですので、今後何が出るのかは・・・なんか、バレバレですね(恥。

続きを読む "♪冷凍・・・カウンタック(汗"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ポリコなガヤルド③

というワケで、ランボルギーニ・ガヤルド・・・でありますのだ!!

Aaef_1

今回はご覧のとおり、HOT WHEELS SREED MACHINES シリーズのGALLARDO POLIZIAとなります。

Aaef_8

POLIZIA現車に近づけることより、HWカラバリのポジションであることにこだわったような潔さを感じさせてくれるミニカーです・・・ホンマカイナ

Aaef_9

塗装やタンポにムラがあって、結構個体差を感じています。

Aaef_11

ガヤルドPCはイタリア警察が採用したのではなく、篤志家(っつ~か団体)寄贈とのこと。

Aaef_15

とはいえ、マシンがコンパクトなので、バックミラーにこのマシンが映っても違反者はビビらないかもw

Aaef_13

既出のガヤルドタンと並べてみました。

Aaef_18

パッケージのイラストは大迫力!

Aaef_6

続きを読む "ポリコなガヤルド③"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャグワーの穴

トラだ! トラだ!! お前はトラになるのだ~!!!

Aaa001

というワケで、今回の記事は『タイガーマスク』(1969年:東映/よみうりテレビ)を「ネタ」にしておりますです、ハイ。ちなみに『タイガーマスク』関係は、当ブログ3回目となります(恥

Aaeg009

孤児院「ちびっこハウス」で育った伊達直人は「トラのように強くなるんだ!」と決意して施設(遠足先の動物園)を飛び出し、そのまま行方不明に・・・なります。

Aaeg005

やがて年月は流れ、海外プロレス・マットを震撼させた悪役レスラー「タイガーマスク」が来日。「黄色い悪魔」悪名どおりの極悪非道なレスリングを繰り広げ、ファンの罵声を浴びるようになりました。

Aaeg001

タイガーマスクの正体こそ、あの伊達直人で、ちびっこハウスを飛び出した後、悪役レスラー養成秘密機関「虎の穴」に入門。「虎の穴」での地獄の猛特訓に耐え、レスラーとしてデビューし、今日の地位を築いたのでありました。

Aaeg002

久しぶりに「ちびっこハウス」を訪ねた直人を温かく出迎えたのは、美しく成長したルリ子さん(爆!

Aaeg007

そして、ちびっこハウスが資金不足のため窮地に追い込まれている厳しい現実で、ハウスは今日にもその土地を追われるかもしれないという状態でした。(↓は、あくまでもイメージですw)

Aaeg006

直人はハウスへ資金を提供することを決意しますが、それはファイトマネーを上納する「虎の穴」の鉄の掟に背く行為でありました。

Aaeg008

かくして、正体を誰にも明かさないまま正統派レスラーに転向したタイガーの、虎の穴が送り込んだ刺客レスラーを迎え撃つ、孤独な戦いが幕を開けたのでありました。

Aaeg004

続きを読む "ジャグワーの穴"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポリコなガヤルド②

今回はランボルギーニ・ガヤルド・・・でありますのだ!!

Aaeg017

当ブログに時々登場する、ガヤルド・ポリッツアであります。

Aagd_1

今回のアイテムは、AMERコレクションのミニカーです。

Aagd_6

1/43スケールのダイキャスト製品で、台座等が付属しないコロ走行タイプのミニカーです。

Aagd_7

1/43サイズで開閉ギミックがついているPOLIZIAとしては、最もチープな部類に入ると思っておりますw

Aagd_12

続きを読む "ポリコなガヤルド②"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マッチなカウンタック

というワケで、ランボルギーニ・カウンタック・・・であります、一応。

Aagd_21

今回は久々となるスーパーカー・マッチとなります。

Aagd_19

前回のマッチ箱は大箱でしたが、今回はレギュラー(?)サイズのマッチ箱であります。

Aagd_17

図柄は言うまでもなく、カウンタックLP400とLP500S。

Aagd_23

2箱登場させていますが、デザイン的には同じ物でして、表と裏の図柄をお見せしているだけなのであります。

Aagd_25

続きを読む "マッチなカウンタック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

REALカウンタック・・・

というワケで、ランボルギーニ・カウンタック・・・でありますのだ!!

Aaeg0043_2

トミカサイズのダイキャスト製品ですが、ご覧のとおりのジャンク品w

Aaeg0043_4

細かいタンポ印刷が効果的でナカナカに侮れません。

Aaeg0043_5

続きを読む "REALカウンタック・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あれはガチャルド(違

というワケで、またもや300円ガチャのミニカーから

Aag_9

ランボルニーニ・ガヤルドのスーパーレジェーラとなります。

Aag_17

ガヤルドは2003年にデビューした5リッターV10にビスカス4WDを組み合わせたホットモデル。

カウンタック→ディアブロと受け継がれたランボルギーニの旗艦は、2001年に登場したムルシエラゴが務めているため、ガヤルドの発表当時はベビーランボの再来かと思われましたが、500馬力を超える出力と2500万円を超える国内プライス・タグは、決して「ベビー」の座に甘んじるマシンではありませんでしたw

このガヤルド、セールス的にランボ史上最も成功したモデルとして知られ、デビューから7年経った現在でもその人気は衰えを知らず、進化モデルが市場に登場しています。

スーパーレジェーラは2007年に登場した改良モデルで、今回のガチャミニカーはこのマシンをモデル化したものです。

今回は比較用にHWのガヤルドLP560-4(↓)を一緒に登場させてみました。

Aag_3

2台並べてみると、向かって左側のドアミラーを再現しているのがガチャのスーパーレジェーラで、右側がHW版となります。

Aag_15

続きを読む "あれはガチャルド(違"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緑のカウンタック

というワケで、ランボルギーニ・カウンタック・・・でありますのだ!!

Aahe_1

マッチボックスと・・・

Aahe_3

あれ?何だっけ(ウソ

Aahe_9

続きを読む "緑のカウンタック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カバヤのカウンタック

というワケで、ランボルギーニ・カウンタック・・・でありますのだ!!

Aahe_15

サクサクっとまいりましょうw

Aahe_20

マジョレットのLP500Sからメジャー(!)な二台を

Aahe_18

続きを読む "カバヤのカウンタック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NSXをレンタルで

というワケで、300円ガチャのミニカーであります!!

Aahf_6

アキュラNSXって感じであります。

Aahf_12

青ければ文句なしなんですけど

Aahf_13

理由は今話題のエビちゃん!

Aah002

ではなくて・・・

Aah001

続きを読む "NSXをレンタルで"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

悪魔のガチャガチャ

というワケで、一昨日に続き、ガチャポンのミニカーから

Aahg001_1

今回はご覧のとおり、ランボルギーニ・ディアブロ

Aahg001_3

続きを読む "悪魔のガチャガチャ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

禁断のカウンタック

というワケで、ランボルギーニ・カウンタック・・・でありますのだ・・・

Aaim_14

・・・一応(汗

続きを読む "禁断のカウンタック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マカオのカウンタック

というワケで、ランボルギーニ・カウンタック・・・でありますのだ!!

Aimg_4_2

マッチボックスMB-94の「ランボルギーニ・カウンタック」となります。

Aimg_7

国内販売されていたマッチボックスの量産型LP500Sは、黄色の個体が登場済みのため、今回は赤ボディ車をチョイスしました。

Aimg_10

このタイプは、マカオで製造されたことは有名ですよね(シャーシの刻印ですぐに分かるしぃ~(爆))

Aimg_2

なお、一緒に写っているのは既出のBPカラー版の開封品であります。

Aimg_8

ぶっちゃけ、ボンネットにランボルギーニのエンブレムがある方が、この記事の主役であります。

Aimg_12

続きを読む "マカオのカウンタック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カウンタック襲撃犯

というワケで、ランボルギーニ・カウンタック・・・でありますのだ!!

Rimg0257

本日はノーブランドのプラ玩のLP500Sとなります。

Rimg0251

続きを読む "カウンタック襲撃犯"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太陽のカウンタック

というワケで、ランボルギーニ・カウンタック・・・でありますのだ!!

Rimg0260

今回はブリキ玩具で、全長は約22センチメートル。

Rimg0259

ご覧のとおり、スーパーカーブーム当時のLP500S、つまりウウルフカウンタックを玩具化したものであります。

Rimg0264

パッケージはすべて英語表記となっていまして、輸出仕様として製造されたのでありましょうか?

Rimg0267

有線操縦、いわゆるヒモコンというか、リモートコントロール操縦方式で駆動します。

Rimg0268

ブリキ玩具はプリントの美しさがひとつの売りでありまして、この個体も手持ち品の中ではコンディションが良好な部類に入ります。

Rimg0283

続きを読む "太陽のカウンタック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美女とランボル

まんまですがな!

001

続きを読む "美女とランボル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カミナリトルク

というワケで、『とびだせ!マシーン飛竜』から、

A003

今回のアイテムは、セイカノートから発売されていたセイカフレッシュ50。

続きを読む "カミナリトルク"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正調コンドールマン(笑

え~、いつもですと『コンドールマン』の記事は、アンゴル=モア殿のナレーションでお送りしているんですけど、

Aa004_3

今回は、何故かマトモに『正義のシンボル コンドールマン』EPレコードジャケであります。

Aa001

続きを読む "正調コンドールマン(笑"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

♪エプロンつけてクンタッシ(違!

というワケで、ランボルギーニ・カウンタック・・・でありますのだ!!

Rimg0208

ママレンジやピンク・レディ玩具で有名なアサヒ玩具さんが発売されていた「アサヒのラジオコントロールカー」シリーズの、ランボルギーニ・カウンタックLP500Sが今回のアイテム。

Rimg0217

全長は約30㎝。1/14スケールのプラ製の完成品トイラジとなります。

Rimg0228

4チャンネル方式で、プロポのステアリングを押すと前進、まわすと右・左折、さらに引くと後退が可能となっております。

Rimg0221

プロポーションはまずまずで、フロントスポイラーがかなり低目にセットされているので屋外走行にはまったく不向きですw

Rimg0231

(ってゆ~までもなく、屋外走行ダメって取説にも書いてあります。)

Rimg0229

リアフェンダー周りの表現やリアウイングは、LP400S以降のカウンタックみたいですねw

続きを読む "♪エプロンつけてクンタッシ(違!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »