« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

合体カウンタック

というワケで、ランボルギーニ・カウンタック・・・でありますのだ!!

Dan289

普段は当ブログでは禁じ手にしているプラモデル・ネタとなります。

と言いましても、外付けHDに保存してある写真データにアクセスできないので、代わりにインストをスキャナで読み込んで代用しております(これって、故障?

今回は、青島文化教材社さんから発売されていた「合体プラモデル カウンタック(GATTAI COUNTACH)」。

Dan290

世に言う「合体カウンタック」でございます。

Dan291

ブームの熱狂の中で発売された幾多のスーパーカー関連のキテレツ商品の中で、東の横綱が「カウンタックのお面」なら、この「合体カウンタック」は西の横綱と言っていいのではないでしょうかw

(「東」「西」の使い分けに深い意味はございませんので何卒御容赦をm(_ _)m)

Dan292

A-5号~A-8号のメカが合体して”カウンタック”になるのはご承知のとおり。

マメ知識として、カウンタック合体完了後の余剰パーツで、「合体カウンタックタグマシン400」「同500」「同600」が完成することにも言及しておきます(苦笑

Dan293

続きを読む "合体カウンタック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつ見ても破嵐万丈①

というワケで今回は『無敵鋼人ダイターン3』(1978年:名古屋テレビ/日本サンライズ)・・・でありますのだ!!

Dan299

本作の主人公である破嵐万丈とダイターン3については、ロンドベルのブライト・ノア艦長とともに大活躍したバンプレストさんのゲームソフト「スーパーロボット大戦」から入ったファンの方も多いことでありましょう。

Dan298

火星に本拠を構え、人間をメカボーグに変えるメガノイドによる地球侵略が進む世界。

Dan297

世界有数の大都市シン・ザ・シティ郊外に大邸宅を構え、「シテイにその人あり」とウワサの男:破嵐万丈は、美人アシスタント、ビューティフル・タチバナ、三条レイカとともにメガノイドの野望を打ち砕くため今日も戦う!

Rimg0365

そんな華麗な活躍を見せる万丈がメガノイドを、そして父を激しく憎む理由は、その暗い過去にあった。

Rimg0366

万丈の父:破嵐創造博士は、やがて宇宙に飛び出すであろう人類のために人間を強化した改造人間メガノイドの研究を行っていた。博士は妻を、そして万丈の兄をも実験の犠牲にしてしまう。

Rimg0363

その直前、万丈の母はマサアロケットに万丈とメガボーグ実験用のロボット:ダイターン3を乗せ火星から脱出させる。(メガボーグ制圧下の火星でのクーデターの最中の脱出劇、って方が正しいハズですけど(爆))

Rimg0381

そんな感じで、今回は万丈の地上用メカであるマッハアタッカー。

Rimg0388

マッハアタッカーは、一見アメリカンパトカー風の万丈用地上メカで全長は7.9m、自重3㌧。万丈の命令で現場に駆けつけますが、万丈以外の人間にも運転は可能です。

Rimg0390

前席はドライバーズシートのみで、美女アシスタント2名を後部座席に侍らせる事ができるゴージャスなマシンなのであります。

この座席配置は、マクラーレンF1みたいでありますな(世に出たのはマッハパトロールの方が先ですけど)。

Rimg0386

激しい戦闘に傷つきながらいつも美しい姿を保っているのは、執事ギャリソンによる手入れの賜物で、ワックスがけが終わるまでは万丈のマッハパトロール出動要請にも応じないようとしないこだわりようでありました。

Rimg0377

今回使用したのはクローバーから発売されていたマッハアタッカーのジャンク品。

ギャリソン未整備バージョン・・・って感じでしょうか?

変形①(フロントのフェンダーを展開させる

Rimg0368

変形②(前後のホイールがジョイントになっていて、展開したフェンダーを固定する。

Rimg0370

変形③・・・後部のエンジンを180度回転&垂直尾翼を展開、パトライトを押す。

この個体はジャンクなので、今回はここまでw

Rimg0372

続いてもう一台も・・・え?ヒツコイ?・・・大変失礼しまスた。

Rimg0374

現行アイテムである超合金魂「ダイターン3」(↓は画像のみ m(_ _)m)にも、

Dan296

変形可能なマッハパトロールが付属しています。

004

クローバー玩具のテイストを残していて、かなりイイ感じでありますねw

005

さらにダイファイターに格納→固定後に操縦席部分が切り離され、内部をレール移動し、ダイターン3のコックピット部分になるんですが、まあ、今回はこの辺で失礼しますw

え?

なんでジャンク品を使っているのかって?・・・

続きを読む "いつ見ても破嵐万丈①"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

(ピコッ)ファイト!ザボーガー!!

続きを読む "(ピコッ)ファイト!ザボーガー!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁発:大門軍団(違!

まずは、警視庁所属の特命捜査官:大門刑事の熱い叫びをお聞きくださいませ。

というワケで、今回は『電人ザボーガー』(1974年:フジテレビ/ピ~プロ)・・・でありますのだ!!

003

電人ザボーガーは、ひみつ刑事大門豊(23才)がリモートコントロール操縦する超科学ロボットである。

Dan356_2

悪之宮博士を首領とする悪の組織Σ団を倒すために活躍する。

Dan364

ザボーガーは高速オートバイに変身することもでき、300キロ以上のスピードが出る。

Dan358

またヘリコプター、マウスカーなどの偵察メカが入っており、無線で操縦できる。

Dan357

武器として、破壊力バツグンのチェーン・パンチ!ブーメラン・カッターなどがある。

002_2

外国での研修を終え帰国した特命捜査官:大門豊は、Σ団に殺害されてしまいます。

しかし、体が弱かった少年時代の豊に、亡き父:大門博士が埋め込んだ電極回路の作用で蘇生。

さらに電極回路に♪怒りの電~流~♪が♪ほ~とばし~る~♪ことでザボーガーが起動。

001

かくして、大門刑事とザボーガーの、Σ団を倒す戦いの日々が幕を開けたのであります。

Dan359

オートバイからロボットにチェ~ンジ!さらに頭部にヘリキャット、脚部にはマウスカーを内蔵するメカメカしい魅力が満載のザボーガーの人気は高く、近年でもマシンザボーガーのオモチャは相当数が発売されているのはご承知のとおり。

Dan363

↓ こちらはユージンSR(同じシリーズのストロングザボーガーDX版はインパクトありましたw)

Rimg0313

↓ こちらはプライズの・・・何だっけ(爆)・・・たしかピ~プロ関係のシリーズだったかと。

Rimg0310

並べてみました。

Rimg0314

CWのマシンザボ^ガーは開封品を持っていないので・・・あれ?終わり??

続きを読む "警視庁発:大門軍団(違!"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

通常より3倍赤いカウンタック

というワケで、ランボルギーニ・カウンタック・・・でありますのだ!!

Rimg0290_2

今回のアイテムは、THE GAS LIGHTER & CIGARETTE DISPENSER・・・。

Rimg0294_3

全長およそ20cmの金属製品。

Rimg0299_2

約1/20サイズのライター付灰皿でありますな。

Rimg0303_2

当方の記憶的には、観光地の土産物店の大人向けガチャの景品として見かけたアイテムであります。

Rimg0307_2

今なら、高速道路サービスエリアなどにある1000円ガチャや、セレブガチャにアソートされそうですが

Rimg0302_2

受動喫煙防止のため、喫煙場所が制限されている現在ではあり得ないでしょうね。

Rimg0305_2

続きを読む "通常より3倍赤いカウンタック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カウンタックの大学ノート

というワケで、ランボルギーニ・カウンタック・・・でありますのだ!!

今回のアイテムはB5サイズの大学ノートでありまして、表紙を飾るのは黄色のカウンタックLP400となります。

Pbn1438

サイドビューをあおり気味に捉えたアングルがカッコいいのであります。

Pbn1439

裏面はスーパーカーのスペックをご紹介。

続きを読む "カウンタックの大学ノート"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カウンタックのストックカー(違!

というワケで、ランボルギーニ・カウンタック・・・でありますのだ!!

Rimg0290

ジムカシステムの単品(LP400)は登場済みですので、今回はジムカシステムのセット品からのエントリーとなります。

Rimg0294

やはり、LP400をモデル化したものであります。

Rimg0297

↑ ジムカチャージシステム(タイマー式の充電器)の紙シールもカウンタックの図柄で、やる気にさせてくれますw・・・こちらはリアウイングがついているのでLP500S?

Rimg0303

この個体は未開封のまま放置しているわけですが、いつかオーバルコースで大暴れさせたいな、と。

Rimg0299

チャージシステムや、モーターが生きているかはナゾですけど(爆

ジムカLP400の単品:黄色 ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2008/03/lp400_9a8b.html

ジムカLP400の単品:赤色 ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2008/03/lp400_10b7.html

続きを読む "カウンタックのストックカー(違!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

COUNTACH on ESPANA

というワケで、ランボルギーニ・カウンタック・・・でありますのだ!!

Rimg0222

まさか、このパッケージは!! 

Rimg0224

ポ○トーイ?・・・んなワケありませんですのだ(爆

Rimg0226

てなワケで、今回はスペインからお届けします。

Rimg0259

ご存知の方も多いでしょうが、MIRAというメーカーのミニカーであります。

Rimg0229

トミカサイズで、画像のとおりプロトタイプ・カウンタックをモデル化したもの。

Rimg0230

カウンタック・プロトタイプをモデルにしたミニカーは極めて希少でして・・・

Rimg0236

などと言うと、何かすごい感じがしますけど・・・

Rimg0232

エンジン・フードが開閉します

Rimg0234

ミニカーの感じ、何となくお分かりですよねw

続きを読む "COUNTACH on ESPANA"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

セガQなカウンタック

というワケで、ランボルギーニ・カウンタック・・・でありますのだ!!

Rimg0183

セガのOUTRUN頒布品で、チョロQタイプのプルバックミニカーとなります。

Rimg0186

カウンタック5000QVをモデルとしている模様です。

Rimg0191

いわゆるひとつのモドQって感じでありますね。

Rimg0196

ごらんのようにカード型の収納ケースに格納することができます。

Rimg0192

文字どおり「CARDPOWAER」でありまして、

Rimg0194

ケースのゲートを開くとダッシュ走行!

Rimg0188

するはずはのですが、操作面が小さいため、ゲートがミニカーに干渉して上手くスタートするとこはできないのでありますw

続きを読む "セガQなカウンタック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

♪だ~から宇宙のサイドカー♪

今回は『宇宙の騎士テッカマン』(1975年NET系列:タツノコプロ)・・でありますのだ!!

252

環境破壊が進み、人類の生存が困難となりつつある地球では、人類を他の惑星に移住させる計画が進められていた。

だがある日、突如として悪党星団ワルダスターが襲来。地球を征服しようと攻撃を開始する。

ワルダスターに対抗するため、宇宙開発センターの天地局長は、スペーツナイツ隊を結成する。

138

その中心となるのが、テックセット・システムにより、肉体細胞を凝縮強化して誕生する「テッカマン」である!

137

しかし、スペースナイツの奮闘もむなしく、ワルダスターの兵力は圧倒的であった。

251

そして、戦いの場は宇宙から地球上へと移された。

テッカマンおよびぺガスのシステムは宇宙空間での戦闘用に設計されたものであり、想定外の地上戦では苦戦の連続であった。

139

とくに地球上では機動兵器としてのペガスが思うように運用できず、テッカマンは窮地に陥った。

地球の重力下では極端に活動が制限されてしまうテッカマンのため、強力な支援メカが用意された。

それが「テッカマン・サイドカー」である!!

Rimg0285

テッカマン・サイドカーの戦果は目覚しく、ワルダスターを地球上からたちまちのうちに駆逐してしまったのだ。

Rimg0287

なお、サイドカーの圧倒的なテクノロジーの出自は極秘とされているため、↓ の画像を提示するにとどめておく。

Rimg0263

果たしてそれは、外宇宙からもたらされたオーバーテクノロジーだったのもしれない・・・

ウソツケ!\(*`∧´)/

続きを読む "♪だ~から宇宙のサイドカー♪"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カウンタックのリアビュー

というワケで、ランボルギーニ・カウンタック・・・でありますのだ!!

Rimg0206

1/50サイズのコロ走行ミニカーで、この個体はご覧のとおり中古品であります。

Rimg0209

フェンダー後部の切り欠きがヒンジになっていてドアが開閉します。

Rimg0220

底板には「LAMBORGHINI COUNTACHLP500」「MAIDE IN JAPAN」とあります。

Rimg0215

シンセイ・ジェットマシンミニ(LP500S)の黒?って感じがしないでも・・・。

続きを読む "カウンタックのリアビュー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エキサイティングなカウンタック

というワケで、ランボルギーニ・カウンタック・・・でありますのだ!!

Rimg0172

今回はバンダイ「エキサイト・レーシング200」付属品。

Rimg0173

あれ?「エキサイティング」だったかな?(爆

Rimg0175

続きを読む "エキサイティングなカウンタック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウルフ5号車のナゾ

というワケで、ランボルギーニ・カウンタック・・・でありますのだ!!

Rimg0095

一昨日に続いてのトミカ・ネタとなります。

Rimg0092

今回は外国車シリーズランボルギーニ・カウンタックLP500S(F50)からウルフ1号車(F50-1-2)です!

Rimg0101

え?既に散々登場しただろう!って?

続きを読む "ウルフ5号車のナゾ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハイチ王子のイオタ

神秘のベールに包まれた幻の名車、ランボルギーニ・イオタ

Lamborghini_muira_jota_001

正式名称をLAMBORGHINI JOTA MIURAと言い、ランボルギーニの正式なラインナップではイオタは製産されておらず、1970年に1台だけ試作された。

Lamborghini_muira_jota_003

それを西ドイツで8台コピーされたと言われるが、正確な生産台数は不明である。

175

ミウラSVをベースに作られたこの車は、V12型12気筒DOHC3929㏄エンジン、最大出力385ps/7850rpmはSVと同じであるが、ボディが180㎏軽量化されているためその最高時速は300㎞/h以上と言われている。

というワケで、当ブログとしては珍しく、ランボルギーニ・イオタ・・・でありますのだ!!

Rimg0142

今回のアイテムは永大グリップテクニカ1/28の「ランボルギーニ・イオタ」となります。

Rimg0146_2

テクニカ1/28シリーズからランボルギーニ車は、カウンタック、ミウラ、シルエット、そしてこのイオタがラインナップされていました。

当ブログにも登場したシルエットは①ライト、②ドア、③ボンネット、⑤エンジンフード開閉ギミック付きとギミック大盤振る舞いでありました!

Rimg0149

一方、このイオタのギミックは、ドアとエンジンカウル開閉のみ。

同じ永大のプラモデルの、定価300円のゼンマイ動力で走るミウラでさえ、前後のカウルが開いたりしていたので、1700円もするミニカーなのにギミックがふたつだけ、ってのは割高な印象がありました。

Rimg0150

ルーフウイングに仰角ついてるのもナゾ(!)なんですけど、当時発売されたごく少ないイオタのミニカーの中にあって、面構え、ロー&ワイドなプロポーションが突出しており、迫力十分であります。

Rimg0152

ちなみに、当時のイオタのミニカーはシンセイJETマシンミニ、サクラ1/43などがありました。

176

ネガティブな話となりますが、テクニカ1/28シリーズ中でも、特にこのイオタにクリアパーツ(ウインドウ)の収縮劣化が多いのも特徴と言えば特徴でしょうか?

Rimg0154

続きを読む "ハイチ王子のイオタ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンペイントなカウンタック

というワケで、ランボルギーニ・カウンタック・・・でありますのだ!!

Rimg0067

今回のアイテムは、トミカ外国車シリーズからカウンタックLP400(F37)。

Rimg0068

いわゆるひとつの、無塗装トミカでありますな。

Rimg0070

シンプルなデザインのLP400が塗装していない状態だと、ミニカーの繊細な造形がよく分かる気がします。

Rimg0072

当方はミニカー・コレクターではありません(コレ本当!)し、あまり興味もないんですけど、アンペイント・バージョンというのはマッチボックス辺りを起源とするのでありましょうか?

Rimg0074

続きを読む "アンペイントなカウンタック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

着痩せする相棒

「バドーの悪事が続く限り、ロボット刑事Kの戦いも終わらないのだ。」

(↑は、野田圭一さんの声で読んでね)

073_2

というワケで、今回のネタは『ロボット刑事』(1973年:東映/フジテレビ)・・・でありますのだ!!

079

悪人に犯罪ロボットをレンタルする謎の組織バドーが暗躍する時代。

078

バドーの陰謀に対抗すべく、警視庁特別科学捜査室にロボット刑事Kが配属されます。

077

Kは、バドーロボットを葬り去る戦闘ロボットではありますが、人間にも負けないような純真な心も持ち合わせています。

076

詩を書いたりする意外な一面もあり、芝刑事の娘たちに見つかって慌てて隠そうとする一幕もあり、そんな恥ずかスい時に人間的な感情を備えたKの目は青くなる・・・というのはウソで、目が青くなるのは芝刑事にキツいこと言われたや悲しい時など、でありますな。

070

Kは黄色のベレー帽に真紅のブレザーといういでたちで通常捜査にあたります。

071

そして、怒りに燃えてバドーに立ち向かう時、Kの目は赤色に変化します。

ついにバドーロボットを追い詰めた時、「ゴー!」の掛け声でこれらを脱ぎ去り、臨戦態勢に突入するのであります!

072

そんなKが使用するパトカーがジョーカー。

074

以下の画像はカプセルポピニカの「ジョーカー」となります。

Rimg0104

カプセルポピニカはオリジナルのポピニカを縮小したカプセル玩具・・・

Rimg0106

・・・なのは承知しているつもりですが、小サイズなのに運転席に「K」の彩色フィギャが搭乗しているのには正直ビックリしました。

Rimg0110

リア周りの再現も丁寧です。

Rimg0108

でも、ボディーが細長い感じw

Rimg0113

こちらはキャラウィールの「ジョーカー」。

Rimg0114

ファットに表現している印象

Rimg0119

う~む、テールランプの色が外から赤→オレンジ→黄色にキチンとなっていますな。

Rimg0120

どこから見てもマトモっつ~か、真面目ですねえ(爆

Rimg0116

バドーとの戦いは日々激しさを増し、番組終盤で、Kは自らの改造を申し出ます。全身真っ赤のKの各部が開いて、内蔵された武器が展開するカッコ良さは『大空魔竜ガイキング』の「フェイ~ス!オープン!」に通じるものがありますな。

075

続きを読む "着痩せする相棒"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

スピニング・カウンタック

というワケで、ランボルギーニ・カウンタック・・・でありますのだ!!

Rimg0043

今回はトープレの「電動スピン ランボルギーニ・カウンタック」となります。

Rimg0049

概ね1/20サイズのプラスチック玩具で、この個体のボディ・カラーはシルバー・メタリックです。

Rimg0032

外箱にあるように電池式で、走行→スピン・アクションをこなしますが、ぶっちゃけ、幼児向け玩具の定番ギミックですねw

Rimg0034

前輪は左にステアされた状態で固定。

Rimg0045

ちなみに後輪が駆動輪となります。

Rimg0037

後輪の前についている五番目のタイヤが舵輪の役割を果たします。

Rimg0046

「ACTION with LIGHT」ということで、エンジンフードの上に設けられた四角いオレンジの部分が発光します。

Rimg0041

トープレというと、フリクションで走るプラ玩シリーズが既に登場していますが、今回のカウンタックは基本的に同じデザインなので金型を共用している可能性があります。

Rimg0027

続きを読む "スピニング・カウンタック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カウンタックは赤メタで塗れ(違

というワケで、ランボルギーニ・カウンタック・・・でありますのだ!!

Rimg0054

ポストホビー特注モデルとなります。

Rimg0050

1/43ダイキャスト製で量産型のLP500Sをモデルとしています。

Rimg0052

御なじみ、ixoの1/43スケール・ミニカーの金型を仕様。

Rimg0058

レッドメタリックのボディというと、京商1/64ビーコレが思い出されますが、ド派手な色はカウンタックによく似合います。

Rimg0065

ホイールはゴールド。

Rimg0060

フロントのブレーキ・ディスクが赤く塗装され、なかなかにイイ感じであります。

Rimg0063

続きを読む "カウンタックは赤メタで塗れ(違"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北米最古(?)のカウンタック③

Pan1141

♪水色は涙色♪

Rimg0107

あ・・・・違った!

続きを読む "北米最古(?)のカウンタック③"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超生命体的カウンタック

「あ、あなたはコンボイ司令官!」

262

というワケ・・・ではなくて、トランスフォ、・・・でもありません。

263

今回は、こんな感じ(↓)の

Rimg0657

ランボルギーニ・カウンタック・・・でありますのだ!!

Rimg0642

『ウォリアーズ・ロボットシリーズ』からのエントリーとなります。

Rimg0644

このシリーズは全6種類と思われますが、個別の商品名はつけられていない模様で、このカウンタック・タイプは「№25027」(管理番号?)となります。

Rimg0646

モチロンというべきなのか、メイド・イン・チャイナであります。

261

全長は約8センチメートルのプラスチック製品。

Rimg0648

ご覧のとおり、ビークル状態はランボルギーニ・カウンタックタイプ

259

続きを読む "超生命体的カウンタック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連邦のカウンタック

というワケで、ランボルギーニ・カウンタック・・・でありますのだ!!

256

ホットウィール(COLOR CHARENGES)のカウンタックLP500Sとなります。

Rimg0626

メイド・イン・マレーシアで、細部の塗装がいい加減なのが素敵です。

続きを読む "連邦のカウンタック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エコエコカウンタック

エコエコアザラク・・・・

255

ではなくて、ランボルギーニ・カウンタック・・・でありますのだ!!

Rimg0663

タカラトミーさんから先月発売されたハイブリッド・チョロQのゼンマイタイプとなります。

Rimg0666

昨年秋に発売されたリモコン付タイプの単品売り、っつ~感じですかね。

Rimg0670

ランボルギーニ・カウンタックLP400であることは一目瞭然でありますね。

Rimg0672

本製品の品番はQZ-05。他のラインナップは国産車中心なので結果的にこのカウンタックがスーパーカーの代表として選ばれているのでありますw

254

付属のバウンドタイヤを装着することでスキップ走行が可能になります。

続きを読む "エコエコカウンタック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マジョレットのカウンタック

「コール エマージェンシー 911!」

Rimg0628

というワケで、ランボルギーニ・カウンタック・・・でありますのだ!!

Rimg0640

今回のアイテムはマジョレットのプラ玩で、ご覧のとおり屋根のパトライトが回転してパトカーに変身(!)するギミック付きとなります。

Rimg0633

実は、以前、当ブログに登場済みのツクダオリジナルの名義で売られていたプラ玩カウンタックとまったく一緒w

過去記事はこちらから ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2008/06/post_66b7.html

Rimg0635

続きを読む "マジョレットのカウンタック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラ・マンチャのカウンタック(微妙)

というワケで、ランボルーニ・カウンタック・・・・でありますのだ!!

今回のアイテムはギスバル1/32スケールのダイキャスト製。

Rimg0608

ご承知のとおりメイド・イン・スペインであります。

商品名は「Lamborghini countach」ですが、同じシリーズのミニカーにフェラーリ・テスタロッサ、同F40などがラインナップされているので、量産型LP500Sもしくは欧州型QVあたりをモデル化したものと思われます・・・ユル系なので、どうでもいい感じですねw

Rimg0611

カウンタックお馴染みのシザース・ドアが開閉します。

Rimg0616

黒ボディのお陰もあって、ドア開閉部のチリがしっかりあっている印象で、作りの良さが感じられます・・・結構強引に褒めていますが、当方お気に入りの個体なので何卒ご容赦をw

続きを読む "ラ・マンチャのカウンタック(微妙)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーカーシール

ミドリのスーパーカーシール・・・でありますのだ!!

129

続きを読む "スーパーカーシール"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はーるまげどん、いってみよ~

「世尊妙相具諸鬼難悪人!」

「さあ!『コンドールマン』の歌を歌って、美しい日本の平和を守ろう!」

098

♪顔は♪

085_2

♪顔は♪

084

って、・・・このネタは、過去に2回やっているので(爆)、

086

今日は、『まんが日本昔ばなし』の歌詞で歌ってみましょう!

099

♪坊や 坊や 坊や よい子だネンネしな

089

今も昔も変わりなく

094

母のめぐみの子守唄

091

遠い昔の 物語

093

「花咲さか爺さん 桃太郎 わらしべ長者 鉢かつぎ姫」

096

夢を手繰ればホロホロと

097

花も ほころぶ かぐや姫

095

人の 情けが シヤワセを

103_2

そ~おっと運んだ笠地蔵

104_2

そ~お~っと 運ん~だ~ 笠地蔵♪

092

調子が出たところで、2番行ってみよう!・・・って、おい \(*`∧´)/

続きを読む "はーるまげどん、いってみよ~"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »