« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

タイガーマスク②

テイチクレコード㈱の『タイガーマスク』EPレコードであります。

049

伊達直人はちびっこハウスから、「とらの穴」にさらわれてレスラーになった。正体をかくして、ちびっこハウスにファイトメネーを寄付しつづける。

051

「とらの穴」で、悪役レスラーとして育てられたため、悪役レスラーとしてデビューしたが、次第に正義のレスラーに成長していく。

053

続きを読む "タイガーマスク②"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゲーセンコイン

ゲーセンコインのカウンタックでありますな。

Rimg0544

続きを読む "ゲーセンコイン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイドマシン未来の車①:補足

一昨日の懐合金1/16「サイドマシーン」記事に使用した図版。

ニーステップと、特徴的なフロントフォークの様子がよくわかりますね。

041

続きを読む "サイドマシン未来の車①:補足"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三友の三代目(違!

というワケでランボルギーニ・カウンタックでありますのだ!!

Rimg0550

↑が商品パッケージ(紙箱)でありまして、このウルフ・カウンタックはオーバーフェンダーがありませんし、ウルフカ・ウンタックにはないはずのリア・ウイング翼端板がついています。

続きを読む "三友の三代目(違!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どっちのサイドカー

というワケで、ポピニカのサイドファントムから無彩色メタルダーのフィギャを降ろしまして、

Rimg0534

続きを読む "どっちのサイドカー"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちっぽけなシヤワセ②

ということで、昨日が『キカイダー』だったので、本日は『超人機メタルダー』(1987年:東映)となります。

037

続きを読む "ちっぽけなシヤワセ②"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイドマシン未来の車①

「き、貴様は、光明寺の人造人間!」

Dan375

ということで、『人造人間キカイダー』(1972年:東映)・・・でありますのだ!!

Rimg0512

人造人間キカイダーは、赤いギターを背負った少年、ジローのチェンジした姿です。

029_2

ジローを造った光明寺博士は、ジローが、ダークの首領、ギル教授に使われるのを恐れて、ジローの体に良心回路を組み込みました。

Rimg0496

ところが、この良心回路は、まだ完全ではなかったのです。

Rimg0511

そのために、元々はダークのものだったジローは、ギルの吹く超音波の音を聞くと、狂って暴れ出してしまうのです。

Dan374

「ダークに生まれし者はダークに帰れ」

Rimg0518

ギルは、オレンヂ・アントやゴールド・ウルフを次々と繰り出してジローを襲わせます。

Rimg0520

「チェインジ!スイッチ・オン!ワン!ツー!スリー」

ジローはキカイダーにチェンジしてダークロボットと闘います。

032

光明寺博士の子供、ミツ子とマサルとともに、行方不明になった光明寺博士を捜しながら・・・。

Rimg0507

戦え!ジロー!蹴散らせダーク・ロボット!でんじエンドでぶっ壊せ!

Rimg0521

以上は「栄光社うたの絵本」から、でありまして、そんな感じで今回は何気に「サイドマシン」玩具(第1弾?)となります。

Rimg0524

アイテムはノスタルジックヒーローズ製「懐合金」から、1/16スケールの「サイドマシーン」を使用しております。手に持つとズッシリ重くて、なかなかに良さ気であります。

この玩具、左ハンドルが別パーツになっていて、ソフビ製キカイダーを乗せる時に左手に差し込んでからサイドマシーンに装着します。ハンドルのパーツがポッキリいく恐れがないので有り難いアイデアなのであります。

024

「悪の組織ダーク。その首領であるプロフェッサー・ギルの命令によって作られたアンドロイドは、プロフェッサー・ギルの笛によって凶暴になる。

Rimg0508

光明寺博士の造った人造人間ジローもまた、その笛によって凶暴になる。

だが、ひそかに光明寺博士が組み入れた良心回路は、不完全ながら人造人間ジローに悪に抵抗する力を与えていた。

Rimg0515

ジローはスイッチ・オンによって良心回路が完全に動き、正義の戦士キカイダーになるのだ。」

Dan371_2

かくして、ジローの乗るサイドカーもまた「チェインジ!スイッチ・オン!」でサイドマシーンになり、キカイダーの手足となってダーク破壊部隊と戦うのであります!

続きを読む "サイドマシン未来の車①"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ターボなカウンタック

というワケで、ランボルギーニ・カウンタック・・・でありますのだ!!

Rimg0463_2

2009年のルックスマート1/43レジンモデル「ランボルギーニ・ヒストリー・シリーズ」からのエントリーとなります。

Rimg0481

商品名は「Lamborghini Countach 500 S Bi-TURBO」・・・よくわかりませんね(爆

Rimg0468

市販型LP500Sをツインターボ化したワンオフモデル・・・と思っていたら、モデルカーのボディ色が赤と白の2種類発売されていたので、この記述はアテになりませんのだ。

Rimg0473

実車の詳細は海外サイト等で読めるのでそちらを参照願います。

Rimg0470

続きを読む "ターボなカウンタック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガヤルドでコスプレ

①権力

084

②権力

085

続きを読む "ガヤルドでコスプレ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛竜旋回左曲打球!!

ワタシハ・・・・サル・・・・

163

ではなくて、今回はゴルフの話題でありますよ!!ナイ~ショッ!

Dan140

あれ?

146_2

え~、あらためまして、今回は『プロゴルファー猿』であります。(心の声「ちぇっ!」(爆))

010

※といっても、1974年から少年サンデーに連載されたコミック版でも、1985年スタートのテレビシリーズでもありません。

Dan156

1982年に放送された長編テレビアニメ『プロゴルファー猿スペシャル野生の天才少年に挑む美少女ゴルファー紅蜂と香港の竜!~』(1982年:テレビ朝日:シンエイ動画)限定のネタでありますのでくれぐれもご注意願いますw

147

ワタクシの「~猿」原体験は、いちおう週刊少年サンデー連載版なのでありますが、なにぶん昔のことで記憶がアヤフヤでありまして、さらにコロコロコミック連載版は未読なのであります。テレビシリーズは・・・話数が多いし・・・別の機会にでも。

Rimg0429_2

奥山カントリークラブに出没する野性児:猿谷猿丸は天才的な腕前を持つアマチュアゴルファーであります。・・・天才的な腕前って、ロストボールをガメるだけなんですけど。

そんな猿丸の実力(!)を見抜き、影の組織に引き入れようとミスターXが画策。

Xが送り込んだ第一の刺客が「謎の美人ゴルファー 紅蜂」でありまして、当ブログ向きでありますねゲロゲロリ。

011

紅蜂は試合の前に色仕掛け(!)で猿丸に接近し、偶然の事故に見せかけ、猿丸の一本しかないドライバーを折るなど、顔に似合わずあくどいあくどい。

作劇における「猿」に「美女」の組み合わせは、実にその、王道でありますな!

160

そんな謎の美女「紅蜂」の愛車こそが、赤いトヨタ2000GT。

Rimg0423

猿丸は「紅蜂」が運転する赤いスポーツカーの助手席に乗せてもらった上に、タップリと目の保養までさせてもらったりもするのであります。

Dan135

「紅蜂」恐るべし!ってゆ~か、ウラヤマスイぞ猿丸!

155

劇中のアカイスポーツカーですけど、シーンによっては、すごく適当に描かれている時もあるんで、「絶対にトヨタ2000GTだ!」と言い切るのは避けさせていただきますm(_ _)m

Rimg0424

猿丸との対戦を終えた「紅蜂」は、天真爛漫な猿丸に心惹かれたのか、二番目の刺客「ドラゴン打ちの竜」との対戦中、猿丸に度々助言を与え、ミスターXに諌められたりもします。

Rimg0417

猿に味方する「紅蜂」をミスターXが諌める程度で済ますのは、組織内での「紅蜂」の地位がそれなりに高いからなのでありましょうか?

Rimg0418

ミニカーはダイヤペットG-83のTOYOTA2000GT(1/40)。実車もミニカーも超有名なので、細かい解説は避けてしまいます(大笑

Rimg0421

なんでこのブログに国産車なのかって?・・・・今回のミニカーのチープな風情がG-66ランボルギーニ・カウンタックLP500に似ている気がしたからであります(・∀・)。

続きを読む "飛竜旋回左曲打球!!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

緑のテスト

022

144

続きを読む "緑のテスト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーカーを守れ!

おおきなこえでバラタック

Rimg0431_2

以下、ゴルテウス司令官の独白(青文字)

「おお我が恋人ポルシェの914!、ロータス・ヨーロッパ!(注)、ランボルギーニ・カウンタック!」

163

(注)番組本編では上のセリフにあわせて、スーパーカーの写真(アニメ絵ですけど)が出るんですが、2枚目はどうみても「ロータス・エリート」。写真にもしっかりと「LOTUS ELITE」って書いてありました。

「ええぞ、ええぞ スーパーカーは」

「BMW2002、フェラーリ・デイトナ。う~ん、どれもこれも素晴らしい車ばかりだな」

166_2

※ ↑今回用意したフェラーリ・デイトナの画像は、あくまでもイメージです(爆 

   ・・・一応、フェラーリのイベコンさんでありますw

「いいないいな。スーパーカーは、いいのだ~!」

中略「ぼくちゃんスーパーカーが非常に欲しいの!」

Rimg0437

かくして、「お金がないから」スーパーカーを買えないゴルテウス司令官の命令で、ガエル親衛隊長によるスーパーカー強奪作戦が開始されたのであります!

いうワケで、久々の『超人戦隊バラタック』(1977年:東映)・・・でありますのだ!!

Rimg0439

今回のアイテムは、ひかりのくにテレビ絵本②『超人戦隊バラタックスーパーカーを守れ!~』で、バラタック本編第10話「スーパーカーがいっぱい!!」の絵本版であります。

Rimg0457

今回のゴルテウス司令官の目当てはスーパーカー略奪!

指令を受けたガエル親衛隊長は爬虫ロボ(本編のモゲラに加えてネソベッタ(9話)も登場)を指揮して、スーパーカーショー会場を襲撃する!!

バラタック・シークレット部隊出動!

Rimg0445

バラタックを操って、世界のスーパーカーを守るのだ!

Rimg0444

バラタックGO!エスパー・ジェッター!バラタック、カモン!!

Rimg0448

しかし、今回の爬虫ロボはメチャ強敵だった!

危うし!バラタック!!

続きを読む "スーパーカーを守れ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウルフ・ダイヤモンド

というワケで、ランボルギーニ・カウンタック・・・でありますのだ!!

Rimg0403

ミニカーはもちろん、トミカのランボルギーニ・カウンタックLP500S(F50-1-2)で、ウルフ1号仕様車となっています。

Rimg0404

背景にはトミカラマの「ピットイン」を使用しています。

当ブログ的には恒例となります。

Rimg0398

「ピットイン」は富士スピードウェイを模していて、ご覧のようにピットやコントロールタワー周辺の風景を再現していて、電池で走行音が鳴り、ラップ表が点滅します。さらにボタン操作でトミカをダッシュ走行させるギミックもついています。

Rimg0407

本来はラップタワーにNGKマークを、ピット周りにもスポンサーなどの紙シールを貼るようになっています。

さらに付属プラ・パーツのシグナルタワーを組み立て、ガードレールを設置、ピットクルーなどレース関係者5人のパーツを配置すると、見栄えがぐっとよくなることでしょう。

「ピットラマ」は2個しか持っていないけど、いつかトライしてみるかもしれません(爆。

続きを読む "ウルフ・ダイヤモンド"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小桜なカウンタック

というワケで、ランボルギーニ・カウンタック・・・でありますのだ!!

Rimg0486

サクラのスーパーカーミニで1/54スケールとなります。

Rimg0494

もちろんダイキャスト製で、ドア開閉ギミックつき。

Rimg0491

サクラのスーパーカー1/43(定価1350円)を買ってもらえないお子にとっての救世主的なアイテムなのでありますw

続きを読む "小桜なカウンタック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »