« ちーぷトイトイ再起動? | トップページ | マシンハヤブサ補足① »

死の鳥

シフト・アーップ

Rimg0135

シフトダウン

Rimg0167

ヒール・アンド・とぉ~

Rimg0169

フ~ル・スロットル!!

Rimg0159

というワケで今回は、1976年4月~NET系列で放送された『マシンハヤブサ』(東映)・・・でありますのだ!!

Rimg0144

ブラックシャドーは、隼正義博士の命を奪い、隼レーシングを壊滅させ、さらに世界のレース界を手中に収め過酷な死のレースを設定し悪逆なレースを続ける死の組織である

Rimg0150

西音寺洋輔は隼博士の遺志を継ぎ、夢の燃料”ドリーモイル”と”キャバリー・エンジン”を実用化。ブラックシャドーが支配を固めるレース界に不満を抱く若者を集め、西音寺レーシングチームを結成する。

Rimg0153

隼博士の息子:隼剣(はやぶさ・けん)は、キャバリー・エンジン試作車の1台「マシンハヤブサ」に搭乗し、ブラックシャドーへの復讐を胸に、西音寺レーシングチームの仲間とともにレース界に殴り込みをかける。

Rimg0158

以上は1976年3月に連載開始されたコミック版マシンハヤブサのおおまかな設定ですが、放送版では復讐物語は薄められ、レース結果で勝敗が決するようなストーリー展開となっております。

Rimg0172

マシンハヤブサ」の特徴は、用途に合わせてキャバリー・エンジンユニットを丸ごと交換することができること。

Rimg0158_2

当初は、V1エンジンをオンロードレース用、V2エンジンをオフロードレース用として運用し、ターボジェット型ポッドのビジュアルインパクトは絶大で小学生だったワタクシなどは「こりゃあスゲエわ!」と心を鷲摑みにされてしまいました。

V1エンジンは全開状態の最高速度が1,000㎞/hに到達する超高速エンジン。

Pan0068

(マシンハヤブサの最高速度を知ったのは、バンダイ・プラモデルの箱書でありました)

V2エンジンはブースターポッドを2本にすることで、オフロードレースにおける細かいアクセルワークに機敏に対応することを可能としたもの(V2エンジンで培ったエンジンをきめ細かく制御する技術は、後のV4エンジン開発に応用されたと想像される)で、保護用の防塵フィルターも装備しています。

Pan0067

順調に思えたハヤブサでありましたが、リアヘビーな車体特性と、エンジントルクの不足という弱点が露見し、レースに敗北してしまうのであります。

Rimg0147

そこで、亡き隼博士が本来のハヤブサ主力エンジンとして開発しながらお蔵入りとなっていた禁断のエンジンV3の搭載に踏み切るのであります

Rimg0178

V1、V2エンジンは、V3のデチューン仕様だったのでございます。

超出力、超トルクを誇るV3型は、アフターバーナー点火直後の13,000~15,000未満の回転域では噴射が不安定。そこでビビって回転数を落とすとエンジンが爆発してしまうデンジャラスな代物。

しかし、そこから勇気を振り絞ってアクセルをさらに踏み込み、回転数が15,000を超えると噴射炎がエメラルドグリーンに変化して無敵状態に到達しマシンハヤブサは隼博士が企図した本来の性能を発揮するのであります。

Rimg0175

ところが、ブラックシャドーの一員だった「流れ星の竜」操るⅩ1号は、コーナーでアウト側のタイヤを巨大化させることで圧倒的な旋回性能を発揮する秘術(?)「クイックコーナリング」走行でハヤブサを打ち負かします。

そこで、打倒「クイックコーナリング!」ホイールのため、アウト側のブースターポッドを逆噴射させることでマシンの向きを一気に変えることができる、対クイックコーナリング専用エンジンV4を急遽開発します。

「ブイ・フォ~・エンジン。ゴー!!で、竜とのコーナリング勝負に見事リベンジします。デメタシデメタシ。

Pan0069

そして、V1~V4エンジンの特徴を兼ね備えた究極仕様のV5エンジンを搭載したハヤブサは、ブラックシャドー盟主エイハブとの最終決戦に臨む

物語の結末はDVDかCS再放送でも見ていただくこととして、今回登場したのはポピニカ「マシンハヤブサ」。

Rimg0165

番組自体は全21話と短命に終わったのに超メジャーな玩具で、近年でもキャラウィールからV1、V3エンジン搭載バージョンのマシンハヤブサが発売されていました。

写真からはわかりづらくて申し訳ないのですが、今回の2台は1台がアイボリー系で、もう1台が純白のボディーカラーとなっています。日に焼けてアイボリーになったのかとも思いますが隅から隅までムラなくアイボリーだし(大笑)、外箱の状態が良いものをお店の人推薦の元に新品を買ったんだし(笑)、後発のキャラウィールは単に純白なので、これはこれで味かな?と。

Rimg0145

V1~V1エンジンのフル換装ギミックの他、コックピットカプセルの射出、V1エンジンからのミサイル発射、レイン&スノータイヤもついていてなかなかにゴージャス。

Rimg0140

コミック版ハヤブサではコックピット後方の垂直尾翼で、ブラックシャドーのレーサーの頭をヘルメットごと兜割にしてしまう残酷な描写もあるので、ポピニカの武器関係ギミックは望月三起也センセイ描くハヤブサに準拠しているのかな?とも(違

|

« ちーぷトイトイ再起動? | トップページ | マシンハヤブサ補足① »

ポピニカ」カテゴリの記事

コメント

あれ、どどさんってばまた長期ロード中?
勝手連連中なので、どかヨロシク!

http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/blog-entry-352.html

投稿: fziro | 2010年11月 5日 (金) 10時09分

>fziro様
お久しブリブリで申し訳ないです。

(当方のアヤフヤな)記憶では『マシンハヤブサ』の物語はV2エンジンではじまるので、「ハヤブサ」づくし月間のオープニングを飾るに相応しいアイテムですね。

『はやぶさ』(平仮名!)ネタ、当方もアップしたいなあ。

投稿: どどまいや | 2010年11月 6日 (土) 14時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 死の鳥:

« ちーぷトイトイ再起動? | トップページ | マシンハヤブサ補足① »