« 白無垢なカウンタック | トップページ | 極小変形カウンタック② »

ソリドなカラボ

Bertone_alfaromeocarabo_005_2

というワケで、アルファロメオ・カラーボ・・・でありますのだ!!

Alfacarabo001

実車は1968年のパリモーターショで展示されたショーモデル。ティーポ33/2のシャーシにベルトーネデザインの前衛的なデザインで話題となったそうであります。

Rimg0001_2

「CARABO」は、鞘翅類の意味だそうで、昆虫の羽根のように開くドアが斬新。

Rimg0023

当時のデザイントレンドとされるウェッジシェイプの効いたデザインも魅力的です。

Rimg0013

ベルトーネのチーフデザイナーのマルチェロ・ガンディーニによる、バッタ型に開くドアと楔形デザインは、カウンタックに引き続き採用されたのも有名な話であります。

Rimg0019

窓のデザインもプロトカウンタックに受け継がれているのもお約束。

Rimg0022

ミニカーはsolido1/43「CARABO Bertone」・・・メジャー品ですね。

Rimg0008

カラーボの特徴であるドア開閉ギミックを忠実に、っつか~か驚異的な精密度で再現しております。

Rimg0011

スーパーカーブームの頃に日本で濫造されたミニカー群とは明らかに一線を画す・・・あ、このブログ自体を否定することになってしまう!(笑

Bertone_alfaromeocarabo_003

|

« 白無垢なカウンタック | トップページ | 極小変形カウンタック② »

ソリド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソリドなカラボ:

« 白無垢なカウンタック | トップページ | 極小変形カウンタック② »