« ロッソなムルシー | トップページ | コーラルなカウンタック »

ブーメランのように

というワケで、マセラティ・ブーメラン・・・でありますのだ!!

012

ブーメランのミニカーは、当ブログ的にはアサヒ∑シリーズ以来で、今回は、SIKUの1/55スケールのダイキャスト製品となります。

Rimg0259

ミニカーは、1790年中盤から1980年中盤にかけて生産されていたそうです。ボンネットのマセラティ・エンブレムのタンポの位置が前寄りだったり、中央寄りだったりするバリエーション(?)が存在する模様であります。

Rimg0267

ミニカーのシャーシに「310馬力」「300km」と刻印があるので、これがブーメランのスペックなのでありましょう。(ブーメランの、中身ってマセラティ・ボーラだったような気もしますが・・・。)

Rimg0265

実車は1971年に発表されたイタルデザイン社によるショーカー。

Rimg0263

スーパーカーブームの時、超ウェッジシェイプなフォルムから結構人気がありました。

Rimg0261

ブーメランに関して、個人的には、アオシマのプラモデル買って、ドアが普通に横開きだったんで死ぬほどガッカリしたり、懲りもせずに今度はスピード競技用のキットを買ったら、ボディがチャチな透明ポリカボだったんでガッカリしたり、ガッカリしてばっかりでありましたw

|

« ロッソなムルシー | トップページ | コーラルなカウンタック »

未分類ミニカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510114/46843416

この記事へのトラックバック一覧です: ブーメランのように:

« ロッソなムルシー | トップページ | コーラルなカウンタック »