« 黄色いロータス | トップページ | 火の鳥 »

衝撃!ウルフ1号にバリエーションがあった?

あ、今回のタイトルは、フィクチョンです m(_ _)m

というワケで、トミカのランボルギーニ・カウンタックLP500Sのウルフ1号車・・・でありますのだ!!

Rimg0067 画像1枚目の、向かって左側の個体が今回のネタ(!)でありますw

そう、ガイシュツの個体(右側)とは、紙シールの貼り付け位置が違うんですねw

・・・それだけ?

Rimg0066 それだけであります(爆)が、ついでに申し上げると、フロントバンパー付近のボディーにチップらしき塗装のめくれが見えると思います。

これは購入時からのキズで、どうしたもんか?と、たまに考えることもあるんですけど、まあ、無事な個体もあるからいいか!とすませていますw

Rimg0064 日本では赤い個体がウルフ1号車として知られていて、さらにガイシュツの青い個体が、2号車として有名なのはご承知のとおりです。

これらのトミカは、スーパーカーブームの頃、トミカの詰め合わせセット(スーパーカーセット)に入って発売されていました。

Rimg0068 一番メジャーな筈のウルフ1号車がトミカ通常品とならなかったのは、結構不思議なことなのかもしれませんね。

|

« 黄色いロータス | トップページ | 火の鳥 »

トミー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510114/46310494

この記事へのトラックバック一覧です: 衝撃!ウルフ1号にバリエーションがあった?:

« 黄色いロータス | トップページ | 火の鳥 »