« カウンタックのボックスアート | トップページ | タイヨーのカウンタック・・・ »

カバヤのカウンタック

お馴染みカバヤのビッグワンガムからランボルギーニ・カウンタックLP500S・・・であります!!

Rimg0057 今回登場の個体は「デラックスビッグワンガム」シリーズにラインナップされていたもの。

同シリーズにはウィリアムズホンダ、ポルシェ959などがありまして、車種構成から発売時期が推定できるかと思います。

Rimg0060バブル期(第2次スーパーカーブーム)の商品ですが、モチーフとなったのはご覧のとおり70年代スーパーカーブームの玉者ウルフ・カウンタック。

なお、個体同士の突合は未了ですが、かつて発売されていたF1ガムのカウンタックを再登場させたものではないような気がしています(微妙)。

Rimg0062全長は約10.5㎝(およそ1/38.5スケール)のプラスチック製(デラックスシリーズなのでやや硬めのプラが使用されています)。

エンジンフード、リトラクタブルヘッドライトが開閉し、エンジンもきちんと再現されています。(今回登場の個体はリトラの内部パーツが外れているんで、ヘッドライト開閉ギミックを生き返らせるためには、一度分解して部品をはめ込まないといけないんですけど、面倒くさいので放置プレイ・・・

Rimg0064ワイパー、ドアミラー、シフトレバー、シフトブレーキレバーには、わざわざ別パーツを使用しています(組み立ては結構面倒くさいけど・・・ちなみに左ドアミラーはボディーの中に転がっているので、モデルを手で振ると、カラカラとドアミラーパーツが転がる音が・・・)。

さらにホイール、サブライト、テールランプの一部、マフラーにはメッキパーツが奢られることで、玩具としての見映えがグンとよくなっている感じがいたします。

このサイズのカウンタックで、リトラ開閉ギミックを取り入れたモデルは希少なので、発売元のカバヤさんの誠意が感じられる魅力的なオマケだと思っております。

Rimg0065 Rimg0067 Rimg0069

|

« カウンタックのボックスアート | トップページ | タイヨーのカウンタック・・・ »

おまけ、くじ」カテゴリの記事

カバヤ」カテゴリの記事

コメント

DXビッグワンガムのウルフ
やっぱり記憶違いじゃなかったんですね
かっけーですわ

投稿: ドラックス | 2014年1月 2日 (木) 11時41分

ドラックス様

みんカラで大変お世話になっております。

みんカラでコメントさせていただいたウルフは、この個体とは別個体をご紹介させていただけると思います。

当方、タイトルが「ちーぷトイトイ」な、何分にもへなちょこなブログですので、ボチボチっとお待ちください。

投稿: どどまいや | 2014年1月 4日 (土) 18時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510114/45624577

この記事へのトラックバック一覧です: カバヤのカウンタック:

« カウンタックのボックスアート | トップページ | タイヨーのカウンタック・・・ »