« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

ミニチャン・jota

ということで、割と新製品(今月到着)の、ミニチャンプス1/43ランボルギーニ・イオタSVR(あれ?)1970・・・であります!!

ともあれ、これで、気分はすっかりニコラス・ケイジ(ネタ古!!)

Rimg0083 Rimg0089 Rimg0087

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポインターその23

ということでポピニカ・ポインター(PB-76)の追加記事で、後部ナンバープレートのギミックをご紹介・・・であります!!

これさえあれば、どんな宇宙人の侵略でも・・・・。

Rimg0073 Rimg0075 Rimg0077

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポピニカのボンドカー?

ということで、ボンドカー小特集のトリをつとめるのが、こちらのアイテム…であります!!

1978年頃発売されたポピニカ(PB-76)で、fziro様の「キャラクターミニカー秘密基地」に登場済みのアイテムとなります。

①手で屋根を開け、付属のウルトラセブンをセットしてフロント・バンパーを押すとビヨ~ンと飛び出します。

(おそらく、この↓のような写真資料を参照して、劇中の活躍シーンを忠実にモデル化したものと思われます・・・大ウソ ヾ(_ _*)ハンセイ・・・)

http://dodolog.cocolog-wbs.com/photos/kakudai/save0007.html

②フロントグリル中央からミサイル発射(ボンネット上のボタンで操作)

③後部ナンバー・プレート回転ギミック(ナンバーが3種類)

って、あれ?・・・これポインターなの?(爆)

Rimg0063 Rimg0067 Rimg0081 Rimg0071 Rimg0079 Rimg0069

| | コメント (4) | トラックバック (0)

燃えつきる?

ロータス・エスプリ(イギリス)

総排気量=1969㏄、最高出力=162ps/6200rpm、最大トルク=19.4㎏m/4900rpm、最高速度=222㎞/h

その頃『サーキットの狼』は流石島レースもあと半周。風吹と飛鳥ミノルの死闘が繰り広げられていた・・・。

Pan1054 Pan1055

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学習雑誌のスーパーカー

スーパーカーブーム当時の学習雑誌(えっと、雑誌の名前を失念m(_ _)m)に掲載されたスーパーカー特集記事(「スーパーカー全カタログ」)・・・だったと思います(汗

↓ をクリックすると拡大画像が表示されるハズです。

http://dodolog.cocolog-wbs.com/photos/kakudai/pan1075.html 

Pan1073

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまたお約束?

今回のミニカーはコーギーの・・・これも、ありきたりでありますなゲロゲロリ

つづく

(次の記事(7月31日午前8時の自動更新)がボンドカー編(?)のオチでありますw)

Rimg0053 Rimg0056

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11番目のひみつ

コーギーの・・・・あの、その、この個体、ありきたりでありますなw

ということで、先の「007のひみつ作戦」のアストン・マーチンの解説を引用するであります。

★アストンマーチンDB5★

イギリス製のスポーツカー。最高時速280㎞。ねだん約600万円。

★十のひみつ装置★

このアストンマーチンには、スパイ戦用の、十のひみつ装置がついている。そのため、世界最強のスパイ自動車といわれている。

①ホーマー無線受信機、②てんじょうがひらくしくみ、③ロケット式の飛び出し助手席、④まぼろしライト、⑤防弾ガラス、⑥飛び出し防弾板、⑦油・ガソリン・えんまく用の噴出口、⑧スクリュー式タイヤはかい装置、⑨とび出し機関銃、⑩回転式かわりナンパー、⑪とび出しバンパー・・・あれ?(汗

「てんじょうがひらくしくみ」と、「ロケット式の飛び出し助手席」で一機能と思いたいところですが、誌面レイアウトでは「回転式かわりナンバー」と「とび出しバンパー」をひとつとしてカウントするみたいな感じです。

Rimg0046 Rimg0049 Rimg0052

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イカシタ エスプリ

007で大活躍した、水陸両用のボンド・カー、ロータス・エスプリを、キミも手にいれられると聞いたら、ドウスル!?気絶しちゃう!?

そんなキミに大ニュース。あのボンド・カーが、今度ミニカーとプラ模になって、エーダイ・グリップから、新発売されるんだ。

もちろんあのイカシタいろんな装置も、すべて装備

ドライバーはキミだ

このミニカープラ模を抽せんで10名、20名に。

1978年の少年ジャンプ誌コラム欄のプレゼント記事で、あて先は今はなきエーダイグリップ・・・豪気であります。

Pan1045

Pan1046 Pan1048

| | コメント (2) | トラックバック (0)

007のひみつ作戦②

ボンドが、スパイ自動車のアストン・マーチンに乗りこもうとしたとき、

「おれのいうとおりに運転しろっ。」

と、とつぜん後ろから、殺し屋に拳銃をつきつけられた。

殺し屋は助手席にはいりこむと、ボンドの拳銃をうばってしまった。

(車が町の外へ出たら、きっと殺される!)

ボンドは思った。もはや絶体絶命だ。だが、ボンドはあわてなかった。車がカーブにさしかかったとき、速度をかえるぼうについているボタンをおした。とたん、

ダダーン!

ロケット式助手席が、殺し屋を乗せたままとび出した。

殺し屋は、空中を十メートルもふっとび、地面にたたきつけられて即死した。

覆面える様から「画像がちっこい!」とのご指摘がありました(´・ω・`) 

 をクリックすると、拡大画像が出ま~す。

http://dodolog.cocolog-wbs.com/photos/kakudai/pan1070.html

Pan1067 Pan1068 Pan1069

| | コメント (2) | トラックバック (0)

目当てはストラトス?

トミカスーパーカーセット2からランボルギーニカウンタックLP500・・・であります!!

このセットの一番人気はランチア・ストラトスでありました。

なお、この頃から、量産型LP500SのことをLP500と表記するようになった感じがいたします。発売の機会が増えたウルフ・カウンタックのミニカーと紛らわしいからなのでありましょうか?

Rimg0060 Rimg0061

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロータス78:補足

永大グリップのテクニカ43F-1シリーズの通常パッケージ・・・であります!!

今回の探索ではインペリアルロータス版が見つからなかったので、J.P.S.ロータス78の画像となります(泣

Rimg0044 Rimg0042

| | コメント (0) | トラックバック (0)

007のひみつ作戦!①

Pan1062 大だこと一騎うち!

ボンドは、ひみつ火炎放射器で毒ぐもを焼き殺し、敵のようさいからにげ出そうとしたとたん、数十㍍もの下の海面にまっさかさま!

敵のわなにかかったのだ。

全身のいたみをこらえながら、ふたたび海上にうかびあがると、

「あっ、大だこだっ。」

ぬるぬるした大だこの足が、ボンドをしめつける。

ボンドがくつをぬいでふりまわし 急所をつきまくると 大だこは海底へしずんでいった。

くつのかかとにしこんだ ひみつのとび出しナイフで みごと大だこをしとめたのだ。

~週刊少年マガジン1965年7月4日号

Pan1063 Pan1064 Pan1065

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カウンタックGr.5(?

いわゆるひとつのスーパーカー消しゴムから、「カウンタック・レーシング」・・・であります!!

全長わずか3.3㎝ながら、ハマの黒ヒョウのマシンを彷彿と・・・微妙かもw

Rimg0091 Pan1241 Pan1242

| | コメント (2) | トラックバック (0)

赤いロータス78②広告編

永大グリップ:テクニカ43の広告・・・であります!!

(~週刊少年ジャンプ1978年第19号:4月11日発売)

№1~№3のタイレル・フォードP-34、フェラーリ312T、J.P.S.ロータス78までが「新発売」で以下№6のインペリアル・ロータス78までが「近日発売」となっております。

Pan1049

Pan1050

| | コメント (2) | トラックバック (0)

赤いロータス78①

ということで、テクニカ43F-1シリーズから、№6 インペリアル ロータス78・・・であります!!

ちなみに、このブリスター版は不人気ですけど 何かw

Rimg0038

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カウンタックマン 大空港にあらわる!(仮)

撮影快調?

本日、富士山静岡空港に行ってまいりました。

そこで見たものは!

もちろん、全部仕込みですw

Rimg0110

Rimg0008 Rimg0006

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ちょっと城戸真亜子

毎日雨だったり、蒸し暑かったり・・・ということでサービスサービス?

Pan1059 Pan1060

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとカゲスター

カゲスターのプロマイドであります。

Pan1057 Pan1058

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白熱の愛

1978年愛読者賞チャレンジ作品『白熱の愛』からヒロインのプリンネス・ラム殿・・・であります!!

下のちっこい男性は、某山○たつひこ先生(当時)をモデルにしたと思われる(バレバレ?)主人公(???)の漫画家:山下たつひこ殿。

Pan1063

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーカー総出演

現在日本にあるスーパーカーを集めて、日本で初めてのスーパーカー・レースが開催される。

『’78第一回全日本スーパーカー選手権大会』。

4月29日が公式練習。30日に決勝レースが行われる。

場所は三重県の鈴鹿サーキット(東コース)。

午前9時開場。11時レース開始。入場料は、前売券・大人1500円、子ども800円。当日券・大人2000円、子ども1000円。

当日はプロレーサーの高橋国光、星野一義、桑島正美らが出演するエキシビジョンも予定されている。近所で余裕がある方は、ちょっとのぞいてみたら?

Pan1042

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オレとストラトス②

『サーキットの狼』本編ではスーパーカー襲撃犯とハマの黒ヒョウがはじまった!

その頃、扉絵では、お揃いのLANCIAキャップを被ってご満悦(?)のマドロスさん(違

Pan1041

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オレとストラトス①

ズラリと並んだランチア・ストラトスに囲まれてご満悦(?)の池沢センセ。

Pan1040

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「四国の獅子」検定?

問題:シンセイのジェットマシン・シリーズからデ・トマソ・パンテーラGTSが発売されたのはいつでしょう?

えっと、あの、画像の広告が1978年4月のものだから、多分そのあたりではないかと(涙)

Pan1232

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カウンタック・カウンタック・カウンタックw

左の画像はご覧のとおり、『サーキットの狼』「LP400対LP500Sの巻」から。

前を走るスーパーカー襲撃犯が駆るニセLP500Sを追いかけているのが、我らが(?)ハマの黒ヒョウ・・・であります!!

右は1978年愛読者賞チャレンジ作品『白熱の愛』全編で活躍(?)したLP400の勇姿(微妙・・・)となります。

Pan1039 Pan1038

| | コメント (0) | トラックバック (0)

♪水色は~さくら色~?♪

前回から間隔が開き過ぎてしまいましたが、『サーキットの狼』京極さくらの駆るポルシェ928の車体色考察(?)・・・であります!!

①左の画像では基本白ボディーでテールランプの影の処理が水色?って感じです。

②真ん中の画像では水色系のクルマであることが識別できるかと思います。

③右の画像はスキャナで色を拾いきれていないんですけど、ボディーがうっすらと水色で塗られています。

京極さくら 前回は ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2008/08/post_2469.html

Pan1035 Pan1036 Pan1037

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カバヤさん、ゴミンナサイ

え~、ちょと前に、デラックスビッグワンガムのカウンタックLP500Sの本体と外箱をご紹介させていただきましたが、組立説明書がでてまいりました。

説明書によると、スケールは1/40なのだそうであります。

ガ~ンw

超高性能スポーツカー(スーパーカー)の代名詞的存在がカウンタックLP400です。LP400は打倒フェラーリとして登場した名車ミウラの後継機として1973年に登場しました。未来的な超ウェッジシェイプボディ、上方にはね上がる左右のドアが特徴で、最高速300㎞/Hを誇りました。LP500Sはカナダの実業家ウォルター・ウルフの注文により作られたものと言われています。V型12気筒4㍑のエンジンはそのままとし、圧縮比を上げるなどの、チューニングを施し、447馬力を発生させています。スペシャル・オーダーのこの車については詳しいことは分かっていませんが、最高速は315㎞/Hと言われています。ランボルギーニとフェラーリのライバル意識はエンブレムにも表われています。ランボルギーニがファイティングブル(荒れ牛)に対してフェラーリはブランシングホース(跳ね馬)と好対照です。

Pan1029_2 Pan1032 Pan1033

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DINOの下敷

ブリヂストン自転車の販促品下敷・・・であります!!

写真のチョイスがカッコいいでありますなあ。

あ、カウンタック(LP500S)は登場済みでありますよ。 ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2009/01/post-fb39.html

Pan1229

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狼とロータス

『サーキットの狼』EPレコードジャケットにも採用されていた、池沢センセのカラーイラスト・・・であります!!

レコードのジャケットはこちら ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2008/04/post_55a1.html

Pan1031

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おかげさまで12周年

ROSSO誌8月号は、「イオタ白書2009Part3JOTA5100」でフランスのガレージにあるシャーシナンバー5100を世界初取材、ムルシエラゴLP670-4スーパーヴェローチェの特集など。そして、12周年を記念してカウンタックLP400のオリジナル・イラストが特別附録。

Pan1029 Pan1030

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美しきチャレンジャー⑤

ショウワノートの『美しきチャレンジャー』ダイアリー・・・であります!!

A5サイズ日記帳のカバーと中表紙が同番組仕様(?)になっております。

Pan1217 Pan1218

Pan1010

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウルトラ・アイ(違

(  ̄^ ̄)ゞブ~ラジャ!!

Rimg0371

| | コメント (2) | トラックバック (0)

美しきチャレンジャー④

こいで『美しきチャレンジャー』ぬりえ(第3弾)・・・であります!!

Pan1005 Pan1006 Pan1007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美しきチャレンジャー③

ということで、こいでの『美しきチャレンジャー』ぬりえ(第2弾)・・・であります!!

B5サイズのノートで表紙はご覧の様なイラストで、裏表紙は切り取ってプロマイドにすることができます。

Pan1000 Pan1001 Pan1002

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エスプリ、決断の時w

Rimg0071 トミカサイズでお馴染みのBELL「ロータス・エスプリ」・・・であります!!

このBELLのミニカーは全部で6種類あるらしいんですけど、例によって「カウンタックはないのか!」とマーキング目的で購入したものです。

画像のように未開封で保存(ウソ、完全放置w)してきましたがブリスターが黄色く変色してきているので、そろそろ開封してしまっても構わないかな?と考えております。

このミニカー、未開封のクセにチップが入ってやがんの、しかも少なくとも二箇所w

Rimg0075 Rimg0076 Rimg0078

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DINO・・・なぜ?の嵐!

コーギーの1/43スケールDINO206S・・・であります!!

あ~、その、え~っと。

当ブログは最近自動更新ネタ(!)に占領されているので、突然真面目なミニカーが出ると自分でもドギマギしてしまいますw

このネタ(!)は富さん様の「スーパーカー一直線」(富さんの個体は二色とも完品!)にカブるので、アップのご報告をさせていただきたいところですが、上記のようなワケ(w)で躊躇しております。(この方面(?)のネタが近く登場する予定ですので、その時には必ずご報告しちゃいますけど!

富さん様、ゴミンナサイm(_ _)m

Rimg0100 Rimg0102 Rimg0105 Rimg0106 Rimg0108

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘヴィーなイクソ

Altayaのlamborghini countach LP500S(ご覧のとおりウルフ仕様車ではなく、1982年以降に発売された量産型カウンタックのモデル化)…であります!!

まあ、ぶっちゃけ、イクソのリプロダクションモデルですけど(爆!

どこかに本家のイクソ版と違いがあるのではないかと思いましたが…どこから見てもおんなじですw

このパッケージ状態で妙に重いから、その辺をまじめに考える必要があるのかもしれませんけど・・・。

ついでにネタなんで、内装色の違いには言及してませんwって、それぢゃ比較じゃねーだろ!

Rimg0082 Rimg0083

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊カウンタック

デルプラドのカウンタックと、同社倒産でコンビニ売り「20世紀の名車コレクション」に流れたカウンタックが今回のテーマ・・・って、それ、おんなじだろ!

仰るとおり(涙)で、パッケージから出して並べると区別がつきにくい(ってゆ~か識別不能!)んですけど、我が家では台紙に「Ediciones del Prado 2003」とあるのがデルプラド版で、「SCALE MODEL 1:43」とだけあるのがコンビニ版・・・と識別しています。

台紙を外したらどうよ!・・・ピーピーピー

ちなみに、今回登場の個体はデルプラド版で、過去に登場済みの2台(通常(?)版と再販版)とは一応別個体であります(汗)

Rimg0085 Rimg0087 Rimg0088

| | コメント (4) | トラックバック (0)

黒ヒョウ!三匹

以前、その時点で最も「ハマの黒ヒョウ」モデルに近いのではないか?とのネタでご紹介させていただいたミニカー・・・であります!!

Rimg0092 DeAGOSTINIから「ANNI DI ITALIA AUTOMOBILE100」シリーズとして発売されていた1/43ランボルギーニ・カウンタックLP400(1974)がその正体となります。

黒いボディであることと、黒ヒョウ・モデル(?)に特徴的なプロト・カウンタック・タイプの窓枠を装備していることが選考(!)の理由でありました。(あくまでもネタなので、あんまり本気にしないでね

開封済みの個体がガイシュツ品で、後ろに控えた2台は当ブログ初登場です。

1台は台紙未開封、もう1台はブリスター下面をカッターで切って一見するとブリスター状態に見えるようにしてあります(って、騒ぐほどのことではないですけどW

パッケージ越しに見た個体差で、ペイントのコンディションが一番悪そうな個体を完全開封し、展示用にしてあります。

申し訳ないですけど、このミニカーが日本国内で正規発売されたのか調べていません(!)が、並行モノでしたらミニカーショップ店頭で安価で入手可能かと思われます。

コミックトミカ「サーキットの狼」を購入し、「ハマの黒ヒョウ」カウンタックを名乗っていたトミカを見て、「これ、スーパーカー狩りの犯行に使われた、ニセ・ウルフ・カウンタックぢゃん!」と思われた方は手元に置いた方がいいかもしれないミニカーw・・・ということにさせていただきます。

前回記事はこちら ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2008/07/post_cb7c.html

Rimg0096 Rimg0094 Rimg0099

| | コメント (0) | トラックバック (0)

転生するパンテーラ

今回のアイテムは、ダイヤペットのデ・トマソ・パンテーラLラリータイプ…であります!!
実車パンテーラLは初代モデルのマイナーチェンジ版で1972年に登場しました。
パンテーラというとスパルタンな印象ですが、このLは、ラグジュアリー方向にふったモデルとして知られています。
また、パンテーラといえばル・マン24時間レースへの参戦で知られる他、日本では何といっても漫画『サーキットの狼』に登場した極道連「ぼっちゃん」のマシンとして有名ですよね。
そんな訳で、どちらかというと悪役のイメージが植え付けられたクルマですけど、ご覧のとおり、正義の(!)アリタリア・カラーを身に纏うだけで、良い子の味方(!)のスーパーマシンへ瞬時に早変わりいたします。・・・ホンマカイナ

Rimg0040 Rimg0042 Rimg0044 Rimg0045 Rimg0047 Rimg0050 Rimg0051 Rimg0054 Rimg0055

| | コメント (0) | トラックバック (0)

墓場のカウンタック

今回のアイテムはマテル社から1997年に発売されたダイキャスト・ミニカー・・・であります!!

全長約11.5cmでスケールはおよそ1/35。

ご覧のとおり後期カウンタックのクワトロバルブ5000S(曰く、クワトロバルボーレ)をモデル化したものです。

今回記事のタイトルのように、墓石(!)のごときペイントがイカす玩具となっております。

一見するとプルバックモーターを内蔵していそうですが、コロ走行のみなのが残念です。

Rimg0001 Rimg0003 Rimg0007 Rimg0009 Rimg0011 Rimg0013

| | コメント (0) | トラックバック (0)

応募ハガキ

DXトドロキスペシャルに入っていた『グランプリの鷹』レーシングスーツが当たるキャンペーン応募ハガキ(ガイシュツ品とはバージョン違い)・・・であります。

Pan1232 Pan1231

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グラ鷹お茶碗

『アローエンブレム グランプリの鷹』お茶碗・・・であります!!

本作のヒロイン鈴子さんはパツキンで決めていて、超クールでカッコいいなあ、と。

Rimg0015 Rimg0018 Rimg0021

| | コメント (0) | トラックバック (0)

’78ポピニカ・カタログ

PB-37『DXトドロキスペシャル』に入っていたポピニカ・カタログから『グランプリの鷹』関連ページの抜粋・・・であります!!

1977年のカタログで発売が予告されていた商品の多くは、カウンタックを残して整理されています。

Pan1233 Pan1234

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遥かなる星に願いを込めて

6月30日から7月6日までサークルK&サンクスで展開された宇宙戦艦ヤマト復活編(12月全国東宝系公開予定)WAKUWAKUハッピークジ・・・であります!!

Pan1225

| | コメント (4) | トラックバック (0)

タイヨーのカウンタック・・・

Rimg0023タイヨーのブリキ製カウンタックです。

全長約22.2cm、幅約9.6cm。

乾電池のノンフォールアクション機構を搭載しています・・・って、あれ?この玩具って、どこかで見たような・・・。

Rimg0025そう、トミーブランドで発売されていたのと同じブリキ玩具なのでありました。

トミーのブリキカウンタック ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2008/04/post_44c8.html

箱が違うだけ?

Rimg0027いえいえ、こちらのタイプは電池ボックスのフタ(プラ製)に「TAIYO」の刻印がございます・・・。

海外向けの同型ブリキのカウンタックとして、ニッコーブランドで発売されていた有線リモコン・タイプはこちら ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2008/05/post_3658.html

今回のカウンタックと同じシリーズと思われるランチア・ストラトス・ターボは ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2009/03/post-ed22.html

Rimg0029 Rimg0031

Rimg0037 Rimg0035

Rimg0034

Rimg0033

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カバヤのカウンタック

お馴染みカバヤのビッグワンガムからランボルギーニ・カウンタックLP500S・・・であります!!

Rimg0057 今回登場の個体は「デラックスビッグワンガム」シリーズにラインナップされていたもの。

同シリーズにはウィリアムズホンダ、ポルシェ959などがありまして、車種構成から発売時期が推定できるかと思います。

Rimg0060バブル期(第2次スーパーカーブーム)の商品ですが、モチーフとなったのはご覧のとおり70年代スーパーカーブームの玉者ウルフ・カウンタック。

なお、個体同士の突合は未了ですが、かつて発売されていたF1ガムのカウンタックを再登場させたものではないような気がしています(微妙)。

Rimg0062全長は約10.5㎝(およそ1/38.5スケール)のプラスチック製(デラックスシリーズなのでやや硬めのプラが使用されています)。

エンジンフード、リトラクタブルヘッドライトが開閉し、エンジンもきちんと再現されています。(今回登場の個体はリトラの内部パーツが外れているんで、ヘッドライト開閉ギミックを生き返らせるためには、一度分解して部品をはめ込まないといけないんですけど、面倒くさいので放置プレイ・・・

Rimg0064ワイパー、ドアミラー、シフトレバー、シフトブレーキレバーには、わざわざ別パーツを使用しています(組み立ては結構面倒くさいけど・・・ちなみに左ドアミラーはボディーの中に転がっているので、モデルを手で振ると、カラカラとドアミラーパーツが転がる音が・・・)。

さらにホイール、サブライト、テールランプの一部、マフラーにはメッキパーツが奢られることで、玩具としての見映えがグンとよくなっている感じがいたします。

このサイズのカウンタックで、リトラ開閉ギミックを取り入れたモデルは希少なので、発売元のカバヤさんの誠意が感じられる魅力的なオマケだと思っております。

Rimg0065 Rimg0067 Rimg0069

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カウンタックのボックスアート

ナカムラ1/24カウンタック箱絵の元イラスト

ミシュランタイヤと赤&青のレーシングストライプが特徴です。

Pan1224

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リバプラ森雪④

リバティプラネットさんから発売されていた1/6サイズの「森雪」殿(ソフビ版・設定画コスチューム・上げ手バージョン)・・・であります!!

Rimg0166 Rimg0167 Rimg0168

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リバプラ森雪③

リバティプラネットさんから発売されていた1/6サイズの「森雪」殿(ソフビ版・設定画コスチューム・下げ手バージョン)・・・であります!!

ちょとだけつづく。

Rimg0159 Rimg0162 Rimg0164

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リバプラ森雪②

リバティプラネットさんから発売されていた1/6サイズの「森雪」殿(ソフビ版・完結編コスチューム・下げ手バージョン)・・・であります!!

え?・・・これだけでは当たり前(汗)・・・ちょとだけつづく。

Rimg0155 Rimg0156 Rimg0157

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リバプラ森雪①

リバティプラネットさんから発売されていた1/6サイズの「森雪」殿(ソフビ版・上げ手バージョン)・・・であります!!

これだけでは当たり前なので・・・ちょとだけつづく。

Rimg0152 Rimg0153 Rimg0154

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミニミニパイルダー号

ポピーのミニミニ・ホバーパイルダー号・・・であります!!

fziro様のキャラクターミニカー秘密基地で取り上げられた時になんとなく便乗し損ねたアイテムです。

あらためて見るとなかなかイイ感じで、現行品の「魂」にヒケをとらない仕上がり・・・と言うのは褒め過ぎなのかもしれません。

兜甲児のフィギャが傾いているのは、マジンガーZがコックピットを攻撃されているシーンを再現している・・・わけではないようです。

Rimg0089 Rimg0090 Rimg0094 Rimg0096 Rimg0099

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ミスターサマータイム③

1978年カネボウ・キャンペーンガールの服部まこ殿・・・であります!!

Pan1204

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魔法使いチャッピー

「セイカのけしごむ」から『魔法使いチャッピー』・・・であります!!

Pan0015 Pan0021

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々のカウンタック①+②

2台のスモール玩具の比較画像・・・であります!!

Rimg0138 Rimg0135

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魔女っ子メグちゃん

「セイカのけしごむ」から『魔女っ子メグちゃん』・・・であります!!

Pan0014 Pan0020

| | コメント (4) | トラックバック (0)

久々のカウンタック②

これまたノーブランドのカウンタック・タイプのミニカー・・・であります!!

こちらも全長約2cmと小さめの玩具でビッグフットタイプになっております。

Rimg0130 Rimg0133 Rimg0131

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魔法のマコちゃん

セイカのけしごむ『魔法のマコちゃん』・・・であります!!

この番組関連では、ノートがガイシュツであります

Pan0013 Pan0019

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久々のカウンタック①

全長約2㎝のノーブランド・カウンタック・タイプのミニカー・・・であります!!

ダイキャスト製でコロ走行しますが、妙にイイ走りをします。

Rimg0119 Rimg0121 Rimg0125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひみつのアッコちゃん

セイカのけしごむ『ひみつのアッコちゃん』・・・であります!!

Pan0012 Pan0018

| | コメント (2) | トラックバック (0)

魔法使いサリー

「セイカのけしごむ」から『魔法使いサリー』・・・であります!!

Pan0011 Pan0017

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タイムボカン

ということで、栄光社TVうたの絵本『タイムボカン』・・・であります!!

このネタ(!)も、覆面える様のこちらに人知れず連動していますm(_ _)m

海賊船長、西遊記、インカ帝国、恐竜時代、海底の世界を冒険する見開きカラーイラストが主題歌、副主題歌と一緒に楽しく掲載された絵本となっております。

表紙の可愛らしさが白眉ですね。

Pan0001 Pan0002 Pan0003

| | コメント (2) | トラックバック (0)

白いカウンタック

ネタであります。

Keeley_hazell_britain_001 Countach_004 Save0063

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マークⅡクーペ?

ということで、ダイヤペットの1/30トヨタソアラ2800GT・・・であります!!

このネタ(!)は、覆面える様の日産レパードに人知れず連動していますw

1/40スケールでも十分ユルいのに、1/30だと大味すぎて、もはやソアラと識別することさえ難しいかもしれませんw

ハイソカーの象徴たるソアラも、マークⅡのクーペ版があったのか?と思わせる出来栄えとなっております。

Rimg0101 Rimg0112 Rimg0105 Rimg0113 Rimg0115 Rimg0118

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スーパーカー色あわせ①-2

ネタでありますよ。

Save0060 Coutach_002 Save0059

| | コメント (2) | トラックバック (0)

稲妻のマシン・サイクロン④

ということで、ご承知のとおり、バンダイHGメタルメカコレクションでは、まず新サイクロン初期タイプが発売され、続いてヘッドライト周囲を青く塗った後期バージョンが発売されました。

Rimg0062 Rimg0068 Rimg0069 Rimg0073 Rimg0077 Rimg0079

| | コメント (2) | トラックバック (0)

稲妻のマシン・サイクロン③

さらにどん!w

Rimg0087

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稲妻のマシン・サイクロン②

あ、旧サイクロンの時にダダっと安直に並べたら、覆面える様に突っ込まれたのでw

今回は数で勝負!であります!!・・・って、全然反省してないぢゃん!

ショッカーライダーに倍率ドン!

Rimg0083

| | コメント (2) | トラックバック (0)

稲妻のマシン・サイクロン①

もいっちょ近年モノで新サイクロンネタを・・・。

バンダイHGメタルコレクションの1/24新サイクロン号・・・つづく

Rimg0086

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »