« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

大空魔竜ガイキング

ということで、ショウワノート『大空魔竜ガイキング』の消しゴム・・・であります!!

Pan0009 Pan0008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すっピン3娘

左はご存知プロトタイプ。

中央は炎上(?)事故車LP400の塗装剥離状態。

右はこれまた有名な自家製(!)カウンタックとなります。

Coutach_001 Countach_xx_002 Countach_diy_001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たたかえ!サイクロン②

ご紹介させていただいているアイテムは香港TAX-WISE TRADINGの1/6ダイキャストモデルで、同サイズの仮面ライダーフィギュアを乗せるために発売されたアイテムです。

(フィギュアは付属しませんが、ライダーの握り手が同梱されています。)

Rimg0018 Rimg0004 Rimg0010 Rimg0013 Rimg0011 Rimg0006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たたかえ!サイクロン①

ということで、FZIRO様の『キャラクターミニカー秘密基地』に便乗して、新サイクロン号後期バージョン・・・であります!!

ちょとだけつづく・・・

Rimg0045 Rimg0041 Rimg0046 Rimg0032 Rimg0023 Rimg0037

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ホンニョゴニョンっとアナライザー(違

ブルーノア特集はひとまず最後に、なぜか野村トーイ・ダイキャスト「アナライザー」・・・であります!!

Rimg0117 Rimg0120 Rimg0121

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大小ブルーノア

野村トーイ『宇宙空母ブルーノア』のDXとスタンダードの比較画像であります。

Rimg0114

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全艦マルチ隊形をとれ!

ということで、野村トーイのDXブルーノアに1/1300ダイキャスト・ヤマト、ポピニカ・ヤマトⅢの揃い踏み・・・であります!!

全長はブルーノアが360メートルくらい(!)、ヤマトはだいたい(!)265メートルだったでありましょうか。

Rimg0107 Rimg0109 Rimg0110

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スーパーカー色あわせ?④

Rimg0292 Rimg0202 Pan1199

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スーパーカー色あわせ?③

Rimg0286 Rimg0241 Rimg0240

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スーパーカー色あわせ?②

Rimg0249 Vengo_001

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヤマト暁の発進

マザーシャルバ~ト エコーつき!

Rimg0092ということで、野村トーイの1/1300ヤマトのついでに『宇宙戦艦ヤマトⅢ』(1983年よみうりテレビ)のポピニカ・・・であります!!

側面の錨マークのシールが凛々しいですね。(艦首の錨マークはモールド表現で目立ちませんけど

全長は野村トーイ版とほぼ同じ20㎝位ですが、こちらはかなり細身のシェイプとなっております。(メリハリのある野村トーイ版の方がカッコいい感じ

ポピニカ・ヤマトⅢのギミック

①艦首波動砲が発射可能(自動航法装置を後ろにスライドさせて付属の波動カートリッジを装填し第1主砲の前のスイッチを押すとミサイル・・・もとい波動砲発射!

②艦首下部のカバーを展開させるとレーダーが現れます。

③煙突ミサイルのスイッチを押すと安定翼と第3艦橋が飛び出します。

④下部の車輪でコロ走行可能

ヤマトⅢ諸元

全長265.8㍍、全幅34.6㍍、全高77.0㍍、波動エンジンはスーパーチャージャーつき。

『宇宙戦艦ヤマト2』以降、どんどん改良されていくヤマトのスペックを憶えるのは結構大変でありました。

Rimg0094 Rimg0096 Rimg0099 Rimg0101 Rimg0102 Rimg0104 Rimg0105

| | コメント (4) | トラックバック (0)

スーパーカー色あわせ?①

Rimg0279 Rimg0281 Rimg0280

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ランボルギーニ過去問⑦

Rimg0255 Rimg0259 Rimg0260

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熟女対年増・・・深謝

Rimg0252

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の夏・ヤマトの夏

宇宙空母ブルーノア』つながり(?)で、野村トーイの1/1300『宇宙戦艦ヤマト』・・・であります!!

と言いながら、密かにFZIRO様のキャラクターミニカー秘密基地に連動しています。m(_ _)m

全長約20cmのダイキャスト製品で、下部ボタンで安定翼を展開させることが可能であります。付属のコスモタイガーⅡを格納できる遊びもついています。

車輪走行などの余計なギミックがない完全ディスプレイ・モデルとなっております。

『さらば宇宙戦艦ヤマト』劇場公開当時、ワタシはお子ちゃまだったので、ヤマトが2隻あれば彗星帝国に対抗できるのでは?と考えておりました。

Rimg0083 Rimg0085 Rimg0087

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ランボルギーニ過去問⑥

Rimg0246 Rimg0247 Rimg0248

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マットビークル

オートアート1/18マットビハイクルでありますか。

「マットビハイクル」は、1971年~放送の「帰ってきたウルトラマン」の中で、MONSTER ATTACK TEAM=「MAT」の隊員が乗る特殊車両として鮮烈にデビュー。未来的スタイリングを持つマツダコスモスポーツ(L10B型)をベースに、劇中車としては非常に魅力的に仕上げられました。オートアートでは、当時の貴重な資料をもとに、特徴的なアンテナ、リアのスタビライザー、助手席グローブボックスの無線装置等を忠実に再現。スペシャルオプションとして同スケールのマットシュートとヘルメット(額の番号は郷秀樹の“6”)が付属。

Save0029

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レインボルギーニ?

アートレインXのカウンタックでありますなケロケロリ

Rimg0251

| | コメント (0) | トラックバック (0)

STDブルーノア:補足②

野村トーイ『宇宙空母ブルーノアスタンダードセット』の甲板クローズド状態・・・であります!!

『大空魔竜ガイキング』のボリューションプロテクトを連想させるビジュアルで、劇中ではもっぱら潜水時に変形しておりました。玩具の説明にあるようにこの形態が戦艦モードだttらもっと面白かったかも・・・。

Rimg0074 Rimg0069 Rimg0071

| | コメント (0) | トラックバック (0)

STDブルーノア:補足①

野村トーイ『宇宙空母ブルーノア スタンダードセット』の箱絵・・・であります!!

パッケージイラストは先のDX版と共通。ただし、DX版の初期生産分では手書イラストのボックスアートが使用されていました。

Rimg0076 Rimg0077 Rimg0079

| | コメント (0) | トラックバック (0)

STD宇宙空母ブルーノア

巨大戦艦→宇宙空母へチェンジ!

ということで、「宇宙空母ブルーノア スタンダードセット」・・・であります!!

DX版と同じく、野村トーイから発売されていた玩具で全長約18㎝のダイキャスト製品となります。

スタンダードとはいえ、甲板開閉、集束ミサイル発射、ブースターヘリ合体、後部スイッチでヘリ発射(ヘリを上方に射出する)とギミック満載で、DX半に負けず劣らずの仕上がりとなっております。

ブルーノア本体は艦底の車輪で転がし走行が可能

甲板下の集束ミサイルランチャーを取り付けた状態で地面に置くと甲板が持ち上がってしまうので、スペーサーの上に乗せて撮影しています。これ以上ランチャーを小さくすると子供が操作しづらい寸法になるのでやむをえない措置でありましょうな。

Rimg0056 Rimg0059_2 Rimg0061 Rimg0065 Rimg0063

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランボルギーニ過去問⑤

Rimg0271 Rimg0272 Rimg0273

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先行画像紫艶

サムシング・レッド・・・でありますヾ(;´Д`A

Rimg03859 Rimg03862 Rimg03863 Rimg03864 Rimg03866 Rimg03867

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カウンタック進化論

前日のムック本に続けとばかりに7月号のRossoはカウンタックづくし・・・であります!!

カウンタック進化論」と銘打ち、エボルツィオーネ、L150の特集が組まれていました(微妙に過去形

Rosso_002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランボルギーニ過去問④

Rimg0269 Rimg0268 Rimg0267

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DXブルーノア:補足③

野村トーイ『宇宙空母ブルーノア 合体DXセット』、最後は戦闘ヘリコプター・・・であります!!

劇中では「戦闘ヘリ バイソン」と呼称されましたが、玩具では「戦闘ヘリコプター」「戦闘ヘリ」などとなっていて、「バイソン」の名称は用いられませんでした。

黄緑色のヘリってのは、今でも悪い意味(!)で強烈ですw

劇中ではブルーノア・コスモに改修されたら積載スペースがなくなってしまい、地上戦の特攻メカとして壮絶に(正確には回想シーンみたいな印象ですけど)散りました(涙

Rimg0027 Rimg0031 Rimg0032

| | コメント (2) | トラックバック (0)

DXブルーノア:補足②

野村トーイ『宇宙空母ブルーノア 合体DX』のシーラ・・・であります!!

主人公:日下真の搭乗艦でありまして劇中では主役メカといってもいいほど活躍シーンが多かった潜水艦なのであります。

玩具もダイキャスト製でズシリと重く、細かいディテールまで丁寧に作りこまれています。

同商品CM「潜水艦シーラ発進!」(だっけ?)のセリフが懐かしいのでありますよ。

Rimg0034 Rimg0040 Rimg0036

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DXブルーノア:補足①

野村トーイ『宇宙空母ブルーノア 合体DX』のイラスト&インスト・・・であります!!

この玩具には説明書は付属しませんが、上箱の説明書で十分理解できるギミックなのであります。

Rimg0042 Rimg0045 Rimg0046 Rimg0047 Rimg0051 Rimg0052

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若き獅子たちの誕生:宇宙空母ブルーノア

え~、ようやく帰ってまいりました(*_ _)人ゴメンナサイ 。

ということ(??)で、「ち~ぷトイトイ」久々の玩具ネタは「宇宙空母ブルーノア合体DX」By野村トーイ・・・であります!!

ご承知のとおり『宇宙空母ブルーノア』は1979年10月から約半年間、よみうりテレビ方面で放送されたアニメ番組であります。『新・巨人の星』→『宇宙戦艦ヤマト2』→『新・巨人の星Ⅱ』につづいて放送されていたかと存じます。

今でこそテレビ番組の拡大放送は珍しくありませんが、第1回放送は当時としては珍しい2時間テレフィーチャーとして大々的に宣伝され、鳴り物入りで放送がスタートしました。

ブルーノア仕様(野村トーイの玩具説明書き

ブルーノアは基準排水量17万トン超という超大型戦闘空母。艦載機150機を積載。抵抗組織マルスの誇る唯一最大の対ゴドム秘密兵器。光波ブースターと合体し大気圏内外の航行が可能な「ブルーノア・コスモ」になる。

つまり、最終エピソードあたりでシーラ、戦闘ヘリをオミットし、宇宙へ飛んで行ったのは「ブルーノア・コスモ」仕様で、N1ポイント小笠原研究所からN9ポイントへ洋上航行(時には潜水!)していた戦略空母形態こそが「宇宙空母ブルーノア」なのでありますホンマカイナ

それはともかくこんかいのDX版「ブルーノア」は全長約30cmのプラ製玩具。

飛行甲板の開閉ギミックを備え、潜水艦シーラと戦闘ヘリコプターが合体可能、集束ミサイル(甲板展開時に下に来る部分でありますな)発射ギミック、付属艦載機を甲板からカタパルト発射することができます。

ブルーノア本体は台車に乗っけて転がし走行させることができます!

Rimg000 Rimg0004 Rimg0008 Rimg0010 Rimg0014 Rimg0018 Rimg0019 Rimg0021 Rimg0023

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Gulfカウンタック?

Rimg0253

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カウンタック アーカイブス

最近のムックから、ネコ・パブリッシングさんが刊行しているスーパーカーアーカイブス・シリーズ(定価1,800円)の№02「ランボルギーニ カウンタック」・・・であります!!

センター特集の最新のLP500Rリポートが目を引きます。

いろいろあるんでしょうが、いつかは「ハマの黒ヒョウ」のカウンタックも取り上げていただきたいと思います。

同シリーズでは他に、ディアブロ、ガヤルド、ムルシエラゴがランボルギーニ代表(?)として発売されています。

Rosso_001

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まんまランボル(爆

Rimg0250

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランボルギーニ過去問②

Rimg0261 Rimg0262 Rimg0263

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランボルギーニ過去問①

Rimg0265 Rimg0266

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次週予告

流石島レース激化は必至だが、風吹裕矢の新テクニックも見物だ。

読者全員を、カーマニアにすることを約束するぜ!!

Pan1183

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次週予告

新車(ニューマシン)・ディノをえて一段と成長した風吹裕矢

次のレースも間ぢかだ!!

Pan1182

| | コメント (2) | トラックバック (0)

次週予告

カーレースのすべてを描破

予断をゆるさぬトップグループの死闘

風吹に意外な強敵出現!?

Pan1181

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次週予告

ブッちぎれカウンタック

Pan1180

| | コメント (2) | トラックバック (0)

次週予告

話題をさらったカー漫画、今年も人気街道を爆走!!

Pan1179

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次週予告

レインタイヤに変えて、猛追撃中の風吹!!

黒ヒョウのカウンタックと雨中の大決戦!!

Pan1178

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次週予告

ハマの黒ヒョウ駆るカウンタックがしつようにトップを追うが・・!!

Pan1177

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしいのりもの

『空中都市008』・・・であります!!

Pan1174

| | コメント (2) | トラックバック (0)

たれめとちっこいめ

ぴんきいとなかよし55号・・・であります!!

Pan1175

| | コメント (2) | トラックバック (0)

松本ロマン:その3

現実がパチに追いついてきた感じでありますよケロケロリ

Pan1167 Pan1168

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『白熱の愛』②

愛読者賞チャレンジ作品『白熱の愛』。

アグネス・ラムばりのモデルを巡って、カウンタックに乗る某山止先生と、フェラーリBBを操る池沢先生が白熱の・・・以下、いろんな意味で自粛!

Pan1169

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松本ロマン:その2

これまたパチでありますなケロケロリ

Pan1165

| | コメント (4) | トラックバック (0)

映画化決定!

『サーキットの狼』映画化すすむ

カーレースもの最大のヒット漫画、池沢さとし先生の『サーキットの狼』を東映が映画化をすすめている。

『グランプリ』『栄光のルマン』など外国映画では、カーレースものの名作は多いが、日本映画初の本格カーレース映画誕生となるか

Pan1172

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「サーキットの狼」大懸賞

日東プラ模にシンセイRCとゴージャスな懸賞でありますなケロケロリ

Pan1170

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松本ロマン

パチですけど。

Pan1163 Pan1164

| | コメント (4) | トラックバック (0)

池沢懸賞

『サーキットの狼』関連グッズプレゼント(タイムサーキットとバッジ)・・・であります!!

Pan1160

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「サーキットの狼」検定:解答編

大人気連載中の『サーキットの狼』が、ついに、レコードになったぞ!

6月21日にCBSソニーより発売。

うたっているのは『およげ!たいやきくん』の子門真人。

B面では池沢さとし先生の語りも、きけるぞ。

8月に東映で封切られる『サーキットの狼』の主題歌にもなっている。

Pan1158

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨネザワの逆襲

以前ご紹介させていただいた米澤玩具の超巨大プラ玩のランボルギーニ・カウンタックLP500Sのカラバリ、というより黄色ボディ車シール替えによるレーシング・バージョン・・・であります!!

過去登場分

赤 ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2008/04/500_7236.html

PC ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2008/04/500_1025.html

黄色(ノーマル) ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2008/04/500_152b.html

Rimg0060 Rimg0063 Rimg0064 Rimg0066 Rimg0069 Rimg0072

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風吹のよみ

白熱のデッドヒート!!

風吹のよみは的中か?雨にかける風吹と飛鳥!!・・・

流石島レース。

ご承知のとおり、後方から風吹と飛鳥が追い上げ中に、雨が降るのを見込んでいち早くレインタイヤにスイッチしたのは早瀬左近であります。

今回の画像は早瀬のピットアウトで終わる回の予告で、連載当時この説明にすっかり騙されてしまいました。

この後の展開でレインタイヤの女豹に挑む風吹の「タックイン!」は、スリックタイヤでウェットレースを征する風吹の新必殺(!)技だとばかり思っていました(涙)

Pan1151

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「サーキットの狼」検定

♪他人はオレを呼ぶさ うわさの男 あついロータスの狼だと♪

Pan1156ということで、ここで問題です。

大ヒットレコード「サーキットの」(CBSソニー)の発売年月日を述べよ。

池沢先生のレコードをみんなで応援しよう!

池沢さとし先生自身による作詩、そしてあの子門真人が歌う「サーキットの狼」遂にレコード化。

片面には男のロマン”レーサー”をテーマとした詩を池沢先生の語りで収録(「小さな箱の中で」)。

また、8月に上映予定の東映映画「サーキットの狼」の主題歌にも決定。

さあ、みんなで池沢先生のレコードを応援しよう。

レコードジャケットはこちら ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2008/04/post_55a1.html

関係スチールから ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2009/01/post-870b.html

映画公開時のジャンプ巻頭 ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2008/08/post_1372.html

Pan1157

| | コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁のカウンタック

メーカー不肖、警視庁PC風に仕立てられたカウンタックの玩具・・・であります!!

Rimg0015 全長約14㎝のプラスチック製。

単3電池2本で下面の転輪がクルクル回り、ミステリーアクションっぽく走り回ります。

走行中はパトライトとアンテナ先端が点滅し、この玩具が机の上をジバタバ走り回るのを見ていると、かなり楽しいかもしれません。

前輪はダミー。後輪は無動力で、補助輪となります。

製造は台湾。

Rimg0017 Rimg0021 Rimg0023 Rimg0025 Rimg0019

| | コメント (4) | トラックバック (0)

サーキットの狼 番外編

大増45ページ!

風吹のディノRSセリカLBターボの男が熱いバトルを繰り広げる!!

セリカLBにトヨタニュー7のエンジンが搭載された秘話を大公開!

んなワケないっス!

ちなみに、ハマの黒ヒョウでもありません  

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2008/09/post-f9f9.html

Pan1150

| | コメント (2) | トラックバック (0)

KY紫艶でゴミンナサイ(日テレプラス)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カウンタックの下敷き

新しい時代のボールペン・鉛筆書写用下敷

ということで、柔らかいビニールが硬筆の筆圧を和らげ、書類保存も可能な「硬筆用ダブル下敷」・・・・であります!!

と書いてみたものの、なんのことはない、透明ビニールがついた白い下敷です。

小学生の頃はブロマイドや漫画などの切抜きを挟むだけでしたが・・・。

ランボルギーニ・カウンタックLP500

イタリヤ製 最高速度315㎞/H 出力447PS 排気量3929㏄

Pan1154 Pan1155 Pan1153

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マルカのカウンタック

マルカから発売されていたカウンタックLP500S・・・であります!!

Rimg0074 全長約32cmのポリ製品。タグに「乗用」と表記されています。

ポリ製品なのにリアウイングを別パーツで再現した心意気は立派だと思います。

タイヤの金属シャフトは太さが約3㎜。ボディーのポリも肉厚も十分で、大人が座っても大丈夫な強度を誇ります。

ちなみに、以前登場した青のジャンク個体の完品がこちらとなります。

その青い個体を修復する上で、オリジナルのタイヤ周りの強度をどう再現すべきなのか思案しているところです。

ちなみに、リアウイングも絶対壊れないだろうと思わせる位しっかり取り付けてあります。

青(ただしジャンク)はこちら ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2008/04/post_422d.html

ポリエチレンのLP400(赤)はこちら ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2008/04/post_6d0a.htmlRimg0080 Rimg0081 Rimg0076_2 Rimg0083 Rimg0078

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二次なレジン?

ルックスマートの1/43ランボルギーニ・カウンタックLP500R・・・であります!!

Rimg0045 Rimg0047 Rimg0049 Rimg0051 Rimg0056 Rimg0058

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魅惑のバス特集:ホントにライオン

♪ホントにホントにホントにホントにライオンだ♪

Rimg0027ということで、富士サファリパーク内で売られていた「ジャングルバスセット」・・・であります!!

セットの中身は、全長約15㎝のダイカスト製バス、約7㎝のプラ製サファリ四駆、サファリパークのなかま5ひきのどうぶつ、サファリマップシート(ビニール製)の豪華詰め合わせとなります。

広げたビニールシートの上に、どうぶつを配置して、バスと四駆で走り回れば雄大な富士サファリパークの思い出を再現することができます。(ワタシ、売店の人みたい・・・

発売元は「富士サファリパーク」とありますがミニカーには刻印等一切ありません。

Rimg0031 Rimg0032 Rimg0034 Rimg0038 Rimg0042

Rimg0040

| | コメント (4) | トラックバック (0)

香港型カウンタック

メーカー名未確認のカウンタックのプルバックミニカー・・・であります!!

Rimg0007 ボディはダイカスト製で全長は約9㎝。プラ製のシャーシには「1/45scale」と刻印されています。製造は香港。

また、モデル名の刻印は「lamborghini」で、とくにカウンタックを名乗ってはいません。

ボディの「黒いストライプ、ドアのゼッケンなどはすべてシールで表現されています。

フロントバンパーはカウンタックというよりデ・トマソ・パンテーラやランチア・ストラトスを思わせる仕上り。

オーバーフェンダーの形状などはウルフ・カウンタックのようでもあり、ミニカーを上から見るとカウンタックの特徴を捉えていて、ちょっとイイ感じの玩具であります。

Rimg0014 Rimg0012 Rimg0009

| | コメント (2) | トラックバック (0)

攻防戦の巻

世界のエキサイティングカー

ランボルギーニ・イオタ(イタリア)

●同社のミウラのレーシングバージョン(仕様)といわれるモデル。

ミウラのSVの改造版であるイオタもでているが 本当のイオタは世界に4台しかないといわれている。

●このイオタ ナゾのベールにつつまれていてスペック(内容)など 不明な点が多い。

Pan1148

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北米最古(?)のカウンタック:水色

胃伊部井で見かけたTOOTSIETOYS社製カウンタックのカラバリ・・・であります!!

まあ、これだけでは画面的に寂しかったので、水色ボディつながりのサービスカットも追加・・・であります!!

Rimg0117 Rimg010 Pan1145

| | コメント (10) | トラックバック (0)

北米最古(?)のカウンタック

TOOTSIETOYS社のランボルギーニカウンタック・・・であります!!

Rimg0085 全長約26.5㎝のプラスチック(ABS)玩具であります。

ビンテージミニカーで有名なTOOTSIETOYS社の製品で、同社の伝統的な2ピース構造となっております。

黒いボディーパーツと、黄色の下部パーツ(シャーシを省略しつつ内装&フロントバンパー、リアのエアアウトレット、はてはマフラー類までを一体再現)の大胆な構成で、細部まで丁寧に再現されています。

TOOTSIE TOY 

http://www.tootsietoy.com/

Rimg0097 Rimg0087 Rimg0089 Rimg0091 Rimg0093 Rimg0099

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メタボグランプリ

先のミニジャックグランプリの補足画像・・・であります!!

なんか手違いで「ラリー」が2個・・・。

Rimg0001 Rimg0005 Rimg0003

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プロト・カウンタックの誘惑②

子供の頃、プロト・カウンタックで一番好きだったのは、ピレリタイヤ・サイドウオールの刻印「CINTURATO」の浮き文字でありました。

Pan1144 Pan1142

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロト・カウンタックの誘惑

さしものランボルギーニ・ミウラも、デビューから数年たちライバル車に対するアドバンテージがうすれつつあった1971年。ランボルギーニ社の次期フラッグシップモデルとして紹介されたのが衝撃作が「countach」だ。

しかし、同社は資金難に陥り、1974年にようやく生産開始されたカウンタックには、当初予定された5リッターエンジンの搭載は見送られ、ミウラ後期においてチューニング的に限界といわれた3929㏄V12エンジンが転用されることとなる。

CG誌では当時から「カウンタック」と表記し、その紹介記事は多くの文献にパクられ、否リスペクト・・・オマージュ・・・ぶっちゃけ引用されてきました。

Pan1143

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美少女型メイクアップ

ス○パーで放送が始まるのでありますよ。

Rimg0094 Rimg0077 Rimg0075

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サンキューなカウンタック

QQQパックもしくはIセット(いい加減!)のカウンタックA-2白ボディ・・・であります!!

Iセットはスクリーンが青だった記憶があるので、この子はサンキューパックだと思います。アヤフヤm(_ _)m

Rimg0052 Rimg0054 Rimg0056 Rimg0058 Rimg0060 Rimg0062

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラウマの部屋

斎田リコ殿?

ガラクシーも殺伐・・・m(_ _)m

Rimg0096 Rimg0097 Rimg0098

| | コメント (2) | トラックバック (0)

暗闇カウンタック

暗闇で光るサンキューパックのカウンタックA-2(蓄光ボディ)・・・であります!!

Rimg0045 Rimg0046 Rimg0048 Rimg0050

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俺のF1・8輪車⑦

ポピー「アローエンブレムグランプリの鷹」の「トドロキスペシャルオプションセット」・・・であります!!

なんのことはない、先に登場したプラデラのバラ売品。

T1~T-3がセットになったBOX仕様タイプはプラデラを名乗りますがブリスター版のこちらは商品名が「~オプションセット」となります。

ぶっちゃけT-1~T-3がバラ売りされてるワケで、コストパフォーマンス的にどうなんでしょう。

ほぼAサイズの台紙に、出来ばえ微妙なトドロキスペシャル(画像はT-2)がご覧のようにブリスターパックされております。

Rimg0033 Rimg0040 Rimg0034 Rimg0042 Rimg0036

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンセイコラボのカウンタック⑥

shinsei とCoxに関係したミニカーに関するURL

http://www.gasolinealleyantiques.com/diecast/misc.htm#COX%20SHINSHEI

BACHMANN by Cox Shinsei (Korea)
B-Line Jet Machines 1:38 scale

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンセイコラボのカウンタック⑤

井伊部異におけるシンセイとBACHMANN

左=シンセイ (パッケージが英語表記.。「イルカ」のマークが目視できます)

右=BACHMANN(シンセイ版に比べ格安です)

いずれも画像のみm(_ _)m

Rimg0065

Rimg0066

| | コメント (0) | トラックバック (0)

爆音アゲろ!サイクロン①~③

1枚目(左)の画像

 大=ゲーセンプライズ(フィギュアを乗っけるだけで完成!

 中=ポピニカ魂(あまり売れなかったそうで、今でもガンガン売っています(涙)

 小=メタルメカコレクション(ブレーキホースが別パーツになっていますが・・・

2、3枚目の画像・・・あの、その、ロボイザー!

以上サイクロン号、ちょっち前の有名どころ3アイテムでした m(_ _)m

Rimg0029

Rimg0002 Rimg0001

| | コメント (4) | トラックバック (0)

爆音アゲろ!サイクロン③

え~。

え~、まじめ(?)にカウンタックネタを続けようと思っていました(ウソツケ!)が、誘惑に負けて(爆

fziro様の「キャラクターミニカー秘密基地」に便乗!

っつ~か出したもん勝ち、否、無芸な出し逃げ(!)ということで、バンプレストのゲーセンプライズ「DX仮面ライダーフィギュア&バイク」のサイクロン号・・・であります!!

(*_ _)人ゴメンナサイ

Rimg0021 Rimg0023 Rimg0026

| | コメント (4) | トラックバック (0)

爆音アゲろ!サイクロン②

え~。

え~、まじめにカウンタックネタを続けようと思っていました(ウソツケ!)が、誘惑に負けて(爆

fziro様の「キャラクターミニカー秘密基地」に便乗!

っつ~か出したもん勝ち、否、最早出し逃げ(!)ということで、バンダイ「ポピニカ魂」(PX-01:2000年発売:概ね1/15サイズ)からサイクロン号・・・であります!!

(*_ _)人ゴメンナサイ

Rimg0010 Rimg0012 Rimg0014 Rimg0016 Rimg0019 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

爆音アゲろ!サイクロン①

え~。

え~、まじめにカウンタックネタを続けようと思っていました(ウソツケ!)が、誘惑に負けて(爆

fziro様の「キャラクターミニカー秘密基地」に便乗!

っつ~か出したもん勝ち、否、単なる出し逃げ(!)ということで、バンダイ「HGメタルメカコレクション」(№02)からサイクロン号(1/24)・・・であります!!

(*_ _)人ゴメンナサイ

Rimg0003 Rimg0005 Rimg0006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペークラ・カウンタック

小学5年生9月号の付録「ランボルギーニカウンタックLP500S」他1台の紙製モデル・・・であります!!

LP500Sを名乗ってはいますが、どう見てもノーマルのLP400なのであります。

ちなみに他1台はBMW3.5CSL。

パーツは、①ボディーと②ルーフ、③ルーフ後部と④⑤エアインテーク左右各1つの、合計5つで構成されています。

以前ご紹介させていただいた小学3年生用に比べればシンプルな作りですが、3年生用はお父さんが作ることを前提に設計されたんでしょうか?

ちなみにBMWはボディーはワンピースなんですがオーバーフェンダーなどボリュームアップ系が別パーツとなっていて作るのは結構大変です。

小学3年生付録のペーパークラフト(LP400赤) ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2008/05/post_0dd6.html

旺文社の学習雑誌宣材のペーパークラフト(LP400赤:小サイズ) ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2008/05/post_51a7.html

絵本付属のペーパークラフト(ウルフ1号車仕様) ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2008/05/post_8c78.html

絵本付属のペーパークラフト(ウルフ2号車仕様) ↓

http://dodolog.cocolog-wbs.com/blog/2008/06/post_55eb.html

Pan1147

Pan1148 Pan1149

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シンセイコラボのカウンタック④

BACHMANN「JET MACHINE」ランボルギーニカウンタック黄色の個体のつづき・・・・であります!!

1枚目の写真:手前=「世界の名車」、真ん中=BACHMANNジェットマシン、奥のブリスターが「ZeeToys」となります。

「世界の名車」と「ZeeToys」は寸法はほぼ同じ。この2台はリア・オーバーフェンダーの作りが同じで、実車に近い表現をしているジェットマシンとは大きく異なります。

ただし、リアウイングはZeeToysのみがプラスチックパーツを使用し、他2車種は金属製で車体と同色となります。

Rimg0069 Rimg0072 Rimg0068

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンセイコラボのカウンタック③

BACHMANN「JET MACHINE」ランボルギーニカウンタック黄色の個体・・・・であります!!

1枚目の写真:左=BACHMANNジェットマシン、右=「世界の名車」、奥の2台が「ZeeToys」(ブリスター)となります。

BACHMANNジェットマシンと「世界の名車」は寸法こそ違いますが、ドアヒンジの作りやドアのストッパー、エンジンフードの表現は殆ど同じです。

ただし、3枚目の画像のようにフロント周りの表現が大きく異なります。

Rimg0063 Rimg0064 Rimg0067

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »