« 1977年のF1 | トップページ | バトルジェット② »

バトルジェット

♪吹き上げろ戦いの風 やって来い地球を荒らす侵略者♪

ということで、超合金魂コン・バトラーVを買って、バトル・ジェットのあまりの小ささに目が点になった「少年の心を持った大人たち」へ・・・。放送当時発売された超合金、プラモデルをコンバインさせると・・・頭がデッカイのでありました。

今回のアイテムはロビンから発売されていた「GoGoシリーズ コンバイン!!バトルジェット 音入り」・・・であります!!

全長約13.5㎝、幅約15.5㎝のプラスチック製品で、フリクション走行させるとポコポコ音が出る幼児向け玩具となります。

バトルジェット単体のみの玩具なので、コンバインはできません。

『超電磁ロボ・コンバトラーV』(1976年:東映:ひろみプロ)は、キャンベル星人による地球侵略から地球を守るため、南原コネクションが完成させた超電磁ロボ。

バトルマシン5機が合体(コン・バイン)して巨大ロボットとなります。

南原博士が建造し、実戦の中で四谷博士が改良を加えていき、有名な超電磁ヨーヨー、超電磁スピンの他、基本装備&追加装備&バージョンアップされた武器がメチャ多くて、それらを暗記するのが当時の小学生の日常業務でありました。 

バトルジェットはコンバトラーの頭部になる戦闘機で、マッハ4(劇中)~11(設定)で飛行。推進力は原子力ジェットだったかと思います。

ドスプレッシャー(十字型に取り付けた四本の短刀がクルクル回る。主翼端から出てくる)、スカイリッパー(左右の主翼からそれぞれ発射する四連手裏剣)、マグネレーザー、30ミリマシンガン バルカンミサイルなどで武装しています。

2号機バトルクラッシャーとのコンビ攻撃もカッチョええのであります「エレクトロダート」もカッチョええ。

超電磁発生装置を搭載し、コンバインのための超磁力(?)を発生。

コンバイン後はコンバトラーの操縦系を担当します。

パイロットはもちろん葵豹馬(太陽学園出身)。この玩具のイラストの人物は誰?って感じ。

レ~ッツ!コンバイ~ン!!で操縦桿部分が二つに開く描写にシビレました。

Rimg0003 Rimg0009 Rimg0007 Rimg0011 Rimg0025 Rimg0013

Rimg0021

|

« 1977年のF1 | トップページ | バトルジェット② »

ロビン」カテゴリの記事

コメント

おおー、、

スパイダーヘッド、、じゃなかったぁ、すかいぜるヘッドでつねー、、ばきばき

ぐぇー、、

これ、頭部だけ走ると思うと気持ち悪いでつけど、ヒコーキだと思えばぜんぜんヘーキでつね(爆)

投稿: 覆面える | 2009年4月 7日 (火) 13時43分

〉覆面える様
コメント賜り恐縮です。

》すかいぜるヘッド
笑いました。
夏夕介さんの顔面が出てきたら、それはそれで楽しいかも。

幼少の頃、超合金よりこの手のプラ玩の方が楽しかったな。
超合金と違って、おねだりすれば高確率で買ってもらえたし。
でも、遊んでいるとすぐにボキッ!と壊れてお払い箱になってしまうんですが(涙)

投稿: どどまいや | 2009年4月 7日 (火) 16時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バトルジェット:

« 1977年のF1 | トップページ | バトルジェット② »