« ビートルのオマケ その他② | トップページ | 風吹対ピーターソン »

宇宙刑事ギャバン

ちゅう~!

Rimg0139ということで、『宇宙刑事ギャバン』(1982年:東映)「宇宙刑事スパイラルセット」・・・であります!!

バンダイさんが発売していたプラ玩具で、大きさはトミカRimg0142程度のギャビオンとサイバリアンがセットになった超豪華!ではなくて・・・ち~ぷ玩具です。

ギャビオンは宇宙刑事ギャバンの活動を支援する万能戦闘車で、上部飛行メカと下部戦車部に分離可能。マクー戦闘円盤との戦いや救助活動に使用Rimg0144されました。

この玩具でもAメカとBメカに分離合体可能。あと細かいですけどAメカ前部の扉が開閉可能で、扉の裏にはギャバンがモールドされています。

Rimg0146サイバリアンにはプルバックゼンマイを搭載、カッコ良くダッシュ走行します。ただし下面部分全面に銀メッキパーツが使用されているため、ちょっと遊ぶと底部がキズだらけになってしまいます(涙)。

Rimg0150超空間はバイクメカ(サイバリアン、ホバリアン、ブルホーク)で突入し、超空間内での敵艦艇攻撃には母艦(電子星獣ドル、グランドバース、バビロス)で応戦するパターンは第1作ギャバンにて確立されました。

今回の戦闘車は超空間発生以前のパートで、敵飛行メカによるRimg0152攻撃や救助活動に投入されるんですが、ギャバン~シャリバンでは試行錯誤が繰り返された感じがします。

第3作シャイダーでは敵飛行メカには上部のスカイシャイアンで応戦し、敵の地底アジトには下部のドリル・シャイアンで突入します。

Rimg0148ギャビオンは分離した飛行メカのデザインがこなれていない感じがしますし、シャリバンのシャリンガータンクは分離機能はありますが、分離しないまま飛んで攻撃を行ったりもします。

Rimg0154さらにシャイダー以前の2作では地底突入は、戦闘車搭載のスクーパー、モグリランを使用していました。

Rimg0156

|

« ビートルのオマケ その他② | トップページ | 風吹対ピーターソン »

バンダイ」カテゴリの記事

コメント

おお、こんなちーぷトイトイでも、サイバリアンカッコイイなぁ!
サイバリアンは持ってないので、どうかポピニカも見せてくらさいヽ(´ー`)ノ

投稿: FZIRO | 2009年2月28日 (土) 11時32分

> FZIRO 様
コメントいただきありがとうございます。

ご指摘のとおり、サイバリアンってミョ~にカッコ良いですね。
自分的には子供の頃を思い出して久しぶりに憧れたマシンでした。
(ギャバン放送時も一応子供だったけど)

電子星獣ドルとか今回のギャビオンは好き嫌いがハッキリ分かれる感じ、ってゆ~かギャビオンは存在すら忘れられていたりしてチョト悲しいです(涙)

投稿: どどまいや | 2009年2月28日 (土) 13時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510114/44184866

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙刑事ギャバン:

« ビートルのオマケ その他② | トップページ | 風吹対ピーターソン »