« ミニラマカウンタック | トップページ | 狼の紋章 »

蘇る金狼

Rimg0207「オートロマンからカウンタックをお届けしました」

映画でカウンタックの納車シーンに登場した自動車セールスマン「オートロマンのセンゲン」さんは、仙元誠三カメラマンの苗字をとって村川透監督が演じたとも言われている(ってことでいいのかしら?)、角川映画『蘇る金狼』(1979年:東映)。

巨万の富を手にした松田優作さん演じる主人公:朝倉が議事堂前を笑いながらカウンタックで疾走するシーンが有名ですよね。

♪街はいつしかざわめき途絶え 心なくした顔がある♪

LDジャケはカウンタック&朝倉のデザインでまとめられ、この映画のツボを見事に押さえています。近年のDVDは、当時のレコード・ジャケット的なデザインが採用されています

約(!)8年前のゲンロク誌でウルフ・カンタックの特集が組まれた際、三保文化ランド(静岡県清水市)のスーパーカーショーに登場した当時のスチール(その頃ウルフ・カウンタックは、オートロマンが所有していた)が掲載され感動しました(小学生の時、そのショー見に行ったので・・・)。

外観上、サブライトの前のラリーレーシングのステッカーがオートロマンのものに変更されているのが特徴・・・。

近年、ROSSO誌ではウルフ・カウンタック1号車が銀座を走行するシーンを再現する企画も組まれました。

あ、忘れちゃいけない!映画にはマセラティ・メラクも出てま~す。

「見てから読むか、読んでから見るか」

これはルボラン誌 

http://www.drivingfuture.com/magazine/levolant/lvjp/contents/honshi/2003-02/screen/2003-02screen1.html

Rimg0212 Rimg0211 Save0905 Save0904

|

« ミニラマカウンタック | トップページ | 狼の紋章 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510114/43348866

この記事へのトラックバック一覧です: 蘇る金狼:

« ミニラマカウンタック | トップページ | 狼の紋章 »