« グランプリの鷹とびだすえほん | トップページ | エースをねらえ! »

バイオニック・ジェミー

ワタシの住んでいる地域では1977年頃の日曜日正午からのオンエアで、後に日曜夜22時30分へと放送時間帯が移行しました。

ジェミーの放送が終了してから何年か後に、深夜『600万ドルの男』を見ていたら「バイオニック・ジェミー誕生」前後編が放送され、悲劇的なラストシーンに涙しました。

米国では1974年から『600万ドルの男』が放送開始されて高視聴率を獲得。

その中でも前述のエピソードは屈指の人気を誇り『バイオニック・ジェミー』としてスピンオフしたとの事。

両作品は同時期に製作・放送され、クロスオーバーなお話もあったそうですが、先に『バイオニック・ジェミー』を視聴した者としては、ジェミーと同じ設定でムサいオッサンが頑張っとるなぁ・・・と。

けど広川太一朗さんが声アテててカッコいいぞい!って印象でした。

ジェミーの魅力を語る上で大きな要素となるのが田島令子さんの素晴らしい吹替にあることは、今更ワタシごときが口を挟む問題ではないですネ。

近年スカパーで全話放送された時は、予告編のジェミーとゴールドマン局長の掛け合いや、田島さんヴォーカルの名曲「ジェミーの愛」がカットされていて心底悲しかったッス。

劇中、ジェミーの愛車は日本名フェアレディZだったと思うけど、米国では女性でも購入できる手軽なクルマとしてチョイスされたのでしょうか?

画像のミニカーはダイヤペット1/30フェアレディ280Z-Tです。

「ジェミーの愛」

http://jp.youtube.com/watch?v=bGqmJkFUGfU

Save0350 Save0351

Rimg0105 Rimg0106 Rimg0107

|

« グランプリの鷹とびだすえほん | トップページ | エースをねらえ! »

ヨネザワ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

たしか使われて他のは大門スペシャルと同じタイプの
Tバールーフの奴でしょ?
向こうではZカーは手軽なスポーティーカーとして人気だったし、
あるいはフェアレディという日本名を知ってたのかもですね。
だったらほら、ジェミーのイメージにピッタリだし。

投稿: fziro | 2008年6月22日 (日) 01時16分

> fziro さん
ご教授いただきありがとうございます。

つ~ことは西部警察スーパーZのミニカーをジェミー仕様に改造できる???勿体無いですよね。

ジェミー車のはアイスブルー系色だったよーな曖昧な記憶が・・・。

Tバールーフってのは教えていただいて何となくそうだったかな、と。

新藤恵美さんが出演された『ザ・スーパーガール』は280Zでしたっけ??

『アメリカン・ヒーロー』ではパムのマイカーとして日本名ホンダCR-Xが出てたような気がします。

ダイヤペットのフェアレディZ(赤だけど)の画像を追加アップしようかと思います。

投稿: どどまいや | 2008年6月22日 (日) 13時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510114/41599044

この記事へのトラックバック一覧です: バイオニック・ジェミー:

« グランプリの鷹とびだすえほん | トップページ | エースをねらえ! »