« 心を救え!ソルブレイン | トップページ | 「紫」ガリバー »

白い稲妻バリアス7

「バリアス7」は東映レスキューポリスシリーズ『特捜エクシードラフト』のシーズン中盤に指揮車として追加配備された車両で、 fziro さんのブログ『キャラクターミニカー秘密基地』にも登場しました。

今回、当ブログでご紹介させていただく玩具は、バンダイ製「DXバリアス7」(SRED-02 VARIOUS7)です。

大型プラ製品で、パッケージによれば「全長280mm、「7大機能」を搭載したスゴいマシン!」なのです。

多彩な7つの機能を装備することから、この車両には「バリアス7」の愛称がつけられました。

ちなみにSRED-01は、「バリアス7」の完成までメイン車両を努めていた「スクラムヘッド」のことでございます。

「DXバリアス7」の諸元は次のとおりで、劇中車とは一部趣を異にします。

全長4,650mm、全高1,580mm、全幅1,970mm、最高速度パトロールスピード400km/h、ハイパースピード1,200km/h、ウルトラハイスピード2,000km/h

以下「7大機能」の解説をさせていただきます。(上段:小文字が番組設定、下段:普通文字は玩具仕様)

なお、挿入歌「白い稲妻!バリアス7」(曲のタイトルどおり、ずばり”バリアス7のうた”です)をBGMにしてお読みいただけると一層盛り上がり(?)ます。

①グレネードシューター発射!

 7種のカートリッジ①消火弾②コーキング弾③炸裂弾④閃光弾⑤冷凍弾⑥ガス弾⑦発信弾をさまざまな災害・事件に応じ、使い分けて発射する。

 右フェンダーのスイッチを押すとボンネット上のグレネードシューターがパチンと上がります。シューターを180度回転させマガジンを垂直に立てると発射モードの完成です。マガジンには最大4発の弾丸を装填可能で、シューターパーツ上のスライド式レバーで発射します。

②ハイパーサーチライト可動!

 X線、赤外線等の照射センサーで建物の中などの透視、検証を行う。また、紫外線を照射することにより、有害な細菌などを死滅させる。

 裏側のレバーでリトラクタブルヘッドライトが可動します。

③マルチアンカー伸縮!

 前方にある障害物や、その他の対象物を掴みとり、強力なウインチで引き寄せる。

 最前部からアンカーを引き出すことができます。ハサミ部分は金メッキパーツで可動し、なかなかカッコいいです。アンカーを引き出した状態で固定可能なようにケーブル部に少しクセをつけてあるのが芸細。

④ブレイクレーザー展開!

 走行上の障害物の粉砕と、救助活動の際に発生するあらゆる障害を除去するレーザー砲。

 シャーシ下面のフロントタイヤ前部位置に格納されているレーザー砲を回転させ、セットします。

⑤アクセスレーダー回転!

 S.I.Mとのアクセス、スクラムヘッドやSRED本部との交信を行う。また、レーダーとしての機能も持っている。

 この個体ではアクセスレーダーパーツをランナーから外していませんが、パトライト後部にアクセスレーダーパーツをセット、このパーツが可動します。

⑥ハイライドキャノン、スライド展開!

 あらゆる火炎に対応可能な大型消火砲。右に放水消火砲、左に化学消火砲を装備し、通常の消防車の3倍の消火能力を持つ。

 リヤハッチを開け、トランク内に収納されているキャノン砲2門を展開。キャノンはかなり自由に動かせます。

⑦ホバースピーダー再現!

 ホバリング機能を内蔵し、障害物を飛び越えたり、水上を浮揚し走行することができる。

 車体後部のスイッチ操作でホバーサウンド、パトライトサウンドの2種類のサウンド機能を切替。さらに車体後部を上から押すとサウンドが鳴りパトライトが光ります。また、シャーシ下面にはホバリング装置をモールドしています。

番外機能⑧運転席側のドアが開閉可能で、コックピットに別売品トライジャケットシリーズのフィギュアを搭乗させることができます。

過去に当ブログで紹介させていただいたプラ玩「レゾン」は①ギミックが少ない②発光回路がショボイ感じでした。

同じく「DXウインスコード」は大がかりな変形作業が意外に大変。小さなお子様が変形ゴッコで繰り返し遊べるとは言い難いと思います。

今回取り上げた「DXバリアス7」は、①リトラ開閉、アンカー伸縮、ノズル類可動等々、遊べるギミックが車体各部に豊富に装備され、②金色のメッキパーツがカッコよく、③シールの貼り込みが楽!など、前の2台に比べて完成度の高い玩具となっています。

「最高速度3,000km/h」で話題になることが多いクルマですが、実はファンと言う方は案外いらっしゃるのではないでしょうか?

※画像の個体はアクセスレーダー以外に、ドアノブ後部のサイドパーツ、ドアミラーが未装着で、ホイールに貼るべき金シールも貼ってませんので、「DXバリアス7」を完全再現してはおりません。

Rimg0009 Rimg0010

Rimg0012 Rimg0016

Rimg0017 Rimg0018

Rimg0020 Rimg0013

Rimg0021

|

« 心を救え!ソルブレイン | トップページ | 「紫」ガリバー »

バンダイ」カテゴリの記事

コメント

これにもデカイのあるんですね~。
もろもろの装備を完全再現できるのはこの大きさならではですかね!

あれ、それでソルギャロップだけは大きいの無いのかな?
もしそうなら、なんかそれも困ったもんのような気が……。

投稿: fziro | 2008年6月 5日 (木) 10時35分

>fziroさん
コメント頂戴し感謝感激であります。

fziroさんご指摘のとおり、大型プラ玩具の一部に「DX」の名を使用し(多くは「プラデラ」ですけど)、ポピニカ系では「DX」を使わなくなった時期の商品群なのでしょうか?・・・・。

「アメ車はデカい!」って短絡思考でDX商品を乱発しただけだったりして・・・(それはそれで楽しかったりします)

ソルギャロップのデカいのはワタシも見たことございません。

投稿: どどまいや | 2008年6月 5日 (木) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510114/41409185

この記事へのトラックバック一覧です: 白い稲妻バリアス7:

« 心を救え!ソルブレイン | トップページ | 「紫」ガリバー »