« BEC 512BB | トップページ | LP500 カウンタック »

ヨネザワ LP500

1/40のダイヤペット・カウンタックは子供用ミニカーとしていい感じだったのに、「いったい何があったの?」って感じなのがこの方。

1/43スケールで、ワイパーとフロントウインカーを別パーツで表現、ドア・ヒンジは1/40製品とは別解釈・・・。そんなことより「ドアの開閉しかギミックないじゃん!」。しかも、かろうじてカウンタックと判るだけのトホホなフォルム。

このミニカーがLP500SではなくLP500を名乗っている理由もよく分かりません。

最近になって、「ごく限られた写真だけを資料にして、カウンタックをまったく知らない原型担当の方が造形したらこうなるのではないか?」と、法医学教室や科学捜査研究所も思わず脱力の解釈を加えれば許せちゃうようになりました。

Rimg0204 Rimg0211

Rimg0212 Rimg0213

|

« BEC 512BB | トップページ | LP500 カウンタック »

ヨネザワ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510114/40787503

この記事へのトラックバック一覧です: ヨネザワ LP500:

« BEC 512BB | トップページ | LP500 カウンタック »