« まぼろしの車 | トップページ | ウルフ3号車、誕生 »

隣の芝生はよく柿食う茶の間

子供の頃、あちこち親戚の家に連れて行かれると、そこん家のお子様とは元々面識がなくて、その日も喋りもせず、結局その場限りって事がありました。そんな感じで見かけたのが「ヨネザワ・ビッグレーシング」のコースがデカデカと敷設(?)されたゴージャス(??)なフロア(ここ、茶の間じゃねえの???)。そんなことを思い出しながらお店で見かけて買いました。

Rimg0122 Rimg0124

Rimg0125

|

« まぼろしの車 | トップページ | ウルフ3号車、誕生 »

ヨネザワ」カテゴリの記事

コメント

あ~、やっぱカウンタックはこの旧パッケージで出てましたか~!
ウチのブログで取り上げたポルシェカレラがこのパッケージで、
ランチアストラトス、マセラッティボーラ等の新型シャーシになった奴は
デザイン違ってたんですよね。

で、カウンタックとBBはスーパーカー箱絵になったセットに付属してた奴を
持ってるんだけど、これがシャーシが旧型に近くて重心が高くて
あまり上手く走らなかったんですよ。

なんでスーパーカーの王者が旧型シャーシなんだろと
長年疑問に思ってたけど、コレで謎は解けましたよ。
たぶん、このカウンタックとBBは旧企画の最後にチョロっと出してみて、
それで当たったから、箱ごとスーパーカーイラストに変えたんでしょうね。
で、「走らない」とクレーム来たか、気づいたから新型シャーシに変えたと…。

投稿: fziro | 2008年3月22日 (土) 00時33分

> fziroさん

コメントありがとうございます。
ビギナーズラックもいいとこですけど、チョビっとでもお役に立てたならとっても嬉しいです(感激)。

このアイテム、記憶の中では紙幣の新券みたいにピンピンのイメージだったのです。保管がテキトーだったので、死に至るオルフェノクのごとく手の上でサラサラと砂になるんではないかと思う位 年月以上のダメージを与えてしまいました。
fziroさんのグログを拝見しなかったらそのまま朽ち果てていました。

ダンディにもお強いかと勝手に拝察していますので、このブログがミニカー編に突入できました折には・・・・・・・・・・。(小林清志さんの声で)次回勝利のカギ:「ジャックと豆の木」。(一応出典は「勇者王ガオガイガー」の次回予告的)

投稿: どどまいや | 2008年3月22日 (土) 01時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510114/40559626

この記事へのトラックバック一覧です: 隣の芝生はよく柿食う茶の間:

« まぼろしの車 | トップページ | ウルフ3号車、誕生 »