« メタルなLP500S | トップページ | 「カウンタック」対「6輪車」 »

LP500S プラになる

 スーパーカーブームの頃、カウンタックと言えばLP400とウォルター・ウルフ仕様のLP500Sのことでした(LP500Rとかもありましたよね)。リア・ウイングやオバフェンなど派手な外観で武装したLP500Sは子供の心をがっちりつかみました。その辺は商売関係にもキッチリと反映され、巷にはウルフスペシャルの亜流とも言うべきカウンタック玩具が氾濫しました。

ブームは一瞬で過ぎ去り、その後公式にLP500Sを名乗るモデルがデビュー。その間にリリースされていたLP400Sなどの存在もあってか、グチャグチャで訳が分からないというか、それはそれで楽しいかもしれない混乱が発生しています。

Rimg0017

|

« メタルなLP500S | トップページ | 「カウンタック」対「6輪車」 »

おまけ、くじ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510114/40488448

この記事へのトラックバック一覧です: LP500S プラになる:

« メタルなLP500S | トップページ | 「カウンタック」対「6輪車」 »